オリックスの球団社長さんの「マイナーリーグ拡大案」も面白いなあ(笑)

36球団もアリ!?オリックス・湊社長がマイナーリーグ拡大案(デイリースポーツ)

その「実現性」に関してはハードルはいくつもあってしかも高そうで、スタートまでかなり遠そうだけど、なかなかこの案はおもしろいかもしれないですね。ついでに台湾のリーグとかも吸収しちゃえば?(笑)

ソフトバンクの王貞治球団会長(79)、元プロ野球選手会会長の古田敦也氏(54)らが発言し、にわかに注目を集めるプロ野球16球団構想。実現の可能性はどこまであるのか?オリックスの湊通夫球団社長(57)はデイリースポーツの取材に対し、16球団制に加え、マイナーリーグ拡大案を披露した。

 王会長や古田氏が唱えるプロ野球16球団構想は果たして実現するのか。プロ野球球団のトップはどう考えているのか?オリックス・湊球団社長は否定しなかった。

 「王さんのおっしゃる16球団、つまりトップリーグを増やすパターンと、トップリーグの球団数を増やすのではなく、マイナーリーグを増やすパターンの2案を作り、どちらが収益モデルとして、また野球人口の増加につながるか議論すれば良いと思います」

 湊社長は16球団制だけではなく、現状の12球団を米大リーグのメジャーのようにトップリーグと位置づけ、ここに24球団のマイナーリーグを傘下に置くという案を提示した。

 「1つのトップリーグに2つのマイナーリーグを持って活動するのも一つの考え方だと思います。これだと既存の1万人収容の地方球場が使えるので、新規設備投資はいらないですから」

 トップリーグ1チームに対し、マイナーリーグ2チームが傘下に入る。現在の2軍はそのままに、新たに地方球場を本拠地とする12球団を加える。幸いにも日本にはたくさんの球場が現存する。新たな投資がなくても、施設が賄えるというわけだ。

 「マイナー選手の年俸は、マイナーの事業収支から払える状況をどう作っていくかが2案目のポイントですね。メジャーリーグの米国のように1軍枠を拡大して、その範囲においてトップリーグが負担するのもマイナーの年俸負担の削減にはなると考えます」

 マイナーリーグの理想は独立採算ではあるが、トップリーグの1軍枠に入る選手がマイナーでプレーする場合には、その年俸はトップリーグのチームが負担する。こういった救済措置があれば、球団数が拡大しても経営を維持できる可能性が高まるというわけだ。

 16球団制か、トップリーグ12球団+マイナー24球団制か。選手、ファン含めた野球人口増加に向けて、まだまだ議論の余地はありそうだ。

確かに幸いなことに、日本中に数千人ぐらい入れる地方球場はいくらでもあるから、監督・コーチ・選手の人たちも「最低限、食える程度の収入+α」などがあればマイナーリーグも経営が成り立つでしょうし、意外に地元密着の経営体制でJリーグの2-3部のチームみたいに中小規模のスポンサーさんがたくさんついてくれるかもしれないですしね。サッカーでは下部のリーグ、J2-3もそうですが、もっと下の地方リーグを熱心に応援してる人も少なくないですから。

そこらへんは逆にサッカーのJ2-3リーグの有力な親会社がいないチームや、バスケやラグビーなどの少ない予算でやりくりしてるプロチームのやり方はものすごく参考になるんじゃないですかね。例えばヴァンフォーレ甲府とか(笑)。

スポンサーリンク

最大の障壁は…「12球団のオーナー」の皆さん、かな?(^_^;)

でも上のリーグへの降格・昇格…は、たぶん利害が絡みまくるから無理だろうなあ(笑)。

そこらへんはサッカーで言うとこの「天皇杯」みたいなプロ・アマ混合の全国大会でもひとつ創設すればおもしろそう。あえて一発勝負のトーナメント戦でやれば試合数もそれほど公式戦には影響しないでしょうしね。

その上でトップリーグ(今のNPB12球団)ではレベル的には及ばないけどマイナーで鍛え上げてトップリーグに誘われて大成するとか、逆にトップリーグで何年かプレーしていたけどもレベル的には無理だったけど、マイナーリーグでは仕事(バイトでも本業でも)をしながら燃え尽きるまで野球に情熱を注ぐという選手がいてもいいと思うんすけども。ドラフト会議も更にいろいろな駆け引きが行われそうでそれはそれで面白そうだし(苦笑)

とりあえず「試しに準備万端にしてから、実験的に10年ぐらいやってみる」のが一番いいかもなあ。既存の12球団の2軍チーム・(巨人・ソフバンのようなリハビリ目的ではなくチームの底上げのための)3軍チームをうまく活用して、各地方の独立リーグを巻き込んで、と。

で、日本だけではそんなにチームが混在しても…っていうんだったら、いっそのこと台湾リーグのチームも巻き込んだら、一気に国際的になって(?)ネット中継の放映権でも収益があがるかもしれないですね。たぶん沖縄にチームがいるのとさして遠征の移動時間も変わらんでしょうから。たぶん韓国・中国のチームを巻き込むよりもお国柄的にはやや親日的だから台湾のほうがうまくいくかもしれないですね。

※もちろん、アメリカにもMLB傘下に入らない「独立リーグ」があるように、日本でも「NPBの指図は受けたくない」とか「いやあそういうのはちょっと」と我が道をゆく独立リーグ系のチームが出てくるでしょうし、そこらへんはむしろ「健全な形」だとも思いますね。

こういうブレーン・ストーミングはおもしろそうだ(笑)

ま、最大の障壁はプロ・アマの壁と、そもそもNPBの12球団のオーナーの皆さんの理解が得られるかどうか、でしょうけど。意外にナベツネ氏あたりがあの世に行ったらそれこそ一気に(をい)。

でもいいなあこういうアイデア。実現性は別にしても、こういうアイデアはブレーンストーミング的をどんどんいろいろな人がいろいろなアイデアを出せる土壌・空気になっていくといいですね(笑)。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ