新型コロナ禍の「緊急事態宣言」。ま、これは出さざるを得ないだろうな…。

首相、緊急事態宣言へ意向を固める 特措法に基づき初(朝日新聞)

いろいろと立場によって意見も批判もその他もろもろもあるんだろうけど、特に都内なんて患者数がどんどん増えてるだけにこんぐらいしないとって感じなんでしょうね。

安倍晋三首相は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言に踏み切る意向を固めた。諮問委員会に諮り、専門家の意見を仰いだうえで、近く宣言を出す方針だ。

 緊急事態宣言の規定がある新型インフルエンザ等特別措置法の対象に、新型コロナを加える改正法が3月に国会で成立し、施行されていた。同法に基づく実際の宣言は初めて。

 緊急事態宣言は、政府対策本部の本部長を務める首相が、都道府県を単位とする区域や実施期間などを示して出すと、特措法で定められている。該当地域の都道府県知事が、感染拡大防止などで必要と判断すれば、住民への不要不急の外出の自粛要請や、施設の使用停止、イベントの開催制限の要請・指示などの措置をとることができる。

 使用制限を要請できる施設には、学校や劇場、百貨店、体育館、ホテルなどがあげられる。スーパーマーケットも含まれるが、食品、医薬品、衛生用品、燃料など厚生労働相が定める生活必需品の売り場は営業を続けられる。こうした要請や指示に違反しても罰則はない。

 外出自粛に罰則を設けることなど海外で行われている「ロックダウン」(都市封鎖)と、緊急事態宣言を同一視する見方がネット上などであるが、同じではない。特措法には、強制的に外出を禁じる規定はなく、鉄道やバスなどの公共交通機関の運行をとめて、封鎖する規定もない。首相みずから都市封鎖は「できない」とする。

あー、都市封鎖とは違うのか。てっきり「東京がこんなに厳戒態勢になるのは、もしかしたら2.26事件の戒厳令以来かもなんて物騒なことをひとりごちしてたんすけどね。

ちなみに私、さきほどおじいちゃんの介護食が切れちゃったんで、それを買いに近所の西友まで行ってきたんですが、

↑随分前に100均で買った太陽光でカタカタ動く動物サンたちが元気に動いてました(笑)

今日は朝っぱらが所用が何もなかったので、珍しく(?)朝8時半ぐらいに行ったら、介護食や離乳食、薬などの生活用品コーナーの2階は今日は9時開店でして(1階の食料品コーナーは24時間営業らしいんですが)、「あー、それは残念」と、ついでに食料品コーナーをぶらぶら歩いて眺めてきたんすけども(苦笑)。

もっともほとんどの食料品の「搬入」がこれからだと思うので一概には言えないんですが、カップラーメンとかのコーナーの棚に商品がほとんどなく、一方で我が家的には「ないと困る」お米類は意外にいつもどおりでした。

で、妻に「どうする?ついでに何か買ってくる?」とLINEのメッセージで聞いてみたら、「お米があと1袋しかないんで5kgのお米と、もしあれば西友のオリジナルブランドの、カップの天ぷらそばがあれば買ってきてほしい」と言われまして、改めてガラガラのカップラーメンとかの売り場に行ったらそれだけは結構ありまして「おお、ラッキー」と。で、お米1袋とカップそばを買って、車に一旦戻ってきました。

そして改めて9時になってエスカレーターが動いたんで、2階に行って介護食をいつもの5種類を買って帰ってきたんですけどね。たぶんこの「緊急事態宣言」が出たら出たで、品切れする商品も出てくるんだろうなあ。いやーパニックだけはご勘弁、と(^_^;)

スポンサーリンク

余談:4兄弟で小中高大の入学が「かぶる」なんて凄い。

以下は余談なんですが、たまたま↑のニュースのついでに見つけたすごい記事がありまして。

4兄弟 そろって「1年生」 栃木・大田原の蜂巣さん一家(下野新聞)

あらーそれも「どえらい偶然」で(笑)。4兄弟で小中高大の入学(幼小中高の卒業も)がかぶるってのはなかなかレアな偶然だなあ…。

栃木県大田原市蛭田、団体職員蜂巣常雄(はちすつねお)さん(45)方の4人兄弟が今春、小中高校と大学の1年生としてそろってスタートを切った。新型コロナウイルス感染拡大などで暗いニュースが続く中、地域の明るい話題となっている。蜂巣さんは「関心を持ったことを大切にして、これからも自分らしい道を進んでほしい」とエールを送る。

 長男海斗(かいと)さん(18)は国学院栃木短大、次男瑠斗(りゅうと)さん(15)は黒羽高に進学。三男楓斗(ふうと)さん(12)は湯津上中、四男の愛斗(まなと)君(6)は蛭田小の新入生となる。

 新型コロナウイルス感染拡大で中止が懸念された卒業・卒園式は規模を縮小して開かれ、共働きの蜂巣さん夫妻は手分けして全員の式典に出席した。母親のパート従業員亜樹(あき)さん(44)は「全員の雄姿が見られて本当に良かった」と胸をなで下ろす。

 3月25日夜には卒業・入学祝いをし、4人の大好物のすしを用意した。7号サイズのホールケーキには「勉強頑張れ」などとそれぞれへのはなむけの言葉を記したクッキーを4枚添えた。

 海斗さんは4日、瑠斗さんは7日、楓斗さんは9日、愛斗君は10日が入学式。夫妻は全て参加できるよう調整した。

 1日から栃木市内で1人暮らしをしている海斗さんは「不安7割だけど、わくわくもしている」と話す。瑠斗さんは海斗さんから、楓斗さんは瑠斗さんから制服を受け継ぐ。少し丈の長い制服に袖を通した楓斗さんは「中学校では勉強と部活を両立したい。ブラスバンド部に興味がある」と笑顔を見せる。

 「一人一人と向き合ってきたら、あっという間。全員同時に卒業と入学を迎えるとは、数年前まで全く意識していなかった」と亜樹さん。けんかしながらも仲良く育ってきた4兄弟に、新たな春が始まった。

しかもよくよく見ると、お父様の年齢が私とほぼ同じだし。すごいなーもう大学生(短大生らしいですが)になる息子さんがいるのかー。うちなんかはこれから小学校1年なのに(^_^;)

ちなみに余談としては、私の場合は妹が6学年離れていて、妹の小学校入学と私の中学校入学、妹の小学校卒業と私の高校卒業が同じタイミングでした。それと変わった例(?)としては、真ん中の弟が高校の時にいったん全日制の高校をやめて、翌年に4年間通う定時制の高校に入り直したんですが、それが妹が昼間の全日制の方に通うことになった高校で、妹と弟の高校卒業がかぶったという話もありましたね(笑)。弟と妹は2学年差なんで、結局は幼稚園から高校までずっと同じとこだったというこれまた稀有な兄妹関係でして。まあそんなんだからか昔から仲が悪いんですけども(笑)

いやー同世代のパパさんゆえにあえて言いたいですね。「お子様が4人もいて、しかも同時に卒業・入学ってことは出費もどえらく大変でしょう?だから「お上(?)」から出る給付金とか児童手当とか、もらえるものは調べ尽くしてとことん貰っちゃいなYo!とね。本当におめでとうございます。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ