日大、アメフト部前監督とホモビのコーチを懲戒解雇。分かりやすい尻尾切りだ…。

日大が内田前監督と井上元コーチを懲戒解雇(毎日新聞)

いやあ相撲部総監督の理事長、第三者委員会と歩調をあわせて実にわかりやすい尻尾切り(爆)

日本大は30日、アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨元コーチ(29)の2人を懲戒解雇することを決めた。日大関係者が明らかにした。事実解明などを目的に設置された第三者委員会(委員長=勝丸充啓弁護士)の最終報告書で、改めて悪質タックルの指示の認定や指導体制に原因があったことが指摘されたことを受けて判断した。

 関東学生連盟は5月29日に2人の反則指示を認定する調査結果を公表した。内田氏は「学内外に多大な迷惑をかけた」として大学の常務理事職を5月30日付で辞任。その後、日大は保健体育審議会事務局長など他の職務も執行停止し、最大6カ月の自宅待機を命じていた。井上氏も同様の処分を受けていた。

 日大の第三者委も6月29日の中間報告書で2人の反則の指示を認定していた。

さきほどの記事の話の続きになります。

それにしても何度も書いて申し訳ないけど…理事長、あんた本当に分かりやすい人だな(爆)

スポンサーリンク

日大理事長、逃げ切るつもりだね…。

そりゃ、選手をヤクザの鉄砲玉のように扱って、「わざと潰しに行かせた」以上は内田前監督とホモビのコーチ(←しかしもうこの名前の方が書きやすいのも凄いな…(苦笑))を、アメフト界から永久追放ぐらいさせるのは当然だと思うけどさ、だからといってこの前監督兼常務理事に「やりたい放題やらせてた」のは一体誰よ?と考えると、

これで一件落着…と本気で思ってるで(苦笑)

としか。

たぶん理事長のことだから部下を使って、アメフト部騒動の時にあった「嘆願書」に署名した日大職員を左遷とか配置転換とかさせた上で、更に理事長からしてみたら「盤石な体制」を作り上げて「なかったこと」にするつもりなんでしょう? そのための「理事長の犬ども=第三者委員会」のインチキ報告書待ちで。

結局、報告書だってどこに重点を置いて書かれるか…という点だって、決してアメフト部の部員を守るわけでなく、そういう歪な組織に仕立て上げたのを全て内田前監督や「部下」のホモビのコーチとかに「全責任を押し付けて、血祭りにあげて」、原因究明とか再発防止とかは全ておざなりにして、「理事長はそんなに悪くありませーん」が最終結論になるのはわかりきってるじゃないですか。

どうせ、理事長とやり手ババアで有名らしいその妻と一緒に日大相撲部のOBの元力士のちゃんこ屋とかでタダ飯タダ酒与えて「飼い慣らした」、検察OBみたいな弁護団を作って自己保身に走るんでしょうね、確実に。

いやー、「熱っぽく冷めやすい」マスコミがそこまで追求できるだけの気力や話題性が続くかどうか。なんとなくこの日大理事長の「逃げ切り勝ち」の様相を呈してきたなー。

で、そんな頃に他の日大のスポーツ部で体罰やら不祥事が起きて下手すると部員が死んじゃって、みたいな件が起きて再熱してきそうな気がする。たぶんあそこの大学の歪な体育会系システムはこんなアメフト部一件ごときじゃ到底なくなるとも思えないしな…。ところで、アメフト部の今シーズンはどうするんだろうね。