京急線神奈川新町駅付近の衝突事故のニュースにただ「絶句」し…。

京急線 トラックと電車が衝突 32人けが うち1人重傷 横浜(NHKニュース)

あのあたりは学生時代、横浜に住んでたのでたびたび京急を使ってましてよく覚えてるんですけど…全速力で通過する快速特急に踏切からトラックが突っ込んでくるなんて想定外もいいとこだろうよ、としか。

5日昼前、横浜市神奈川区の京急線の踏切で、電車とトラックが衝突し、複数の車両が脱線しました。警察によりますと、乗客など32人がけがをし、このうちトラックの運転手の男性が重傷で、乗客と電車の運転士合わせて31人のけがの程度は軽いということです。警察が詳しい状況を調べています。また京急によりますと、電車には乗客およそ500人が乗っていて、これまでに乗客全員が避難したり、救助されたりしていて電車の中に取り残されている人はいないということです。

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線の踏切で青砥発三崎口行きの8両編成の快特電車がトラックと衝突して複数の車両が脱線しました。

警察によりますと、この事故で乗客など32人がけがをし、このうちトラックの運転手の男性が車両の下敷きになり、病院に搬送されましたがけがの程度は重いということです。

また、乗客と電車の運転士合わせて31人もけがをしましたが、いずれもけがの程度は軽いということです。

京急によりますと今回事故のあった電車には乗客およそ500人が乗っていて、これまでに乗客全員が避難したり、救助されたりしていて電車の中に取り残されている人はいないということです。

この事故の影響でトラックが燃えて一時、黒煙が上がったほか、先頭車両は大きく傾き、NHKのヘリコプターが現場付近を撮影した映像では、白っぽいトラックが横倒しになった車両と線路の柵に挟まれるような形でめちゃめちゃに壊れている様子が確認できます。

京急によりますと事故があった踏切は神奈川新町駅のすぐ隣にあり、駅を通過した直後に衝突したと見られます。

通常であればこの区間は時速120キロで走行する場所だということで、高速で走行中にトラックと衝突した可能性があるということです。

警察などが詳しい状況を調べています。京急線は、京急川崎駅と上大岡駅の間の上下線で運転できなくなっています。

しかし事故から1時間ぐらいしてから事故を知り、テレビを見たら、

たまたまチャンネルを替えた先のフジテレビの「バイキング」で速報が入ってて見たんですけど…これはひどすぎる。

スポンサーリンク

快特が全速力で駆け抜けるとこにトラックが踏切を…。

で、記事の続きに戻りますと、

消防 少なくとも34人けが うち1人重傷

消防は、事故の現場でけが人などの状況について説明しました。
それによりますと、午後1時現在で、この事故でけがをした人は少なくとも34人にのぼるということです。

このうち男性1人が重傷、2人が中等症だということです。このほか31人は軽傷だということです。

京急“トラックは列車の進行方向左側から進入か”

京急によりますと、衝突事故が起きた場所は、神奈川新町駅と仲木戸駅の間の踏切で、神奈川新町駅を出てすぐの踏切だということです。

また、現場は直線で見通しはいいということです。

会社によりますと、横浜方面に向かって進んでいた8両編成の快特列車が神奈川新町を通過した直後に衝突したということで、進行方向から見て左側からトラックが進入してきたと見られるということです。
ツイッターには、現場に居合わせた人が撮影したとみられる写真が投稿されています。

5日正午すぎに投稿された写真では、車両が大きく横に傾き、窓ガラスが割れている様子が確認できます。また、車両から白っぽい煙があがっている様子も確認できます。

線路脇の道路には、複数の人が集まり、現場の様子を見ている様子も映っています。

写真とともに、ツイッターには「すごい轟音(ごうおん)で起きた事故を目撃した」と書き込みがされています。

あのあたりは、京急鶴見のあたりでちょっと緩いカーブがあるぐらいで、基本的には京急川崎から横浜までは直線ぎみの見通しがよいとこなんですね。

私自身、当時は蒲田(正確には隣の糀谷駅の方が近いです)に母方の祖母が健在で、東急東横線の妙蓮寺で苦学生をしてた私はよく晩飯をご馳走になりに行ってました。本当にお金がない時は東急で蒲田まで行って、そこから30分ぐらい歩いたりもしてましたけど…。で、その帰りにお小遣いをよく貰ってたんで、川崎から快速特急に乗り換えて1駅、横浜まで…という感じで乗ってました。あ、あの当時はまだ東急東横線が地下に入っておらず、京急・JR・東急…と隣通しにホームと連絡改札口があった時代でしたね。懐かしい(苦笑)

で、衝突した電車は「快速特急」。京急川崎から横浜までノンストップで、ちょうど右側にJRの東海道線などが走っていて、私が横浜に住んでた頃(1994-5年あたり)は、オール2階建ての「快速アクティー」という熱海行きの東海道線の快速列車と競り合うように120キロぐらいの速度で「かっ飛ばす」エリアでもありました。で、オール2階建てのアクティは随分前になくなっちゃったんですけど(その車両が今では「ホリデー快速ビューやまなし」号で使われていて、私自身時折、甲府にサッカー観戦行く際に乗ってるんですけどね(苦笑))、おそらくスピードとかは今も変わらないんでしょうね。

なので通過する神奈川新町なんかは快速特急はほぼ最高速度に近いスピードで通過する駅で、ここを出て次の仲木戸や神奈川のあたりから減速して滑り込むように横浜駅に入っていく…のをよく覚えてるんで、そんな場所でトラックが不注意にも踏切を突破して接触・衝突してくればただで済むわきゃないわな、と思うと、誤解を恐れずに書けば「よく多数の死亡者を出さずに済んだな」と本気で考えるぐらいですね。

本当に一歩間違えれば、10数年前の福知山線の事故の再来になってもおかしくはない、住宅密集地で脱線して沿線の住宅や工場などに突っ込んでも不思議ではないシチュエーションですからね。しかしさすがにこれは電車側は防ぎようがないですわ。トラックがなんで踏切を警報を無視して突っ込んできたのかもわからんですし。何より怪我された方(およびPTSDなどの精神的ショックを受けた方など)の一日も早いご快復を祈る次第です。