自民党総裁選の安倍総理陣営で「カツカレー食い逃げ」事件が勃発、と(爆)

投票前のカツカレー「4人が食い逃げ」 安倍陣営嘆く(朝日新聞)

まあたぶん朝日新聞の「ネタ」ではあるんだろうけど…これからお昼にカレー食べようと思ってただけに思わず「ぷっ」と(爆)

カツカレーを食い逃げしたのはだれだ?――。自民党総裁選で安倍晋三首相(党総裁)の陣営が投開票直前に振る舞ったカツカレーを食べながら、実際に首相には投票しなかった議員がいるのではないか。首相陣営がこんな話題で持ちきりになっている。

 首相陣営は20日昼、東京都内のホテルで「必勝出陣の会」を開催。首相も出席して結束を確認した。首相を支持する衆参議員用に験担ぎのカツカレーが333食分振る舞われ、完食された。業界団体関係者ら議員以外の出席者用には別途、カレーが準備されていたという。

 ところが、実際に首相が得た議員票は329票。少なくとも4人がカレーを食べながら首相には投票しなかった計算になる。陣営幹部は嘆く。「カレーを食べて首相に投票しなかった議員がいる。一体だれなんだ」

いやいや、議員以外の出席者にもカレーだけぢゃなくてトッピングでカツぐらい振る舞ってやれよ(失笑)。

スポンサーリンク

食い物の恨みは恐ろしい、とはいいますが(^_^;)

で、気になったのは、総裁選の「相手」だった石破氏の陣営は何を食らったのかな、と気になったんで調べてみたら、

石破氏、全員でカツカレー 総裁選投開票を前に(日刊スポーツ)

こっちもカツカレーかいw

自民党の石破茂元幹事長は20日昼、総裁選投開票を前に、支持者の集会を開き、全員でカツカレーを食べた。集会には「圧力問題」が浮上した斎藤健農相を含め、支持する議員が出席した。石破氏は「この戦いは、一切の私利私欲を捨てて、日本国のために自民党いかにあるべきか、党員、国民に訴える戦いであったと思っている」とあいさつし、支えてくれた同志をねぎらった。

まだ、結果は分かっていないが、石破氏は「自民党は闊達(かったつ)な議論のある党でなくてはなりません。私利私欲ではなく国家のために自民党のために、次の時代のために、政治家は己を捨てて国民の声に忠実であらねばならない」と訴えた。

海自のさまざまな艦船のカレーを研究するなど、カレー好きで知られる石破氏。カツカレーを食べる際には笑顔もみられた。

しかしまー、安倍総理陣営のカレー。ホテルで出される(もしくはそこそこいいレストラン等からケータリングで饗される)カレーゆえに、フツーにお昼で食べても安くても2000-3000円ぐらいはする代物なんだろうが(そしてそこを能無しな野党連中が予算委員会あたりで突っつくのがお約束なんでしょうw)、仮に「票を入れなかった4人」が判明しても、ロコツにそこの派閥から大臣を出さないみたいなセコい真似をしそうで怖いわあ。とても近年(もっといえば戦後からトータルで)稀に見る長期政権を担当してる総理大臣とは思えない懐の小ささ、みたいな。

もっとも「食い物の恨みは恐ろしい」っていうし、かといって票を入れなかった4人からすればカレーに手を付けないとそれはそれであっさり見破られる可能性は高いだけに。意外に二階幹事長あたりが執拗に調べさせられたりしてな「首相案件」として(意味不明)。

…なお、私はこれからお昼にカレーを食べるんですけど、残念ながら(?)自宅にカツはないので、プレーン(?)のカレーを(以下略)

↑最近、もっぱらこれにハマってますなー。
▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ