「モナ夫」こと細野豪志氏が無所属のまま自民党二階派へ…っておい(爆)

細野豪志氏 無所属のまま自民二階派へ(NHKニュース)

はっはっはー。ちょっと何言ってるかわかんない(←サンドウィッチマン富澤氏風に(大汗))

民主党政権で環境大臣などを歴任した無所属の細野豪志衆議院議員は、無所属のまま自民党二階派に加わる意向を固め、派閥の幹部も了承しました。

細野豪志衆議院議員はおととしの衆議院選挙で当時の希望の党から当選したあと、希望の党が当時の民進党に合流する形で去年5月に結成された国民民主党には参加せず、現在、無所属で活動しています。

28日、通常国会が召集される中、細野氏は自民党の二階派に加わる意向を固め、派閥の幹部も了承しました。

細野氏は当面、自民党には入党せず引き続き無所属で活動し、自民党会派にも所属しないとしていますが、二階派に加わることで国会での投票行動は自民党に合わせるケースが多くなるとみられます。

細野氏は衆議院静岡5区選出の当選7回で47歳。

民主党政権では総理大臣補佐官として東京電力福島第一原子力発電所の事故対応にあたったほか、環境大臣などを歴任しました。

細野氏はこれまで、自民党に代わる保守の政権政党を実現したいとしてきましたが、今後は自民党の派閥に加わり、安全保障などの政策に取り組むとしています。

いやあ、モナの人、大胆なことをかますなあ。

スポンサーリンク

小選挙区制でこの鞍替えは次の選挙はヤバそうだな、この人。

「悪口の言い合いは政治家の常だ。気にするに及ばん」とは、昭和20-30年代に自民党を作った自由党と日本民主党を合併させた「保守合同」の時に手を組んだ、三木武吉だったか大野伴睦だったかの言葉だと記憶してるんですが…(ちなみに同じ時代に三木武夫という非常によく名前の似た、しかも後に田中角栄の全盛期の頃に首相になる大物政治家もいるんですが、同じ四国の香川(→武吉)・徳島(→武夫)の出身とはいえ、あちらは三木という苗字がやたら多くて総選挙でも別の三木さんが立候補するお土地柄で、特段、親戚とかではないそうです(苦笑))。

この両人はもともと鳩山一郎元総理の側近だったんですが、とにかく昔っから仲が悪く、自民党結成の最後のハードルになってたんですね。で、この二人を和解させないと保守合同もできないってことでいろんな人が仲介役に立って、サシで話し合いをした際に、さんざん悪口を言ってた三木武吉が、義理人情に厚い大野伴睦に頭を下げて、頭を下げられた大野伴睦がさきほどの「悪口の言い合いは政治家の常だ。気にするに及ばん」…と返したという、何かの文献で読んだ記憶ありますねー(これを書いてて思い出しましたわ(苦笑))。

まあそんだけ政治家の世界、敵・味方に別れれば、同じ党であれ同じ派閥であれ(←あまり褒められた話ではないですけど)そうなんですから、まあ政権与党を奪い合いをしてた与党と野党第一党の「顔」みたいな人の関係を思うと…ねえ。

「いや、ゆくゆくは自民党に鞍替えするつもりなんだろうけど、大丈夫か?」とツッコミを禁じ得ない始末ですな。

特に、昔の中選挙区制、わかりやすく言えば、一つの区から3人も4人も当選する選挙区であれば、鞍替えする前の政党の支持者の一部や、自民党であっても「うまく」票の配分をするような「軍師」が選対本部にひとりはいて、鞍替えに成功した政治家も過去に何人もいたんですが…。

実は、昭和50年代に総理大臣をつとめた鈴木善幸という政治家は、最初は社会党から立候補して当選するも、あそこの党は「左翼運動の多寡」によって発言権が違うらしく、「こりゃだめだ」と一期で辞めようとしたら、当時の保守党の自由党の支持者が、地元選挙区で立候補するなり手がおらず、ある意味で勝手に「代議士を辞めるつもりだった」鈴木善幸氏を推して立候補届を出して当選させてしまった、という事があったそうです。地元ではごく一部に裏切り者という声もあったそうですが、保守支持層に支えられてそれ以降、自由党→自民党で当選回数を増やして行き、最後は総理大臣にまでなってしまった人…ではありますが。

まあそれも「うまく行けば3-4人区で下位ないし最下位当選もありうる」中選挙区制ならまだしも、「1区で1人しか当選しない」小選挙区制の今の制度だと、それもかなり厳しいでしょうから、いくらかつては小沢一郎氏についてって自民党を辞めて、いろんな保守系政党を鞍替えしてまた自民党に戻ってきて、今ではドンみたいな感じになっている二階幹事長(←ま、出戻り組でここまで出世するというのも凄いんですけどね、今の制度だと…)のフォローはあるかもしれないけど…、今までのイメージがイメージだけに、次の総選挙では比例区(の小選挙区での惜敗率による敗者復活当選)でも厳しいんじゃないのかな、いやマジで。

ちなみに調べたら、細野氏の静岡5区では前回と前々回の総選挙では自民党の元代議士は細野氏に大敗して惜敗率でも届かずに比例区での復活当選もできなかったそうです。あー、なるほどね、二階幹事長、それも含めて「合流」を認めたのか…。

とどのつまり、あれほど300議席以上もゲットした自民党が大勝したここ2回の総選挙でも「獲得」できなかった選挙区の議席をまるごとゲットー、みたいな。いや、地元の有権者がそれでいいんだったら別に文句はないんだけどさ。しかし細野氏、これまでのトーンで野党批判に走ったら、たぶん政治家は別にしても庶民は「お前が言うな」と一斉ツッコミをされるんだろうね。

いやーモナ夫、まさに波乱万丈だ(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

にほんブログ村テーマ 最近の出来事へ
最近の出来事