キングコング梶原「ごとき」に安直にいじられたら、そりゃ誰でも怒るわ(失笑)

「一線超えたイジリ」カジサックに宇野常寛氏の怒り(日刊スポーツ)

もともと「はねるのトびら」時代から、このキングコングってコンビに対しては(ドランクドラゴンとかその他面々に比べて特に)おもしろいと思ったことはなかったのだが、やはり「いじる相手も選べないバカ」だったんだな…。

ユーチューバー「カジサック」ことキングコングの梶原雄太(38)からイベントで「失礼な絡み」をされたと告発した評論家の宇野常寛氏(40)が、ことの経緯を明かした。

宇野氏は6日更新のツイッターで、イベントで起きた出来事を詳細につづった。

チーム対抗のゲーム企画で、カジサックから「弱そう」とイジられたことを不快に感じ、「これはくぎを刺さないとと考えて『お前みたいな自分より弱いヤツをみつけた途端にマウントしたがるやつは大嫌いだ』と告げた」という。

しかし、カジサックの言動は変わらず、宇野氏も最初はそのノリに合わせていたというが、縄跳びでの対戦時に自身が失敗した際のカジサックのイジりで「一線超えたな、と思った」と振り返った。

「梶原はここぞとばかりに僕をバカにしてきた。僕の失敗をディフォルメしたジェスチャーでモノマネし、こき下ろした」という。

宇野氏はカジサックに、そうした言動に対する不快感を訴え、形式的な謝罪は受けたものの、「みんなが面白くなるために(宇野にイジリを)した」と開き直ったことから、「もうこれは直らない。帰るしかないなと思った」と、イベントを途中退席した理由を説明した。

宇野氏は「僕らには、人間には、尊重されない場から離脱する権利がある。失礼な相手がいたら、抗議で帰る権利がある。『場の空気』のために、マイノリティーだけが我慢しなきゃいけないなんて間違ってる。『芸人』なら、バラエティーならイジメが許されるなんて間違ってる」とあらためて訴えた。

つーか、「はねるのトびら」を見ていても(これは兄貴分みたいな番組だった「めちゃイケ」も結構その傾向もありましたが)、「いつものメンバーの誰かに、その場のノリで無茶苦茶なことをやらせて、その同調圧力で笑いを取る」みたいな事が意外に多かったでしたし。高い車買わせたりとか。

で、これらの話、視聴者としてはどこまでがジョークで、どこまでが本当か、またはやらせか、またはネタなのかは正直判別できなかったし、そして関心もなかったけど、これを見て「あー、梶原は本当に、何も考えずにここまで芸人やってきてたんだ」と、まあ長年の謎(?)が解けてただただ失笑って感じですわ、ええ。

スポンサーリンク

いじる相手に敬意を持たなきゃ、やる資格はないでしょう。

ノンスタ井上、イジリとイジメの線引きは「信頼関係」カジサックVS宇野氏意識か?(デイリー)

ああ、いい事いうね、この人。

NON STYLEの井上裕介が6日、ツイッターを更新し、イジリとイジメの線引きについて「お互いを尊敬しあえるかが大切」「信頼関係こそ笑いの原点だと思う」と持論をつぶやいた。現在ネットでは、評論家の宇野常寛氏がキングコングの梶原雄太からのイジリをイジメと解釈し激怒していることが話題となっている。

 井上は「イジリとイジメは紙一重」と切り出し「僕も、誰かをイジることはある。その数十倍イジられることがある」と自身の体験をつぶやいた。

 それに対して「笑いのためにイジることは必要だと思うし、笑いのためのイジメはあってはならない」と持論を展開。「難しい線引き。要は、イジる側もイジられる側も、お互いを尊敬しあえるかが大切。信頼関係こそ笑いの原点だと思う」とつぶやいた。

 突然のつぶやきのようにも見えるが、今、ネットでは、カジサックこと梶原と宇野氏がバトルを繰り広げている。2人は同じイベントに出たが、梶原のイジりに対し、宇野氏がイジメと感じてそのイベントを途中退席。この日のツイッターで宇野氏は改めてイベントでの詳細を説明し「梶原はここぞとばかりに僕をバカにしてきた。僕の失敗をディフォルメしたジェスチャーでモノマネし、こき下ろした。一線超えたな、と思った」など梶原側から受けた扱いを説明。梶原は謝罪したものの「みんなが面白くなるために(「宇野にイジリを)したと開き直った」などとつぶやいていた。

 井上のツイートには梶原の名も宇野氏の名もなかったが、読んだファンの中には「カジサック」の名前を挙げコメントする人も数多くいた。

ま、私も長らく、クイズサークル(3年前に辞めた20数年続けてた会と、去年立ち上げた「岩Q槻」という会での話です)で、もう共に20年以上の付き合いのある友人が何人居るんですが、

例会では、よく左側のひっさつうへの会長と、右側の三好誤服店氏(うちの会は役職は会長以外は自己申告制なので「副会長」になっておりましたが(苦笑))を、よく「ひよしコンビ」と呼んで、例会のトークやその場その場のギャグの際に、よくいじらせてもらっています。

実は彼ら、別に好きでコンビを組んでいるわけではないんですが、なぜかインスピレーション系の企画では同じ答えを書くことが多く、答えがかぶると「またひよしか」と、周囲が大爆笑するんで、コンビ扱いされている次第です。これに関しては三好さんの方はまんざらではないらしいんですけど、まあひっさつ会長の方は「なんでこいつと一緒にされるんだか」といつもぼやいておりますね…自分が見た感じ、ひっさつ会長のほうが「かなり天然ボケでわかりやすい」というキャラクターだったりします(苦笑)。

で、そんな彼らに対し、私の場合、「いじらせてもらっている」という気持ちで彼らに接しているので、基本的には彼らにリスペクトしてますし、年上の彼らに対しては敬語、さん付けでして、きつくツッコむ時だけ「おいこの野郎」とか「おい、お前」とか言うことはあります(特に4つ年上の三好さんに対しては)。また逆に、彼らが私をツッコミを入れることもたびたびですが、そこでは「お互い様」ですね、まあ特に三好さんの丁々発止のやり合いの際には互いに、昔フラれた女の名前とかが出てくることも…そしたら、お互い、(今の妻がいる前で)昔の苦い思い出が去来して心臓を抑えて倒れ込むのがお約束になってるわけですけど(爆)。

これは相手がリアクションを返してきてナンボのものですし、私は立川談志師匠が好きなんですが、師匠の場合は「世間を斬った刀で、自分の腹も刺す」というあのスタイルが大好きなので、やはり同じサークル内でも、10人いれば10人それぞれに対する接し方や、言ってはいけないこと、言うと喜ばれること、盛り上がったり、盛り下がったりすること…などは常に頭に入れておかないといけませんし、それができないのであれば「他人をいじる資格はない」とも考えている次第です。

…で、このひよしコンビはふたりとも寛容な人たちで、ほとんどの人たちからのツッコミに関してはリアクションをしてくれますし、何より受け身がうまいので、ほとんどの人たちと仲良くできるのですが、20数年付き合っていて、「こいつのいじりは絶対に許さない」と名指しして二人して怒っていた人が、若干名いましたね。

もういずれも付き合いがない人なんですが、共通してるのは「常に俺が俺がタイプで、周りの空気を読まない(読めない、ではないです)」確信犯タイプの人で、周りからもかなり敬遠されているとっつきにくい人…ってのもいました。そのうちの一人は金銭トラブルを起こして会を追放になった後、10年ぐらいして私個人にアポを取ってきて謝罪してきたのですが、「ひよしコンビがいいと言わないと復帰は認められない」と、その場で携帯でひよしコンビに確認を取ったところ、「絶対に嫌だ」と即答されまして、それを伝えたところ、まさかこうなるとは思ってなかったようで、心底がっくりした顔をして、「なんで僕が彼らにそこまで嫌われてるのかがわからない」とぽつりと呟いてました。ま、それを見て「(不快に)いじる方はとっくに忘れていても、(不快に)いじられた方はなかなか忘れないもんだ」と強く思ったもんでしたが…。

しかしまー、素人の趣味サークルでそうなんだから、サラリーマン以上の給料を貰っているプロの芸人がそれができないってどういうことよ?と。かといって、所属先の吉本興業に常識教育まで求めるわけにはいかんしね。もはや義務教育の世界じゃないんだし。

つーか、相方から見限られてるんじゃね?既に。

キンコン西野、相方の梶原へ「上沼恵美子先生の陰に隠れていたお笑い偏差値23の貴殿」(スポーツ報知)

私自身、キングコングのもうひとりの方、西野氏に対してはいろいろ企画者(炎上込みの部分も含んで)としては結構おもしろい人だけど、「芸人してはおもしろい」とは思ったことはない…んですけど、この記事に関しては「うん、うまい」と(苦笑)。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(38)が6日、自身のブログを更新。相方で「カジサック」名義でユーチューバーとして活動する梶原雄太(38)へメッセージを送った。

 「拝啓、カジサック様」と題したブログで「貴殿のYouTuberとしての活躍、いつも拝見させていただいております。『チャンネル登録者数100万人を突破しなかったら芸人引退!』という、世間的には「『芸人引退』とか言ってるけど、肩書きが変わるだけで、どうせ活動内容は変わらねぇんだろ?」と思われてしまっている上に、相方であるキングコング西野がとっくの昔に芸人を引退しつつ、それでも活動を続けていることを証明してしまっている手前、もはや何のフックにもなっていない『芸人引退』という不思議な目標に向かって突き進む姿に毎度目頭が熱くなります」とつづった。

 さらに「最近だと、サンシャイン池崎氏およびサンシャイン池崎氏の御両親に向けた最低極まりない『公衆便所発言』、先の『ホリエモン万博』にて、評論家の宇野常寛さんをブチギレさせた圧倒的なイジメ問題、さらには、「ドッキリ」と称して、後輩芸人のコレクションであるスニーカーを『スニッカーズ』に入れ替えるという面白くも何ともない奇妙なアクションで案の定、大炎上。そして謝罪謝罪謝罪。SEKAI NO OWARIが『炎と森のカーニバル』ならば、貴殿は『炎と謝罪のミルフィーユ』といったところでしょうか。これらの炎上を受けて、昨日、この国では、こんなニュースが流れました。【Yahoo!ニュース】カジサック炎上続きで、一周回ってキンコン西野の株上がる 一周回してくださって本当にありがとうございます。好感度って一周回るものなんですね。次から次へと火事を作るカジサックは漢字だと「火事作」になるのでしょうか?なるのでしょうね」と記した。

 その上で「貴殿が燃えに燃えてくださるおかげで、約15年近く燃え続けた私は、ついに『黒炭』としての旨味を出し始めることとなりました。Yahoo!ニュースのコメント欄には…「カジサックは糞。西野は才能があるからまだ良い」「カジサックは面白くない。西野は『ゴッドタン』で芸人魂を見せてくれるから好き」「西野はなんだかんだで芸人。カジサックは大学生」「西野は天才」「西野は才能の塊」「西野は普通にイケメン」といった声が続々と届いております。それもこれも、これまで上沼恵美子先生の陰に隠れていたお笑い偏差値23の貴殿が、毎日ありのままの姿をYouTubeでお届けしてくださるおかげです。お笑い偏差値23を包み隠さず出してくださり、本当に、本当にありがとうございます。そのままでいてください。レットイットビーです。カジサックが頑張れば頑張るほど、カジサックの評判が下がり、私の評判が上がります。誰が何と言おうと、私はカジサックが大好きです。人気者とコラボしてチャンネル登録者数を稼ぐ他力本願っぷりに、『めちゃイケ』のオファーシリーズの岡村さんのパクリとしか思えないその衣装に、よくよく見ると周富徳のようなその顔面に、恋しています!」と思いを明かしていた。

お笑い偏差値23ってのが凄いな、おい(爆)。

しかし誤解を恐れずに言えば、西野氏の文章は相方に対しての皮肉等も含めて「全て的を得ている」のは間違いないのも事実。いやあ、芸術家とかそっち方面に転身して良かったのかもしれないね。なんか人気のレベルは違うけど、参議院議員になった西川きよし師匠と、それがきっかけで酒に溺れはじめて泥酔してテレビに出始めるようになった(そして度重なる不祥事で芸人生活ができなくなった)横山やすし師匠を思い出すわ。

でもたぶん、梶原って人は、今後も似たようなトラブルを起こして、少しずつ芸能界からフェイドアウトしていくんだろうなあ。相方の方は、自らのプロデュースの仕方については相当、有能なブレーンを抱えてるみたいだけど、こっちの方は今までの「人気者だった頃の悪ノリ」のまま、芸人を細々と続けていくしかないってのが、悲しい話だなあとも思う今日このごろ。10年もしたら「あの人は今」のテレビ番組に出て、ワイプに映った山田邦子あたりに「懐かしー」とか言われるんじゃねえの?とか(個人的には山田邦子自体が「あの人は今」状態でこの人にゃ言われたかねえよ、というツッコミは別にしても(をい))。


▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

にほんブログ村テーマ 最近の出来事へ
最近の出来事