しかしメルパルク仙台の、「嫌がらせ級のミスの数え役満」っぷりがひどい。

「結婚式が台無しに」口コミで炎上のメルパルクが謝罪声明 「誠心誠意対応を進めている」(J-Cast ニュース)

昨日あたりからTwitter界隈で「そこまでミスを重ねて、もしかしたら新郎or新婦にわざと嫌がらせしたんじゃねえの?」ってぐらい話題になってたメルパルク仙台の結婚式の一件なんすけど…いやあ会社の謝罪表明、案の定「謝罪」になってねえな(爆)

ホテル事業を手がける「メルパルク」(東京都港区)が2019年7月8日、公式サイトで「多くの方々に、ご心配・ご心労をおかけしております」として、謝罪文を掲載した。

メルパルクをめぐっては、同社の結婚式場を利用した夫婦が「精神的苦痛を受けた」とネット上で訴え、批判を集めていた。

「一生に一度の結婚式を台無しにされた」

騒動の発端となったのは、2019年6月にホテル「メルパルク仙台」(宮城県仙台市)で挙式した20代の夫婦が、口コミサイトで「あまりにも酷すぎて精神的苦痛で立ち直れていない」などと書き込んだためだ。

1年以上前からホテル側と打ち合わせし、万全の状態で当日を迎えたものの、(1)1日1組と言われていたが当日はダブルブッキングだった(2)飲み物はビールとソフトドリンクなどわずかしか用意されていなかった(3)招待客の引き出物の中に原価が書かれた発注表が入っていた(4)旧姓で呼ばないで欲しいと伝えていたものの司会者にアナウンスされた――など不手際が相次ぎ、「一生に一度の結婚式を台無しにされた」と悲痛な思いを書き込んでいる。

式に出席した友人が7月6日、ツイッターで上記の書き込みのキャプチャーとともに、「友達の結婚式がぶち壊されました。絶対このホテルを許したくありません。毎日泣いてる友達が可哀想でほんと目も当てられない。ホテルは『二度と会わない』『質問は受付ない』と言い放ったそうです」と投稿すると、10万以上リツイート(拡散)され、ホテル側の対応を疑問視する声が相次いだ。

ホテル「誠心誠意対応を進めている」

夫婦は7月9日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演し、あらためて辛い心境を吐露。式代は300万円以上で、ホテル側に直接不満を伝えるも、「弁護士を通じて連絡して欲しい」と言われたという。

メルパルクは騒動を受け、声明を発表。「このたびは、一部のインターネットの書き込みにより、弊社の婚礼サービスをご利用された皆様やご親族の皆様、また、今後ご利用される予定の皆様を含め多くの方々に、ご心配・ご心労をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」と謝罪し、「誠心誠意対応を進めているところでございます」と理解を求めた。

ま、ホテル側の謝罪声明で「あー、これ、最悪手だな」と思うのは、

「このたびは、一部のインターネットの書き込みにより」

の部分ですかね。本音が垣間見えますな。「係争中でコメントを差し控えます」とかならまだしも、これでは「余計なクレーマー客の文句で、ボクらの方もご迷惑がかかってます」としか見えないし。

スポンサーリンク

実は15年前にメルパルクで結婚式を挙げました(苦笑)

↑これは本当だったりします。ただし仙台の、ではなく東京・芝の「メルパルク東京」だったんですけどね。

↑えーと、冒頭およびアイキャッチャーの写真は実際のうちら夫婦のです(苦笑)

もう15年前になるんですが、芝のメルパルク東京の中のウエディングサロンに何度も通いましたし、打ち合わせとかも結構しましたね。私らの時は10月の体育の日の3連休の土曜日だったんですが、予約をしたのが1月(入籍して当時は江戸川区の小岩に住んでました)、仕事終わりなどにひっきりなしに通うようになったのは8月くらいからでした。

で、この時にちょいとした「ハプニング」もあったんですね。それはウエディングプランナーの担当さんが系列のホテルに「転勤」になってしまってたんですね。この予約した1月から、改めて打ち合わせをするようになった8月までの間に。でもそこはちゃんと引き継ぎもできてましたし、その後の打ち合わせに関してもこちらには何も不満はない次第でした。

ついでに書くと、芝のメルパルクは式場が5-6つぐらいあって、私らが抑えたのは6階のワンフロアを丸々貸し切れる「ルミエール」というなかなか気持ちがよい披露宴会場でした(こちらでは上から2つ目に掲載されてます)。あと結婚式披露宴に来たのは、両家の身内と、友人筋だけで仕事関係の人は呼ばなかったです。というのは私の当時の仕事、某「赤いバイクのデリバリー屋(謎)」だったんで、結婚式が行われた当日の土曜日も出勤だったので(苦笑)。

…ま、披露宴に関しては全く文句がなく、スタッフさんとかにもいろいろとよくしてもらったんですが、

当日、どえらい台風が首都圏を直撃

しなければねえ…(ノД`)シクシク

※結局、人前式の結婚式が屋外チャペルが屋内チャペルになるとか、いくつかの変更もありました。ここの会場は昼・夜で予約が入ってました。

で、Twitter方面で調べると、こちらの仙台の方も披露宴にいらっしゃったのは50人弱、予算が300万円ぐらい…とのことで、うちらの時は確か52人で、予算がやはり300万円ぐらいだったような記憶があるので、たぶん規模もグレードもうちのと似たようなもんだったんでしょう。

ただ、仙台のそれと違い、子供さんがひとりもいなかった(仙台の方は子連れで何組も出席されたそうです)のと、飲み物に関しては特段の制限もなく、ただ妻のお色直しの時の「歓談タイム」で、親戚筋・友人筋が私が酒に弱いのを知ってたので誰も飲ませに来ず、放置プレイ…もとい、ヒマになってしまったんで高砂席から( ゚д゚)ポカーンと親戚筋・友人筋の人間観察をしたり、それにも飽きたんで親戚や友人をからかいに行ったりしてました(←いやな「新郎」だ…)。

わざとやったとしか思えない「数え役満」級のポカミスが。

…しかし、改めて思うに、記事の中に書いてある「新郎新婦が激怒した」案件で、まあ「旧姓を絶対に呼ばない」とかは夫婦それぞれの人間関係にそれなりのセンシティブな「理由」があり、最重要的な注意事項としてマークされて然るべきな話だと思うんですが、打ち合わせの内容と司会者・スタッフの連携が取れてなかったというポカミスなんだろうな、とは思うんですが、

それでも

引き出物の中の発注表は確実にアウト

…でしょうよ。しかもご丁寧に「原価が書かれてた」なんて。どこをどうやったらそんなミスができるんだ?というぐらいの。

むしろそこまで「やらかす」のはもうミスじゃなくて「お前、新郎新婦(のどっちかorどっちも)に恨みがあってわざとやったろう?」ぐらいのもんでしょうよ。なんかホテルのウェディングサロンの人たちとかその偉い人とか、ホテルの上役の連中に何かひどい恨みでも持たれてたのか?と思うぐらいのていたらくなんすよね、これ。野球で言えば、ただのボテボテのセカンドゴロを、セカンドとセンターが共にトンネルをやらかし、更に返球をセンターが大暴投してバッターランナーがランニング満塁ホームランになっちゃったような「数え役満で即刻ゲームセット」級の「やらかしっぷり」で…。

故になんとなく気になるのが、「この新郎・新婦のどちらかと、メルパルク仙台のスタッフの誰かが、結婚前に何らかの因縁でもあったんだろうか」なんて思っちゃうぐらい「嫌がらせでも無い限り、これらのポカミスの連続はありえないわ」って思っちゃうんすよね。これが例えば、新郎・新婦のどっちかの「社員割引」みたいな形で総額10万円程度の大幅割引された上でこのメルパルク仙台でやった…んだったらまだしも(いやそれでもこのていたらく、廉価であっても何も弁護にも言い訳にもなりませんけどね)、通常客で予約・打ち合わせをして、最終的には300万円ぐらいのグレードの式だったら、慰謝料込みの「全額返金」もありでしょうね(下手すればホテル側のご希望どおり(?)弁護士を連れてきての交渉次第ではもっと賠償される可能性もありますが)。

もしこの新郎・新婦のご両人に何も因縁もなく、何も非がない状態で「この数え役満級のポカミス」をやられたとすれば…まあ他人事ではありますが、その戻ってきたお金を使って、ハワイとかグアムとかでふたりっきりで結婚式のやり直しでもしてほしいかな、とは思いますね。そんぐらいの「台無し感」はありますな、これ。

しかし自分の時は、まだ郵便局が民営化する前で(この翌年に小泉政権下での郵政民営化が焦点になる総選挙が実施された次第でした)、メルパルクも公社化されたばかりの頃だったような記憶がありますが…むしろ「民営化」されてこのていたらくにクオリティが落ちたというんだったらそれはある意味でショックですわ。たぶんちゃちい火消しをするつもりで、ガソリンをばらまくような事をやらかす予感しかしないなあ、この会社。

 

ゼクシィ presents ウェディングクラシックス
DENON (2013-08-14)
売り上げランキング: 7,715

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ