いやー、行方不明だった山口・周防大島の2歳の坊や、無事で本当に良かったね…。

行方不明の2歳男児発見 目立ったけがなし 山口(NHKニュース)

なんか昨日までは神隠しに遭ったとか、大きな鳥が掴んで飛んで持ってちゃったんでは…とかいろんな事がTwitterに書かれてただけに。いやあ何卒ご無事で。うちも小さい子供がいるんで他人事ぢゃないっすわ…。

山口県周防大島町で今月12日から行方がわからなくなっていた2歳の男の子が15日朝、行方不明になった現場に近い山の中で見つかりました。男の子に目立ったけがはなく、受け答えができる状態だということです。

見つかったのは山口県防府市の藤本理稀くん(2)です。

理稀くんは今月12日に周防大島町にある母親の実家を訪れ、祖父などと近くの海岸に行くため家を出ましたが、1人で家の方向に引き返したあと、行方がわからなくなっていました。

警察は理稀くんの顔写真を公開して情報の提供を呼びかけるとともに、消防などと合わせておよそ150人の態勢で捜索を続けていました。

そして、15日朝午前7時ごろ、大分県から来てボランティアで捜索を行っていたという男性が「現場近くの山の中で男の子を見つけた」と言って警察に引き渡し、祖母が理稀くんと確認したということです。

理稀くんは病院に運ばれましたがこれまでのところ目立ったけがはなく、受け答えができる状態だということです。

警察は男性から発見時の状況などについて詳しく話を聞いています。

発見までの経緯

理稀くんの行方が分からなくなったのは今月12日でした。

理稀くんは、母親やきょうだいと防府市から周防大島町の海岸に近い母方の実家に遊びに来ていて、祖父と3歳の兄と3人で、400メートルほど離れた海岸に遊びに行くため歩いて家を出ましたが、100メートルほどのところで、「帰る」と言い出したため、祖父は1人で家に帰らせたということです。

祖父は理稀くんが家の前まで歩いて行く姿を見ていましたが、その後、家に入るところまでは確認せず、海岸に向かいました。

その後、まもなく母親が家を出て、海岸に続く道中で祖父たちに追いついた際、理稀くんが家に戻っていないことがわかりました。

警察は消防や地元の人たちとともにおよそ150人態勢で捜索を続け、13日には顔写真を公開して情報の提供を呼びかけていました。

さらに14日は自治会のスピーカーを使って、母親が「よっちゃん、よっちゃん、みんな待っているから出ておいで」と何度も呼びかけていました。

そして15日午前7時ごろ、大分県から来てボランティアで捜索を行っていた男性が実家の北東にある山の中で男の子を見つけ、祖母が理稀くんであることを確認しました。

発見時の状況

山口県警察本部によりますと、15日午前6時半ごろ、大分県から捜索のボランティアとして参加していた70代の男性が母方の実家近くの山の中の沢で理稀くんがしゃがんでいるのを見つけたということです。

男性が「理稀ちゃん」と話しかけると「おじちゃん」と答え、あめを渡すとかみ砕いて元気よく食べたということです。

服装は行方が分からなくなった時と同じでしたが、はだしで、男性が理稀くんをタオルに包んで抱きかかえ、午前7時ごろ捜索中の機動隊員に引き渡したということです。

まあ、親御さんはもしかしたら監督不行き届きとかでご近所やネット社会等で叩かれるかもしれないけども、無事に発見できただけでも本当に大ラッキー、明石家さんま師匠のいうとこの「生きてるだけでも丸儲け」って事でいいんじゃないすかね…。

スポンサーリンク

昔、幼少の弟も迷子でえらい大騒ぎになった記憶がある。

うちの親が言うには、私の幼少期もそれなりに迷子になって近所の公園にいた、みたいな事があったそうですが、4つ下の弟は幼稚園の帰りに迷子になって、気づいたら10キロも離れていた別のご町内にいてみんなびっくり、みたいなことがありましたね。

未だにわずか1時間半でどう10キロの距離を幼児がひとりで移動したのかは不明ですし、何しろ見つかった「現場」は、知らないお宅の庭の砂場でひとりで夕方遊んでいたとこを、そこのお宅のおばさんが見つけたから、というなんとも不思議な(苦笑)。

それはいいんですが、子供心に困ったのは、当時住んでた公務員団地(1棟から20棟まである非常に大きな団地でした)の敷地内の真ん中にある大きな広場に警察官やパトカーが何台も来て、

「××ちゃん(←うちの弟の本名です)のご存知の方はいらっしゃいますか」

…と、拡声器で連呼してたのは、あれは子供ながらにえらく恥ずかしかったですな…。母親が慌てて出向いて弟との感動の対面(?)を果たしたようですが、私はあまりの恥ずかしさに家から一歩も出なかったですし、それからしばらく、同じ団地の子どもたちには「弟ちゃん、迷子になったんだって?(ニヤニヤ」とからかわれるわで、元々幼少期から弟の折り合いはそれほど良くなかったんですが、「恥をかかせやがってバカヤロウ」と、不仲になる要因の一つにはなりましたね、ええ(笑)

※ついでに書くと、この弟の2学年下(私とは6学年下)に妹がいるんですが、やはりすぐ上の兄貴とは幼少期から折り合いが悪く、幼稚園から高校まで同じ学校だったんで、上級生から「お前、××の妹だろ?」とからかわれるのが嫌で今も物凄く仲が悪いですね。私と妹は私が小学校に入った年に妹が生まれて、私が小学校を卒業した年に小学校に入学して…で、真ん中の弟ほど接点はなかったんでまあ仲は良いとは言わないまでもケンカもしたことがないし、まあまあ実家に帰るたびに談笑する仲ではありますが、弟はほとんど部屋から出てきませんしね(^_^;)

…にしても、たぶんこの2歳の男の子の一件。帰省する度に親戚の集まりで話題になるんだろうなあ。でも何年もすればこれが「笑い話」で済むようになるんだから、いずれにしても無事で良かったねえ…としみじみ思いたいですね。

↑ちっとも「ちょっとだけ」じゃねえけどな(大汗)