千葉ロッテのエース・涌井には感謝している。だからFA移籍でも残留でも好きにして欲しい。

DSC06165

FA権再取得のロッテ涌井 メジャー挑戦へ/野球/デイリースポーツ online

いよいよシーズンも終盤なんだなあ…と思わせるような記事が。

ロッテの涌井秀章投手(31)が今オフ、メジャー挑戦する意向を固めていることが4日、分かった。複数の関係者が明かした。この日に再取得したフリーエージェント(FA)権の行使が濃厚だ。
 涌井は13年オフに西武から国内FA権を行使してロッテへ移籍。出場選手登録が通算4年に達して海外移籍が可能な2度目のFA権資格取得条件を満たし、球団を通じ「独身ではないので1人では決められない。家族とより良い人生になるようにしっかり考えたい」とコメントした。昨オフに3年総額7億5000万円とされる複数年契約を結んだが、本人に選択権のある条項が含まれているとみられる。
 涌井は2日の日本ハム戦(ZOZOマリン)では、大谷の視察に訪れた複数のメジャースカウトの前で完封劇を披露。FA権を行使すれば獲得に名乗りを上げる可能性はある。
 球団はFA宣言後の残留を、今後は容認することを決定済み。その上で、林球団本部長は「彼の人生なのでしっかり選択してほしい一方で、今後もロッテで活躍してほしい思いもある」と話した。

エースの宿命、と言ってしまえばそれまでだが、あれだけ対戦チームのエース級との投げ合いを強いられて、ロッテ打線が援護してくれなかったり、または後続の投手が勝ちを消したり…と、本来だったら毎年15勝ぐらいしてもいいだけのポテンシャルを持った凄い投手なのに、と思うと、彼自身の今後のキャリアの事も考えると、FA移籍でもっと上のステージに挑んで欲しい、という気持ちも正直いってある。

スポンサーリンク

ロッテ球団はFA残留もOKだと言うが…?

ロッテ、涌井のFA「宣言残留」OK流出阻止努める – 野球 : 日刊スポーツ

一方、日刊スポーツでもこんな記事が。

ロッテ涌井秀章投手(31)が4日、今オフのFA権行使に含みを持たせた。13年オフに国内FA権を行使し、西武から移籍。この日、出場選手登録日数が通算4年に達し、海外移籍も可能なFA権を再取得した。練習は休みだったため、球団を通じ「今は独身ではないので1人では決められない。家族とよりよい人生になるように、しっかりと考えていきたいと思います」とコメント。昨年11月にモデルの押切もえと結婚した。

 今年1月の契約更改に際し、涌井は契約年数を明かさなかった。複数年契約という見方もあったが、球団関係者の話を総合すると、涌井本人が望めばFA権行使は可能となっている。林球団本部長は「もちろん、残って欲しい。(話し合いは)シーズンが終わってからになると思う」と話した。これまで「宣言残留」は認めてこなかったが、「方針は変わりました。宣言残留もあります」と明言。エースの流出阻止に努める。

うーん、誤解を恐れずに言わせてもらえばだな…、

そろそろロッテ身売りの話、ないの?(爆)

昨年のシーズンオフ、伊東監督の契約更改の場で「デスパイネをぜひ残して欲しい。そして更なる補強をして欲しい」という要求を、「創業家のお家騒動」で揉めに揉めてやる気なし親会社が「黙殺」しましたしね。その結果が今年の最下位街道大独走中の現在のていたらく、ですから。

「マリーンズの、最大の補強は身売り」

もしエース涌井を本気で来年もここのチームに「残留」させるんだったら、やはり「最大の補強は身売り」だと思うけどね?もっと球団経営に意欲があって、独創的な様々なアイデアを考えてそれを実践できるようなフロントとのタッグがあってこそ…だと思うんすけどねー。

そういう意味では山室球団社長以下のフロントのバイタリティは間違ってないと思う。あとは「出せるとこには惜しみなくカネを出す」「カネを出した上で的確な命令ができる」親会社だ、と。

それは次の監督が、仮にフランコ氏だろうが井口選手だろうが、その他から引っ張ってきた人だろうが、全く条件は同じだね。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ