ドラフト1位・安田選手は鈴木大地キャプテンの後ろにつけるそうで…。

ロッテ1位安田、大選手への道「まずは1歩1歩」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

一昨年の平沢大河、去年の佐々木千隼の時を思い出すなー。ようこそ、千葉ロッテへ(笑)

大選手への道は、コツコツと。ロッテのドラフト1位、履正社・安田尚憲内野手(18)が25日、大阪市内のホテルで契約金1億円、年俸1240万円(ともに推定)で契約。ロッテ待望の和製大砲候補は「開幕1軍という目標もありますが、本当の実力をつけて評価された上でのこと。1軍に出られるよう、まずは1歩1歩、実力をつけたい」と大風呂敷は広げなかった。

 実直な若者にふさわしい英才教育が施される。井口監督は「キャンプはサードで大地の後ろにつける。いろいろ勉強になる」と、来春キャンプでは三塁に転向した鈴木から学ばせる方針だ。実戦を多く予定しているが、初戦からどんどん出場させる。「プロのレベルに慣れて欲しい。1軍が(石垣島から沖縄)本島に行く前に結果を。そこが1つのライン」と、結果でオープン戦帯同を判断する。

 ドラフトから1カ月。その間も、安田はトレーニングを欠かしていない。具体的な数字の目標は掲げなかったが「いずれは日本を代表する選手になりたい。松井(秀喜)さんのような、ファンや周りの人に気を使い、尊敬される選手になりたい」と、将来像は大きく語った。質問者の目を真っすぐ見て答える姿が印象的だった。

鈴木大地キャプテンの後ろにつけて、キャプテンの背中からいろいろと学んでもらおう、という事なんでしょうね。鈴木大地をしても内野陣のレギュラー争いは楽ではない、ってのがなんとも井口監督らしいな、と。

スポンサーリンク

井口監督は北海道へ…。

ロッテ井口監督 氷点下4度の北海道で野球教室「球団の垣根を越えて」― スポニチ Sponichi Annex 野球

で、その井口監督は…というと、北海道に野球教室に行ってたのか。

ロッテ・井口監督は北海道・当麻町のスポーツセンターで野球教室を開催。人口6571人の同町で中学生約90人のうち、計22人の当麻中野球部員にノックや打撃指導を行った。

 「球団の垣根を越えて野球人気を広げていきたい」と氷点下4度の寒さも吹き飛ばす熱気だった。指揮官は「日本ハムは大谷が抜けるけど清宮が入る。でもウチには安田がいる。お互い刺激し合って盛り上げてほしい」と話した。

ちなみに「当麻町」ってのは旭川市の隣にある町で、層雲峡の近くじゃなかったかなーと。しかし氷点下4度ってのは体育館でも寒いでしょうよー。やるなあ。

余談

【ロッテ】大好評“謎の魚ぬいぐるみ”再々販売!「オフは競馬でも…」 | BASEBALL KING

「バカヤロウ。オフだからこそ各地のゆるキャラのイベントに行って顔を売ってこい!!」ってあえて書いておくわ(爆)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ