元琴欧洲の鳴戸部屋の、相撲部屋が総工費3億円超かけて新築したそうで…。

元琴欧洲の鳴戸親方「やっとできた」総工費3億円超の部屋開き(デイリースポーツ)

建物ができるまで別のとこを借りていたという話は聞いたことがあったんですが、それにして総工費3億円の新築の相撲部屋ってのもすごいなー。

大相撲の鳴戸親方(36)=元大関琴欧洲=が8日、東京都墨田区内に移転した鳴戸部屋の部屋開きを行い、尾車親方(元大関琴風)、芝田山親方(元横綱大乃国)ら一門の理事や佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)らが出席し祝った。土俵祭り後には大関高安(田子ノ浦)、関脇逸ノ城(湊)ら一門の関取衆が門出の稽古を行った。

 02年秋にブルガリアから来日し佐渡ケ嶽部屋に入門。同年九州場所で初土俵を踏み、04年秋場所で新入幕を果たした。“角界のベッカム”の愛称で親しまれ、06年初場所で大関に昇進。14年春場所で現役を引退し、15年2月に年寄・鳴戸を襲名。17年4月に独立し、欧州出身で初の部屋持ちの師匠となった。

 弟子も現在、12人にまで増えた。約54坪の敷地に4階建ての新居は異国で苦労が報われた証し。来日してからの思いを問われると「その話は朝までかかっちゃう。第二の人生のスタート」と笑った。

おそらく琴欧洲関は、日本には身内や母校の後援会がなくて関取になって幕内力士になって大関になったりしてからファンやタニマチの人たちがついて「後援会」ができただろうから、たぶん新弟子集めも大変なんだろうなあ…。

スポンサーリンク

で、その設備の凄さにびっくり(笑)

記事の続きに戻るんですけども、

 スカイツリーまで徒歩4分の立地で観光客などが外から稽古を見られるよう、1階の稽古場の窓はガラスになっている。1階の風呂場は2つあり、冷水、温水と交代浴ができるのがこだわり。近大出身の新弟子・元林は「腰にいい」と、疲労回復は抜群だ。

 2階は大部屋、ちゃんこ場、3階は関取が誕生した際に使う個室が3つ、4階が親方夫妻の自宅となっている。総工費は3億円超。親方は「土地買って、建物建ててやっとできた」とかみしめた。

 「仲良く切磋琢磨(せっさたくま)して上を目指して力士も指導者も高い意識を持ってやっていく。まずは幕下、幕下から関取。階段を上っていく」。3階の個室に早く入居者が出ることを望んだ。

 稽古場にはカメラ2台を設置。4階の自宅にいても、外出先でもいつでも稽古を携帯で確認することができる“ハイテク部屋”だ。「自分の目線を下げて弟子と一緒にやっていく」と、師匠自らまだまだまわしを締めて稽古場で胸を出すつもりだ。

で、どうも両国国技館までは徒歩・自転車でも行ける距離だそうで(同じ墨田区の向島だそうです)、となると、同じ一門でもそうでなくても近所に相撲部屋が多数あるんで出稽古にも行けるし、それこそ親方の言う通り、東京スカイツリーなどの見物に来た観光客の人たちがそのついでに相撲部屋の稽古を見学できる…ってのはいいアイデアだなあって思いますね。

それと同時に思うのは「冷水・温水で交代浴ができる」ってのは、最近、プロスポーツやトップアマチュアスポーツのクラブハウスのお風呂場がそういうとこが増えて効果的に疲労回復ができるそうでかなり重宝してるらしいんですね(特に力士が全体的に体重が以前よりも重くなってるんで、腰や膝の怪我を抱えている人が物凄く多いそうですし)。それを相撲部屋に導入するとは。そこらへんは現役時代、怪我にも泣かされてきた元琴欧洲の鳴門親方らしいアイデアなんでしょうね。

そして何より親方が外出してても「スマホで稽古を確認できる」ってのが凄いね(笑)。なんか逆に鳴戸部屋に出稽古しに来るお相撲さんが増えそうですね(笑)。

ネット経由から入門してくる新弟子さんもいるそうで(驚)

それとちょっと前に読んだ記事で「これはおもしろい」って思った記事を探したら見つかりました。

ネット情報発信量が多いから「鳴戸部屋」(日刊スポーツ 2018/05/22付)

スポーツ新聞は日刊スポーツをよく買って読んでるんですが、ここの大相撲コラムが好きなんですね、ええ(笑)

鳴戸親方(元大関琴欧洲)が新序出世披露にほくそ笑んだ。鳴戸部屋には今場所、3人の新弟子が入ったが、そのうち1人が狙い通りの入り方だったからだ。相撲未経験で角界の門をたたいた欧樹は「ネットで調べたら一番情報量が多かったから」と鳴戸部屋を選んだ理由を話した。ツイッターやユーチューブで相撲界のことを調べると、鳴戸部屋が浮上。そこから関連して部屋の公式HPにつながり、新弟子募集欄から稽古見学のメールを送ったという。すると返信メールで、1日入門体験を勧められ、そこで「これならやれる」と角界入りを決意した。

 鳴戸親方いわく、昨年4月に創設した鳴戸部屋は「地元がない」状態だという。だから「うちの部屋はこんな感じ、というのを知らせている。今はネット社会だから。そこから縁がつながればいい」ともくろむ。部屋のHPの他に、部屋のツイッターと親方の個人ブログがあり、ほぼ毎日更新されている。そのかいあってか「ネットがきっかけで入門したのは初めて」と新たな道筋をつけた。さらなる部屋の拡大に向けて、今日もネットの更新にいそしむ。

いやーある意味で斬新過ぎる(笑)。

かつて、琴欧洲関の師匠だった先代の佐渡ヶ嶽親方、元横綱・琴桜さんなんかは、全国行脚して片っ端からガタイがいい少年とかをスカウトしまくって、凄い時は口説き落として一緒に相撲部屋まで連れて帰ってきちゃった、という逸話もあるそうですが、今はこうしてネット経由で見学したり入門したり…という選択肢があるのは「おもしろいなあ」と。

できれば確率的には10人に1人ぐらいの割合だと言われている関取(十両以上)になる力士や、そこまでは届かなくても実は相撲部屋が一番稽古が盛り上がる・活気づくのは幕下力士が増えることだそうで、幕下から十両を伺える番付の力士が増えてくれば増えてくるほど「はやく関取になりたい」「こいつには負けたくない」という力士が増えてくる事だそうですね。

たとえば元・肥後の海の木瀬部屋は40人ぐらいいるお弟子さんの中でその半分が幕下力士(ちなみに関取は現在7人いるそうです)で、それはそれは毎度の稽古が物凄く、またその雰囲気に憧れて入門してくるお弟子さんも多いそうなんですね。

なので、鳴戸部屋でも鳴門親方が自ら歩んできた現役時代のトレーニング方法などを加味しつつ、いろいろな稽古方法を取り入れて、近い将来に関取第1号の力士を作りつつも、部屋の力士の番付を少しずつ上げていって幕下力士を増やしていけば部屋全体が盛り上がり、そして強くなるという傾向もあるんで、当面はそこらへんが目標なんでしょうね。

できれば怪我の少ない、現役生活を無事にまっとうできる力士を育てて欲しいと思う次第です。

 

今、ここで勝つために (一般書)
琴欧洲勝紀
徳間書店
売り上げランキング: 492,272

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ