いやー、本当に高校野球は監督が替わるだけで一変するもんなんだな…。

【高校野球】秀岳館が熊本工にコールド負け 3回戦敗退、3年連続甲子園ならず(フルカウント)

今年は各地の大会で甲子園常連校やAシードの高校がかなり早い段階で敗退し「トーナメント、怖いわー」って感じで見てたんですが、2年連続甲子園に出てた秀岳館までコールド負けするとはねえ…。

波乱の熊本大会、シード校8校のうち6校が既に敗退

 第100回全国高等学校野球選手権の熊本大会で、昨夏まで2年連続で夏の甲子園に出場していた秀岳館が3回戦で姿を消し、3年連続での甲子園出場の夢が絶たれた。

 夏20回、春21回の甲子園出場を誇る熊本工と対戦した秀岳館。初回に守備の乱れが重なっていきなり4点を失うと、4回に大量5点を奪われて、序盤だけで8点のビハインドを背負った。打線は熊本工先発の林の前に1回に1点、4回に1点、6回に1点ずつを奪うのがやっと。3-10の7回コールドで敗れた。

 2014年から監督を務め、2016年の選抜から4季連続で甲子園に導いた鍛治舎巧監督が昨季限りで退任。久木田拡吉監督が復帰し新体制で臨んだが、まさかのコールド負けで3回戦敗退。熊本では春の県大会優勝の文徳、準優勝の九州学院が既に敗退するなど、シード校8校のうち、これで6校が敗退となった。

しかしシードされた8校のうち6校が3回戦以内に消えるとは。もっとも熊本は3回戦に勝つとベスト8らしいんで、千葉や東京、神奈川みたいに4-5回戦を勝ってやっとベスト8、ベスト16…みたいなことはないんですけど(ま、千葉や神奈川などの100数十校出てるとこは、今年は記念大会で2地区に分かれて開催してるからもうちょっとトーナメントの勝ち上がりも楽なんでしょうけどね)。

それとやはり「そんなもんなんだな」と思うのは、監督がひとり替わるだけでガラリとチームが変わってしまうという点ですかね。特に「プロのような指導者を雇える」私立高校なんかは特に。公立高校だったら監督も公立の高校の教師で「教師としての転勤」もあるからそこまで極端に変わることはないんでしょうけど(ただし教え方や方針などで、いい指導者→ダメな指導者に変わったらそれなりに(苦笑))。

スポンサーリンク

その秀岳館の前の監督さんは県立岐阜商の監督に…。

で、秀岳館の鍛冶屋監督はどこの高校の監督になったんだろう…と思ったら、

【岐阜】県岐阜商―大垣西戦の誤審で球審が「ごめんなさい」(スポーツ報知)

県立岐阜商の監督をやってたんですね。しかもこういう「珍事(?)」でスポーツ記事のニュースになってるとは(苦笑)

◆第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会 ▽2回戦 県岐阜商―大垣西(16日・大野レインボースタジアム)

 岐阜大会2回戦の県岐阜商―大垣西戦で、球審が誤審を認めて判定が覆り、場内に謝罪する一幕があった。

 4―3と県岐商1点リードで迎えた3回2死二、三塁。8番・市川幹也中堅手(3年)の打球は、一塁への低いライナー。大垣西の一塁手はノーバウンドでの捕球をアピールし、一塁ベースを踏まずにベンチへ戻ろうとした。

 だが、打球を後ろから見ていた一塁塁審は、両手を広げてセーフとし「ワンバウンド捕球」の判定。これを前方から打球を見ていた球審が「アウト」と判定し、球場は騒然となった。

 県岐阜商・鍛治舎監督らの抗議を選手が伝え、試合は一時中断。協議の結果「ワンバウンド捕球」の判定に覆り、県岐阜商に貴重な5点目が加わった。

 球審は「一塁塁審が『フェア』と言ったのを『アウト』と聞き間違えて『アウト』とジャッジしてしまった。ごめんなさい」と場内説明で謝罪。手を耳に当てて聞いていた鍛治舎監督は、帽子を取り一礼し、試合が再開した。

いやまあ、高校野球の審判の皆さんはプロではなく、本業の傍らいろいろな研修やら経験を積んで今に至ってるわけで、ミスはよくないんだけど、こういうちゃんと「ごめんなさい」と場内説明の際に謝ってくれるのと、監督も「いいよいいよ」と帽子をとって一礼して一応の決着を見せてくれるのは「ああ、いい光景だなあ」と思いますね。

まあプロ野球の審判もなかなかアレな人はいますが、サッカーのJリーグなんかは明らかに誤審してもそんなもん知らねえよ、みたいな輩が何人も(以下略)

で、確か秀岳館の監督をやってた頃の鍛冶屋監督って、大阪のボーイズリーグ(「オール枚方ボーイズ」という名前だったような)のチームから有望な選手を九州に呼んで、そこで片っ端から鍛え上げてチームを強くしていったのがある種物議を醸したことがありましたが、あれは私立高校だから特待生だの野球部の寮に入れて全部面倒見たりとかできる「芸当」だと思うんですが、鍛冶屋氏が現在監督をやっている県岐阜商はあくまでも公立の高校ゆえに。

ここの高校は昔から甲子園常連校で、数々のプロ野球の名選手を輩出したことがある名門校とはいえ、ここらへんはどうしてるんだろうね(ちなみに鍛冶屋監督の母校なんだそうです<県岐阜商)。それにしても今年いきなり県岐阜商を甲子園まで導いたとしたら、やっぱしこの監督はすごいなーと思うんでしょうね。まだ2回戦ゆえにどうなるかはわかりませんけど。

しかしまー球審と一塁審判が同時に正反対の判定をすりゃびっくりしますわ。監督も選手も見てる人達も(苦笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ