よせばいいのに、共産党の候補者が川崎フロンターレのユニフォーム着て選挙活動やっちゃって…。

◆Jリーグ◆共産党衆議院議員はたの君枝氏が川崎フロンターレを政治利用していると騒ぎに…ユニフォームを着て街頭演説(WouldfootballNews)

Twitterでたまたま見つけたんですが…、

こ、これはアカン(大汗)。

スポンサーリンク

「REDS&PEACE」で物議を醸したのを思い出す。

まあJリーグ関係者が選挙とかにそういうのを使うのはご法度、というのはあるんですけど、逆に無関係の候補者が例えば地元の人気チームの名前をちょいと拝借して…というのは明確なペナルティはない、らしいんですけどね。

ただ、過去に愛媛FCでは類似の話があったらしく、

12/05 | 第46回衆議院議員総選挙について | 愛媛FC 公式サイト

2012年の総選挙の際に愛媛FCではこういう記事を公式サイトで流してました。

第46回衆議院議員総選挙について、下記のようにお知らせいたします。

12月16日執行されます第46回衆議院議員総選挙において、現在選挙活動中の愛媛県衆院選挙区からの立候補者が、愛媛FC公式グッズであります「エンブレム付きダウンジャケット」を着用しておりますが、弊社は、県民クラブとして、広く県民の皆さまに愛されるクラブ作りを目指しており、選挙活動に関しては、一切の関与をいたしておりません。

誤解など生じませんようご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

…とまあ、今回の共産党候補者が川崎フロンターレのレプリカ来て、ちょいと名前使ったりして「いっちょ噛み」したような例があったようですね。

ま、個人的にはこれでよく思い出すのが、

レッズ&ピース騒動 – レッズ&ピース騒動の概要 – Weblio辞書

「レッズ&ピース騒動」って呼ばれてた話ですなー。

2005年3月6日、埼玉新聞社会面で『平和も愛するサポーター「レッズ&ピース」が発足』と題する記事が掲載された。

そこには、3月4日に浦和レッズと憲法九条を語る「レッズ&ピース」という団体が結成され、ゆくゆくはホームページを開設して会員を募り、スタジアムに会の旗を掲げたい旨が記されていた。

これに対して、浦和レッズサポーターの一部が「浦和レッズに政治思想を持ち込むな」と一斉に反発、浦和レッズのクラブやこの記事で名前が挙がった大野勢太郎に批判が殺到した。この記事は、サポーター数名が、飲み会の席で話していた事を、同席した埼玉新聞の記者が記事にしたもので、これが、原因で大騒ぎに。

3月9日、某サイトにおいて、レッズ&ピースの当事者からの投稿があり、

レッズ&ピースは単なる飲み会の集まりにすぎず、いわゆる私設応援団ですらない。
ホームページ開設や会の旗掲揚も酒の席での話であり、政治活動をする気は毛頭ない。
とはいえ、大事になった以上、レッズ&ピースの名称を使うのは好ましくない。
と釈明し、レッズ&ピースの「解散」を宣言した。これにより、この騒動はひとまず収束することになった。大野勢太郎もこの騒動の責任を取り、「九条の会さいたま」の発起人を辞退することになった。

3月13日、埼玉新聞は騒ぎを大きくしたことに対して謝罪記事を掲載した。大野勢太郎に対しても謝罪した。

ま、当時は私は甲府よりも浦和の方をメインに応援していて、はてなダイアリーでブログ(らしきもの)を書いてた時に「レッズに政治思想を持ち込むな。野暮の極みだ」と結構激しく批判したクチだったんですけども。やはり同じように考えてる人たちが多かったみたいで、数日で一気に鎮火してました。

ただ、あの頃、NACK5で朝の生番組をやってた「発起人」だったDJの大野勢太郎氏は「話が一段落したら番組を辞める」みたいな話をしてましたけど、結局あれから10年近く続けてましたけどね(苦笑)

市民感覚があるんなら「自重」してくれ(汗)

にしても…武蔵小杉駅前でこれをやるとは…。なんつー「わかりやすい」候補者と運動員なんだかw

ま、これだけ「地元に愛されてる」川崎フロンターレのことを前面に押し出してやってくれてるんだから、将来的にもし等々力が改築とか、専スタが計画されたら共産党、反対しないで協力してやってくれな?

だいたいそういうスタジアムとか作る際には共産党って先頭に立って反対するじゃないすかー。甲府の専スタ(総合球技場)計画だって共産党が反対してるぐらいですし。

…でもこういう総選挙の際にはそういうパフォーマンスを良いと受け取る人のほうが明らかに少ないし、チーム自体が誤解を受けかねないから、やはり自重した方がいいっすわ。川崎フロンターレさんの事務所に質問やクレームの電話がかかってきたら対応するのはスタッフさんであって、少なくてもあんたら共産党やその運動員じゃないんだからさー。

この候補者は覚えてますわー。

ちなみにこの候補者、私が学生時代、横浜・小田原で下宿してた頃からよく選挙に出てた候補者でしたね(勿論日本共産党から)。

確か1998年の参院選の、神奈川選挙区で当選して「あの共産党が比例区じゃないとこで勝った」って話題になった時の候補者だった記憶がありますね。その後、2014年の総選挙で比例区から当選して衆議院に鞍替えして今に至るそうなんですけど…。

いやあ迂闊。迂闊がすぎるぞー、議員経験者なのに(苦笑)

↑なるほどねー、だからイメージをねえ(失笑)