剣道八段の達人が、木刀で「防具をつけてない」人を殴りつけるとは…(;゚Д゚)

剣道8段の男が木刀で頭を殴打、剣道連盟理事解任へ(日刊スポーツ)

剣道用の「竹刀(しない)」ぢゃなくて「木刀」ってのが更にひどいってば。しかもそれを剣道八段の「達人」がやっちゃいかんわ。

北海道剣道連盟(道剣連)の男性理事(64)=8段、三笠市=が稽古中、防具を着けていない男性2人の頭を木刀で殴ったとして、道剣連が懲罰委員会を開き、理事職を解任する方針を決めたことが24日、分かった。

道剣連によると、理事は3日、三笠市の武道館で木刀を使った演技の稽古中、以前から指導していた男性(34)の頭を木刀で1回殴打。男性は指導が暴力的だと反発し帰宅した。理事は稽古後にも別の男性(35)の頭を木刀で数回殴った。この男性は帰宅後に体調が悪くなり、救急車で病院に運ばれたが命に別条はなかった。

1人目の男性から報告を受けた道剣連が聞き取り調査をしたところ、理事は「指導に熱が入ってやってしまった」と説明し、2人に謝罪。2人は謝罪を受け入れ、刑事告訴はしない意向という。

道剣連は「スポーツ界で同様の問題が起きている中、大変遺憾だ。二度と起こらないよう努める」とし、約110の加盟団体に対し、暴力的な指導をしないよう求める通達を近く出す方針。

しかも稽古中に「一発」じゃなくて、稽古後にも別の人にも数発殴ってるってのが凄いな。どういう神経回路してんだろか。つーか、手荒な銀行強盗だって今どきそんなんはやらねーよ(泣)。

スポンサーリンク

野球部で監督がノックバットで選手を殴るようなもんでしょう。

しかし凄いのは「防具をつけてない」人に木刀で…ってことだよなあ。まあ防具をつけてても剣道8段の猛者の木刀なんか叩かれたらただじゃ済まないだろうに(それが仮に手加減がされていたとしても)。

で、これ、他のスポーツで言えば、大相撲の稽古だって最近は木刀や竹刀で力士を殴るのは(一応、表向きは(←ここがポイントです))禁止されてますし、野球部でいえば、監督やコーチが木製のノックバットで尻(通称「ケツバット」というのがありましたわ、私が少年野球をやってた頃は)ではなく、頭、しかも選手はヘルメットをつけてない状態で殴られるようなもんでしょう? まあ確実に高校野球でこれが露呈されたら。監督は3ヶ月から1年ぐらいは活動停止になるんじゃないですかね。

ついでに書くと、結構剣道は上の段に上がるのが大変で、確か五段・六段を超えたらある程度の年数やキャリアを経ないと昇段できないんだそうで(調べたらWikipediaに載ってました)、例えば全日本剣道連盟の基準だと、現在、八段が事実上の最高段位で(九段・十段は近年審査が廃止になったそうです)、八段に昇段するのには七段で10年以上修行しないといけないんだそうで、合格率がなんと1%程度、とのことです。

で、建前上は「剣道の奥義に通暁、成熟し、技倆円熟なる者」ぢゃないと、七段から八段にはなれない…と。いやあ、「防具つけてない人に木刀で殴ったらどうなるか」なんて「通暁・成熟」してれば0.1秒でわかると思うんだけどな。ボクサーや相撲取りが、一般人に手を出したら簡単に大怪我させちゃうぐらい「当たり前」だと思うんだけど。

まあ被害者側からは刑事告訴されずに、本人曰く「つい熱が入ってやっちゃった」で済む、丸く収まるのかどうかは知らんけどね。しかしそういうの今年はやたらと多いな、スポーツ界。