走行中に敵のブレーキを握ったMoto2の選手。所属チームから契約解除と…。

危険走行のMoto2ライダー謝罪、他選手のブレーキ握り解雇に(AFP時事)

昨日の話に続きになりますが…「あれで2レース出場停止なんて甘すぎるにも程がある」と思ってたら、チーム自体をクビになりましたか…。

【AFP=時事】9日に行われた世界ロードレース選手権(WGP 2018)第13戦サンマリノGPのMoto2クラス決勝で、時速200キロの猛スピードで走行中にライバルが乗っていたバイクのブレーキを握るという「衝動的」な行為に及んだロマーノ・フェナティ(Romano Fenati、イタリア)が10日、「恥ずべき振る舞い」だったとして謝罪した。

 22歳のフェナティは、スッター(Suter)のステファノ・マンシィ(Stefano Manzi、イタリア)に対する危険行為で2レースの出場停止処分を受け、刑事訴追の可能性に直面しているほか、所属チームのマリネッリ・スナイパーズ・チーム(Marinelli Snipers Team)から契約を解除された。

 ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ(Misano World Circuit Marco Simoncelli)でのレースで、カレックス(Kalex)のバイクを駆っていたフェナティは、マンシィと競い合っていた際に、バイクを傾けながら相手のブレーキレバーを握った。マンシィはバランスを崩しかけたものの、コントロールを回復。この数周前には、マンシィがフェナティを抜こうとして接触し、両者とも大きくコースアウトする場面があった。

 フェナティはコメント文を発表し、「スポーツ界に謝罪する。けさ正気に戻り、これは悪い夢だったらと願っている」、「恥ずべき振る舞いをしてしまった。僕は男らしくなかった。男ならレースを終えてからレースディレクションを訪れ、前述の出来事に関して何らかの裁きを受けようとしているはず」、「挑発に反応すべきではなかった。自分とスポーツ界に最悪のイメージを植えつけてしまった。あれは本当の僕ではない。知人ならそれを分かっている!」と悔やんだ。

「これまでのキャリアにおいて、僕はずっとフェアなライダーだった。昨年もペナルティーを受けなかった数少ない一人だった。人の命を危険にさらすようなことは一度もなかったし、逆に危険な走行スタイルを持っているライダーがいると訴えてきた」

「残念ながら、確かに自分には衝動的なところがある。だけど、自分と同じライダーを傷つける意図は絶対になかった。むしろ、彼のやっていることは危険だと分からせようとしていたんだ。彼が僕に行ったのと同じようなことをするという方法でね。とにかく、皆さんに謝りたい。これから時間をかけて反省し、頭をクリアにしていく」

 フェナティは来季、イタリアの製造メーカーであるMVアグスタ(MV Agusta)と提携することになっているフォワード・レーシング(Forward Racing)からレースに参戦する予定だったが、そのシートも失った。

 フォワード・レーシングのジョバンニ・クザリ(Giovanni Cuzari)オーナーは、「われわれのスポーツは、すでに極めて危険なものであり、ライダーのリスクを高めるいかなる行為も容認できない」とすると、「われわれの未来のライダーの一人から、このような振る舞いは決して許されない」と述べた。

 今季のMoto2ドライバーズランキングでは14ポイントを獲得して19位につけていたフェナティは、Moto3時代の2015年にもアルゼンチンGPのウオーミングアップ走行中に、フィンランド人ライダーのニクラス・アジョ(Niklas Ajo)を蹴るという騒ぎを起こした。

 さらにバイク界のスター、バレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi、イタリア)が所有するスカイ・レーシングチーム(Sky Racing Team VR46)に所属した2016年には、規律違反でチームから追放されている。【翻訳編集】 AFPBB News

まあ翻訳した人の言葉のチョイスをそのまま鵜呑みにするわけにはいかないんですが…翻訳を見てると「言い訳タラタラじゃねえか」というツッコミも禁じ得ないのがまた(^_^;)

スポンサーリンク

サッカーでレッドカードの常連の人みたいな言い分だ…。

それにしても本人のコメント(の翻訳部分)で気になるのはここの部分。

「これまでのキャリアにおいて、僕はずっとフェアなライダーだった。昨年もペナルティーを受けなかった数少ない一人だった。人の命を危険にさらすようなことは一度もなかったし、逆に危険な走行スタイルを持っているライダーがいると訴えてきた」

「残念ながら、確かに自分には衝動的なところがある。だけど、自分と同じライダーを傷つける意図は絶対になかった。むしろ、彼のやっていることは危険だと分からせようとしていたんだ。彼が僕に行ったのと同じようなことをするという方法でね。とにかく、皆さんに謝りたい。これから時間をかけて反省し、頭をクリアにしていく」

これを読んで、

「あー、はいはい。たぶんサッカーの大久保嘉人も森勇介も問われれば同じことを言うでしょうよ」

としか思えなかったのはなんともはや。

以前、川崎や東京Vに所属してた森勇介という選手がとにかくやたらと肘打ちだので退場が多くて、それに次ぐのが今は磐田でプレーしている大久保嘉人選手…ってイメージが強いんですけどね。大久保選手の場合は神戸やセレッソにいた頃は森選手と同じぐらい暴れん坊だったんですが、川崎に移籍して中村憲剛という「相棒」を得てからめっきりレッドカードが減り得点王を取るような落ち着いた選手になったんですけども…。なんか退場をやらかして何試合も出場停止を食らった直後に、彼らにインタビューをしたら、「相手だって見えないとこで俺にいろいろとやってたじゃん」って、たぶんそう答えるじゃないかな、というぐらいのこのバイクの選手のコメントですなー(苦笑)。

まあサッカーだって肘打ちだのヤラれれば鼻の骨を骨折とかの大怪我だってありますし、何よりサッカーがサッカーではなくなりますしね(そんなラグビーとアメフトぢゃねえんだから、というぐらいのボディコンタクトっぷりになりますし)。ましてやこちらはバイクレース、しかも世界選手権ってことは、直線コースなんかだと平気で時速200キロを超える競り合いが繰り広げられて、自分が転倒したら後ろの選手も巻き込んで、一つ間違えれば死亡事故や再起不能級の怪我だって起きるわけですしね。

競輪だったら即日帰郷モノの一発退場でしょう。

昨日も書きましたが、日本の公営ギャンブル(競馬(地方も厳密には違うがJRAももちろん含む)、競輪、競艇、オートレース)ではいずれも過去にレース中、もしくは練習中に死亡事故が起きてますし、サイクルロードレースのツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアだって過去に何度か死亡事故が発生してるぐらいのハードな競技なんですね。

このような反則行為に関しては、一発失格や即日帰郷、数試合の出場停止(競輪の場合はレースの斡旋の停止)が喰らわれるし、確か競輪とか競馬に関しては「寺」と呼ばれる、あまりにも反則が多い選手には隔離されて研修を受ける制度とかもあったような記憶もありますしね。そういう意味では、主催者側が厳しいペナルティを課す前に、チーム側がこの選手を追い出した、というのはある意味でプロとしては妥当な判断だと、私は強く思いますです。

…といっても、どうせほとぼりが冷めたら、他チームが彼を「拾う」んでしょう? そこで同じ轍を踏まないといいね(苦笑)

↑「ギャンブルレーサー」は人生のバイブルですわ(をいw)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ