はくばくの「十六穀ごはん」を炊いて食べたら、お赤飯みたいで美味でした(笑)

数日前に食料品の買い出しに近所の西友に行った折に、「やはりはくばく商品といえば「十六穀ごはん」は試してみたいねえ」なんて思ってたらこんな1回分の商品が売っておりまして(笑)

スポンサーリンク

いつもおなじみ(?)の西友福生店は工事中…。

いつもの西友に行きますと、

あれ、工事が始まってるぞ…と。黒い膜に覆われておりまして、

バス停も移動するようでした。

でも「営業中」という看板も(苦笑)

「もち麦ごはん」のすぐ横に売ってました。

で、いつもの穀物コーナーへ。

去年来、売り切れが多かったはくばくの「もち麦ごはん」もフツーに買えるようになりました。ヴァンフォーレ甲府サポとしてはもっとも食べてるはくばくさんの商品なので、まことにご同慶の至り(笑)。

で、その隣で売っていたのが、

こーんな感じで吊るされていた、

同じはくばくの「十六穀ごはん」でした。

ま、実は以前から「どんな味がするんだろう」と買おうかなあどうしようかなあ、もし口に合わなかったら丸々残りが無駄になるしなあ…と思ってたんですが、こんな1回分のが売ってるなんて。わかってるなあ、はくばくさん(苦笑)

で、パッケージの見た目がお赤飯に似てたので「もし塩っ気が欲しくなったら」と、ふりかけコーナーで永谷園の「ごましお」も買いました。

ちょうど金曜日のお昼は一人だったので…。

祝日を除く毎週金曜日は、息子が療育センターでの「ちゅーりっぷクラス」という保育園と幼稚園を足したような母子クラスがありまして、私は午前中に妻子を隣町の療育センターまで送迎しまして、帰宅して所用をこなしてました。

で、さっそくお昼に…、

約1.8合のごはんに(本当は2-3合で1袋だったんですけど)1袋まるまる入れまして、フツーの炊飯してみました。確かにお赤飯と似たような色、そして味見をしてみるとそんな感じなごはんになってました。

そこに、

冷凍食品のシャケとささみのチーズ入りフライを2つずつチンして、更に賞味期限切れぎりぎりの卵が1つ残ってたのでソーセージと一緒に目玉焼きを作ってみました。ついでに書くと、お味噌汁はお湯を注ぐとできる120円ぐらいのレトルトのお味噌汁でしたが(笑)

ちょっと硬めのご飯が好きなので私が作ってみた結果はこんな感じ。うちの実家はやたらと親戚からもち米を貰うたびにこんな薄色のお赤飯を作ってたので、「ああ、やっぱしお赤飯に近いのか」と、なぜかひとりで納得してました。

個人的にはごましおがあると嬉しい(苦笑)

ただ、食べてみるとやはり塩っ気がちょっと足りない。なので、

一緒に買った「ごましお」をかけまして、

こんな感じで食べてました。実際は2杯ぐらい炊いたのでおかわりもしてたんですが…私はこういう味が好きだなあって感じでしたね。一言で言えば「モチモチ感が少々少ないお赤飯」のような感じでした。ただ、噛めば噛むほど味わいが深くて、最終的にはおかずを平らげて、ごましお入りのごはんとお味噌汁だけになってしまったんですが…それだけでもかなりおいしく食べられました。

ただ赤飯が嫌いな妻はがっかりしてましたが(汗)

で、お昼ごはんを食べ終えて少し所用をこなした後に妻子を迎えに行きまして、その帰りの車で「十六穀ごはん」の話をしたんですが、「どんな味だったー?」って気になってたようで、「うーん、お赤飯に近かったかな。小豆みたいなの入ってたし」というと、「えー。あたし小豆がダメだからお赤飯もダメなのにー」とちょっと悔しがってましたね。

うちの妻は甘いものは大好きなんですが、一方であんことかは小豆がダメで(特に炊くにおいがダメなんだそうで)全く食べられないのです。でも「先に食べてもらってよかった。予備知識無しで炊かれてご飯の場で気づくよりかはましだもん」とも言ってましたけどね(苦笑)

ま、そういうわけで今後もし私が食べる時は「妻が不在のお昼ごはん」ということになりそうです。個人的にははくばくさんの商品を(はくばくがメインスポンサーをしている)ヴァンフォーレ甲府の間接的な応援として買うつもりなのは変わりないので、またひとつおいしいバリエーションが増えたなあと喜んでいたところでした。

今度は鰆の西京焼きとかで試してみたいもんです。セブンイレブンに売ってるやつとかで…。

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ