丸刈り強制と暴言…でクラス全員と保護者が、担任の懲戒免職嘆願ってのも珍しい。

教諭が生徒の髪を丸刈り 保護者らが懲戒免職を嘆願(日刊スポーツ)

昭和の頃ならまだしも、21世紀しかも平成の終わりにこんな荒っぽいことをする教師がまだ絶滅してなかったのか…(^_^;)

山口県立下松工業高の40代の男性教諭が昨年秋、担任するクラスの1年生の男子生徒の髪が長いからとバリカンで頭を丸刈りにした上、「病院に行け」などと乱暴な言動をしたことに端を発し、クラスの生徒40人全員と保護者が2月、同県教育委員会に同教諭を懲戒免職にするよう嘆願書を出していたことが25日、分かった。同校は嘆願書を提出されるまで、教育委員会に事態を報告していなかった。

男性教諭は18年秋、当該男子生徒の頭をバリカンで丸刈りにした上「病院に行け」などと言い、その後、生徒は同12月に学校を休んだという。高橋等校長(57)は、日刊スポーツの取材に「バリカンで生徒の髪を切ったのは事実。教諭からも『髪が長いから切りました』と報告があった」と認めた。その上で「生徒が休んだ理由の1つに(バリカンで髪を切ったことが)あるかもしれない」と語った。

県教委の関係者も、嘆願書が提出された事実を認めた上で「一般論として、了承を得ずに髪を無理矢理切ったなら体罰」と言及した。それを受け、高橋校長は「なぜ切ったかは現状はっきりしておらず、県教委が生徒にヒアリングを行っています」と、当該教諭が生徒の了承を得て髪を切ったか否かは調査中だとした。

当該教諭には、以前から生徒に「ボケ」「アホ」「バカ」などと乱暴な言動を浴びせるという情報が学校に寄せられていたという。そのため、高橋校長は18年12月に当該教諭に対し「事実か分からないが、もし子どもたちにそういうことを言っているなら改めなければならない。(クラス)全体がいる中で『病院に行け』などという言葉はいけない」などと指導したという。

その後、今年1月に入り、同教諭の生徒指導が「人が変わったくらい」(同校長)改善されたように見えたため、教育委員会へ一連の事態について報告しなかったが、2月に嘆願書が出された。学校側は15日に教育委員会同席の上で生徒、保護者と分けて説明会を行い、教諭は謝罪したという。高橋校長は「子どもたちにとって12月までの言動、考えが変わったのだろうか? と疑問があったのでは」と説明した。

同教諭は嘆願書の提出後に担任を外れ、生徒に関わらない業務をしており、ホームルームなどは副担任が対応しているという。高橋校長は、同教諭を来年度、担任から外すことを検討していることを明かし「今の状況だと難しいと判断している。生徒、保護者の気持ちを踏まえて配慮する」と説明した。

その上で「学校が、こういう状況になっていること自体、大変申し訳ない。私が見て(教諭の生徒指導が)変わったと思い、県教委に報告しなかったが、昨年12月の段階で報告すべきだった」と謝罪した。

で、これをきっかけに「人が変わったくらい」改善されたって書いてあるのがいかにも現金な話…というか。「どうも生徒と保護者の間で嘆願書の噂が出始めている。俺、このままじゃ懲戒免職になっちまう」と焦って借りてきた猫のようにおとなしくしてるだけなんだろうな、たぶん。ただひとつ言えるのは反省「だけ」はしてないでしょう。

スポンサーリンク

でも体罰だからノーペナって事はないんでしょ?

まあこういう教師って暴言にしろこの手の体罰にしろ、昨日今日始まったもんじゃないでしょうから、バカアホとかの暴言が先行していて、そしてバリカンで丸坊主…という実力行使に及んで大騒ぎになったんだろうなあ。でもこの手の話で「懲戒免職を求める嘆願書」が出るのは全く記憶に無いですね。

逆に何かのきっかけで体罰やらかした教師に対して「あの先生は本当は面倒見がいいセンセイなんです」とか「体罰をやらかす前段階で、生徒が挑発したり暴れたりしてついにキレたんだから」という、情状酌量を求める「嘆願書」が出たという話は何度か聞いたことはありますね。要は「減刑嘆願書」はたまに聞くけど「厳罰嘆願書(?)」は珍しいですね。唯一聞いたことがある話が、何年か前に発生した殺人事件(さすがに事件名は伏せますが)で、全く落ち度のない被害者をいきなり拉致してむごい殺し方をしたけど、被害者が1人で、いわゆる「永山基準」とやらで死刑になる可能性が低い犯人(この時は犯人は複数人でした)への厳罰、すわなち「死刑」に処する嘆願書を作っていたという話は聞いた記憶がありますが…(調べたらとりあえず主犯には死刑判決が出たらしいそうで)。

私が中学のときにも「頭がおかしい」生活指導教諭がいた。

私が中学生の頃、ちょうど昭和と平成をまたいだ頃の話ですが、故郷の千葉・成田の某中学に通ってた頃、まあ生活指導のセンセイは「おっかなかった」…というよりも「お前、頭おかしいんちゃうんか?」という奴でして(汗)。

まず見た目がチンピラのようにガラが悪いし、暴言はもとより、朝、チャイムと同時に通用門をドーンって締めるし(神戸の高校で校門に挟まれて女子生徒が亡くなった事件はその数年後に起きてました)、たびたび学年ごとに体育館に集めて持ち物検査やら服装・髪型の検査をするんですが、もたもたしてるだけでビンタが飛んでくるし、ひどい時はそのセンセイの機嫌が悪いと、廊下や校内で「目が合っただけ」でビンタが飛んでくるんで「目が合っただけで襲ってくるなんて、お前は高崎山のサルか」って皆から思われてましたわ(ちなみに典型的な体育教師で見た目も本当にサルみたいなセンセイでしたが…)。

…で、自分が中3の時にそのセンセイは別の中学に異動になり、次の生活指導になった転任してきた先生が話がわかる人でそれで学校が平穏になった(その前後3学年がとんでもなく荒れてましたので…)んですが、4つ下のうちの弟が中学に入った年にまた異動でうちの中学に戻ってきて、またその後の3学年が荒れに荒れた…という話を聞きまして(弟の2つ下の妹の時が一番ひどかったそうです)、「なんだあの高崎山のサル、あいつの存在が学校を荒らしてるだけじゃねえか」って思いっきり失笑したのを覚えてます(苦笑)。

ついでに書くとその生活指導教諭、なぜか教頭の試験に受かったらしく、今から10年ぐらい前、私が結婚してしばらくしてから全国紙のニュースで、隣の学区の中学校で暴力事件が起きた時に、新聞記事にマスコミなどの窓口として教頭先生の名前で出てまして「え、あのサルでも教頭の試験に合格できたの?」ってむしろそっちの方にびっくりしたことがありました(爆)。

いやあたぶんあのサル、「出世」したぐらいであの暴力癖・暴言癖は治らんだろうな。てか、あんなのを合格させて、成田市の教育委員会や千葉県の教育委員会、あんなのを管理職にして正気か?ってツッコミを禁じ得なかったんですけど、うわさではどこかの中学の校長先生になってるという話も…。

まあ私が在校してたのが30-32年ほど前の話ですから、そのサル…もといセンセイが仮に大卒新任ほやほやの年齢としても現在では52-55歳ぐらいになってるでしょうし、そんぐらい経過すれば出世も考えて一念発起したのかもしれませんが、いずれにしても今回の山口県の教師のそのままのキャラクターだったんで、「なんだこんな制度がアリだったら、あいつ、出世させる前に嘆願書でも出してクビにしてやれば良かったな」とうちの中学のOBOG連中は意外に多そうだ(失笑)。