サッカーの試合でカミソリ持参して斬りつけた馬鹿、勿論「永久追放処分」に(呆)。

「永久追放」が決定! 選手が隠し持ったカミソリ刃で相手攻撃、試合で前代未聞の事件(Football ZONE)

先日記事で紹介した「試合に堂々とカミソリ刃を持ち込んで対戦相手怪我させた馬鹿」は、当然のことながら「永久追放」されることになったそーです。ま、あたりまえだろうな。プロレスの凶器攻撃ぢゃねえんだから(呆)

トルコ3部でアメドスポルの33歳MFカラールが相手選手を切り付ける事件が発生

 3月2日に行われたトルコ3部リーグ第24節アメドスポル対サカリヤスポル戦で、アメドスポルのトルコ人選手がキックオフ直前に隠し持っていたカミソリの刃で相手選手たちの首や腕などを切りつける衝撃の事件が発生し、当該選手の「永久追放」が正式決定した。

 驚くべき事件は、アメドスポルの33歳MFマンスール・カラールが手にカミソリの刃を隠し持っていたことに端を発する。

 両軍が試合前に整列した際にすでに忍ばせていたとみられ、整列後にサカリヤスポルのDFフェルハット・ヤズガンの背後を通り過ぎる際、カラールは相手の臀部付近に手を押し当てる仕草を見せ、ヤズガンは驚いた反応を見せていた。また両軍の選手が入り乱れたなか、カラールがヤズガンの首に手を添えた際に切りつけたようだ。報道では、他の選手の腕や顔などにも傷をつけたと伝えられている。

 トルコのテレビ局「Aハベル」は「トルコのプロサッカー懲戒委員会は、対戦相手に対する攻撃を見せたマンスール・カラールを永久追放」と伝えている。またメキシコメディア「Aristegui Noticias」は「人生を懸けたカット」と報じている。

 被害を受けた選手たちが切り付けられた患部の写真を公開して注目を集めた事件は物議を醸していたが、カラールの行為は大きな代償を支払う形となったようだ。

本当に馬鹿だな、こいつ。整列時に事前にチェックしなかった審判団もどうかと思うけど。

スポンサーリンク

「人生を懸けたカット」とはまた皮肉な見出しだわw

しかしだな、

改めて思うにこいつの意図がよくわかんない…。

あれか?トルコの3部リーグじゃ、サッカーの給料だけじゃ生活できないからこの33歳、別にサッカーなんかいつ辞めても「本業」の方で食っていく目処がついたんじゃねえの?としか思えないわ。で、こいつの次のセカンドキャリア…というか実は「本業」が、常日頃からカミソリを使う床屋だったらもう笑うしかねえけどな…「人生を懸けたカットの後は、お客様のひげをカット」とかで(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ