「相方」の保釈報道に「えー?!死刑じゃないの?」と、石野卓球氏が(苦笑)

石野卓球「えー!?死刑じゃないの?」とつぶやき(日刊スポーツ)

ピエール瀧容疑者の一件で「最も被害を被った」人物なのに、

このリアクションが好きだわ(笑)

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴されたミュージシャン、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)について、電気グルーヴの相方の石野卓球(51)が4日、「えー!?死刑じゃないの?」とツイッターでつぶやいた。

この日、朝に「あ、さっき、今日、瀧保釈へってラジオ第二で言ってましたよ」というツイートに対してリツイートした。この後、東京地裁が保釈を認めた。

つーか、「ラジオ第二で言ってた」って何だよ(笑)。教育番組か気象通報しかやってねえじゃん、NHKのラジオ第二は(爆)

しかしこの石野卓球氏も、なんだか知らねえが一知半解のバカどもから「相方の不祥事の説明責任」とか求められちゃって…単なる「ビジネスパートナー」でプライベートなんか知らねえよって関係かもしれないじゃん(漫才コンビでも不仲な奴らは少なくないのに…)。「俺はあいつの保護者じゃねえよ」で一蹴って感じでしょうな。

スポンサーリンク

三田佳子の次男みたいにならなきゃいいや(爆)

ピエール瀧被告、保釈決定=麻薬取締法違反罪-東京地裁(時事通信)

しかしあの逮捕報道の衝撃は半端なかったっすわ…あれからもう3週間ぐらい経過するんだな。

ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名瀧正則)被告(51)について、東京地裁は4日、保証金400万円で保釈を認める決定をした。

 同被告はコカインを使用したとして、東京地検に麻薬取締法違反罪で起訴され、3日に弁護人が保釈請求していた。

 起訴状などによると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンション一室でコカインを吸引し、使用したとされる。自宅とは別に借りていたマンションという。

結局、

ピエール瀧氏がレギュラーで出てたTBSラジオの「たまむすび」の木曜日は他の曜日のレギュラーの人が交代で出演するようになり、今日は(金曜日に玉袋筋太郎氏とコンビを組んでいる)外山惠理アナが赤尾珠緒アナと女子会のように楽しそうに喋ってましたけどね。でもまあ、3月13日の「水曜たまむすび」で、泣きながらピエール瀧氏のことを喋ってた赤江アナは忘れられないなあ。そして赤江アナをうまくフォローしてた博多大吉先生も。

しかし果たして、ピエール瀧という人にどんぐらい各方面から「損害賠償請求」がやってくるんだか。あれだけ俳優とかタレントとかCMも手広くやってた人なだけに。

さらにいえば日本の司法はどんだけ薬物ジャンキーでも「捕まったのが最初=初犯」になるから、初犯では執行猶予判決が出るぐらいの「甘い」司法判断しかしない・できないのはこれまでの著名人の薬物汚染問題でも明らかなわけで(強いて言えば、仲間を庇って初犯で実刑判決を受けた元野球選手の江夏豊氏がレアケースだったという話で…)、あとは自分らでダルクに入るなり、病院に入院するなりと自己責任でなんとかせい、というお国柄ゆえに。

まあそれ以前に薬物を売る側がピエール瀧という「上客」を簡単に手放さないと思うし(一方でカネがないのに売りに来る馬鹿もいないから、そこは「金の切れ目が縁の切れ目」という話もあるんですが(苦笑))、そこは自分との熾烈な戦いも始まっていくんだろうねえ。まあ清水健太郎・田代まさし・三田佳子の次男みたいに前科を増やすだけ増やして「晩節を汚させない」ようになんとかしやがれ…って感じなのかなあ。

で、夕方に湾岸警察署の正面に保釈されたピエール瀧が出てきて、酒井法子やASKAん時みたいに一礼をするか頭を下げてから立ち去る彼をマスコミ各社はヘリコプターまで使って追いかけ回すんでしょう?…そういう「儀式」は元号も変わるわけだし前時代の慣例に過ぎないからもういらねえんで、法務省か東京拘置所に雪隠詰めされてるカルロス・ゴーンでも追っかけてろって思うわ。

あ、ピエール瀧もゴーンみたいに「変装」して湾岸警察署から出てくる可能性は(←ないわw)

 

ミュージック・マガジン 2019年 2月号
ミュージック・マガジン (2019-01-19)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ