日大ラグビー部の部員、大麻所持で逮捕…と。下手すると「凋落」するぞ?


Marco MassimoによるPixabayからの画像

日大ラグビー部員 大麻所持の疑いで逮捕 警察が部の寮を捜索(NHKニュース)

10数年前の「全盛期」だった頃の関東学院大のラグビー部が「凋落」するきっかけは同じ大麻所持で部員が逮捕された事…だったんすね。あれからカントーは1部と2部を行ったり来たりするようになったり…と。日大ラグビー部よ、これからが本当に大変だぞ?

ラグビーの関東大学リーグ戦1部に所属する日本大学ラグビー部の部員が大麻を所持したとして逮捕され、警視庁は東京都内にある部の寮を捜索しました。

逮捕されたのは、日本大学ラグビー部の部員、樋口弘晃容疑者(21)です。

捜査関係者によりますと、18日、東京 渋谷区の路上で、大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。

警察官から職務質問を受けたところ、大麻が見つかったということです。

調べに対して自分で使っていたと容疑を認めているということです。

警視庁は20日午前10時すぎ、東京 稲城市にあるラグビー部の寮に捜索に入りました。

日本大学ラグビー部は創部90年以上の歴史を持つ名門チームで、関東大学リーグ戦1部に所属しています。

警視庁は、入手ルートなど詳しいいきさつを調べることにしています。

日大「事実関係確認し厳正に対処」

これについて日本大学は「警察で捜査中であり、本学としても事実関係について確認中です。内容が事実であれば誠に遺憾で、今後、事実関係を確認したうえで厳正に対処してまいります」とコメントを出しました。

最近の日大のラグビー部は関東大学リーグでは1部に在籍してまして、近年は5年ほど前に2部に落ちるも1年で1部に復帰して、去年は2位で終えて久々に大学選手権にも出れてベスト8まで行った…というここ最近では最も成績の良い一年だったんですけどね。ゆえにまさに「好事魔多し」という言葉しか出てこないですわ。

スポンサーリンク

一歩間違えると「一気に凋落」しかねないぞ?

ちなみに日大ラグビー部は2007年にも不祥事が発覚しまして、何をやったのかというとラグビー部やサッカー部の部員60人以上が通学のためにJRや京王線の定期券を不正に入手してそれを使いまわしてた、という一件がありました。結果、この年のリーグ戦を出場辞退する事になりまして。それで翌年、2部に落ちたことがありました(結果、入れ替え戦で勝利して1年で復帰できたんですけど)。

実は冒頭に書いた「関東学院大の大麻所持の不祥事」と同じ年に発生してるんですが、日大はリーグ戦のシーズン開始のはるか前(2月前後)に発覚して、一方で関東学院はリーグ戦の最終盤・残り1試合(11月)の時点で逮捕およびその一件が「発覚」し、日大は2部降格、関東学院は残り1試合を放棄・大学選手権の出場辞退…で済ませてしまい、「日大と関東学院、発覚した時期の違いだけでなんでこんなに処分に差が出るんだ?」と非常に物議を醸したことがありました。ちなみに関東学院は前年、大学選手権を優勝してまして、この残り1試合は「仮に負けても試合にさえ出場すればリーグ戦優勝、大学選手権の出場権はほぼ確保」されていた状態をパーにされたという違いはあったんですけども…。

いずれにしても「その後」の関東学院がこれが本当に大変で、そこまでかなり有望な選手をスカウトして新入生として採れていたのがなかなか採れなくなりまして(ま、全ての選手ではないんですが、以前は関東に進みそうな選手が帝京とか流経大あたりに進むようになった側面もありまして)、一度だけ大学選手権も準決勝まで残ったことはありましたがそこから少しずつリーグ戦の順位を落としていって、現在はパナソニック・日本代表で活躍する稲垣啓太選手がキャプテンだった年にリーグ戦および入れ替え戦いずれもボロ負けして30数年ぶりに2部に落ちてしまうんですね。

その後、2部から昇格できなかったり、1部に復帰しても数年で降格したり…と、「凋落」と書いてしまっては申し訳ないんですけども、今年は3年ぶりに1部に戻ることになりましてさあどうなることか…といったところです。

日大の場合はもしかしたら付属校からの供給(?)のようなものもあって、付属校からの供給はほとんどなくその全盛期は当時の春口監督が一からスカウトしてきて選手を集めてきた(もしくは春口監督の知り合いのツテをたどって高校時代は無名ではあった才能が有望そうな選手を発掘してきた)関東学院ほどのダメージは少ないのかもしれませんが、前回の「定期券の不正使用の一件」と同じような冬の時期に不祥事が発覚して、今回もこれで「無期限活動休止」を宣言したそうですが…果たしてこの「無期限」がどこまで延びるのか。夏場の菅平あたりの合宿の時期までなのか、それとも秋のリーグ戦まで食い込むのか。それによっては今年の4年生は戦わずして現役生活が終わる、という奇しくも同じ日大のアメフト部の部員ような事も「ありうる」わけでして。

なんつーか、関東学院大の時は、今はヤマハ→日野自動車でプレーしている中園真司がキャプテンで、その翌年のキャプテンがNEC→三菱重工相模原でプレーしている土佐誠だったんですけども…この二人が歴代のキャプテンの中でも最も辛苦をなめることになりましたし。今年の日大のラグビー部のキャプテンはおそらく代替わりしてもう決定はしてるんでしょうが、まさかその新キャプテンも「こんな事」になるとは思ってなかったろうに…ろくでなしが一人でもいると本当に気の毒で仕方ないですわ。

とりあえずアメフト部の騒動の時のようにそれなり以上の選手へのケアはよろしく頼みます。あ、記者会見とか開いても例のトンチキな広報とか理事長とかは出てこなくていいから(呆)。

↑気づけば田代神も(以下略)