で、スギ薬局側は「女性秘書が勝手にやった事」と言い訳にもならぬ事を強弁し(失笑)

「会長は接種を希望しておりません」 スギHDがおわび(朝日新聞)

さきほどの記事の続きとなるわけですが…。

スギ薬局「西尾市よ、うちの会長夫妻に最優先的でワクチン接種をしてくれ」と。

2021年5月11日

いやあ「会長は知りませんでした。秘書が勝手にやりました」なんてこんな言い訳、世間が「はい、そうですね」って信用すると思うか、フツー?

高齢者向けのワクチン接種の予約枠をめぐり、愛知県西尾市が、スギ薬局などを展開するドラッグストア大手「スギホールディングス(HD)」の杉浦広一会長(70)と昭子相談役(67)夫妻に優先的に便宜を図った問題で、スギHDはおわびのコメントを発表した。主な内容は次の通り。

 会長杉浦広一および相談役昭子へのコロナワクチンの優先的接種を西尾市様に依頼したことにつきまして、ワクチン接種をお待ちの西尾市の方々はじめ、全国の皆さまにとって不快な行為であったこと、日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くおわび申し上げます。

 今回の案件に至った背景として、当社相談役が肺がんを患い大きな手術を経験しており、一日も早いワクチン接種をとおもんぱかった当社秘書が西尾市役所様にお問い合わせをさせていただいたことに端を発します。その使命感ゆえに何度かお問い合わせを繰り返ししたことについてご迷惑をおかけしたと考えております。

 また会長杉浦自身は過去にアナフィラキシーショックを経験しており、ワクチン接種を希望しておりません。

 このような事態を引き起こしたことを深く反省し、ちょうだいいたしました、多くのご意見・ご指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後このようなことがなきよう努めてまいります。

だそうです。いかにも「とってつけた」ような言い訳だなあ。

スポンサーリンク

まあ言い訳は「もっとうまく丁寧」につかないとダメだね(失笑)

で、そんな会長に「忖度」した女性秘書はどういう事をやってたのか、といいますと、

ワクチン接種予約の優先確保、スギHDから依頼「断っても何度も」 愛知県西尾市の中村市長が謝罪(東京新聞)

そんなプレスリリースの言うとこの「アナフィラキシーショック持ちの会長および夫人」の為に、10数回も電話しまくった女性秘書が、会長の意向すら確認もしてないただのマヌケって事になっちゃうじゃないですか(失笑)

スギ薬局を展開するスギホールディングス(HD、愛知県大府市)の創業者で、愛知県西尾市在住の杉浦広一会長(70)と妻の昭子相談役(67)が優先的に新型コロナウイルスのワクチン接種をできるよう、西尾市が便宜を図った問題で、スギHDと市側の電話でのやりとりは計10回程度に上ったことが分かった。西尾市の担当部長は11日の記者会見で「断っても、何度も(依頼の電話が)来る状態。どうしようもなく副市長に相談した」と述べた。

 会見で中村健市長は「通常の働きかけというより、より強い圧力、プレッシャーと認識して、現場は対応したようだ」と語った。「接種枠の取り扱いで公平性を欠き、市民からの信用を著しく損ねた。弁解の余地はない」と謝罪した。

まあ単純に考えれば、「ウソはもうちょっとうまくつけ」ってツッコミを禁じえない駄文をプレスリリースとして「慌てて」出しちゃったってことになるんですけどね。

で、東海テレビの記事では、「予約が取り消された際、夫妻は集団接種会場に向かって移動中でしたって事になってるんだけどねえ。おかしいなあ、なんで「アナフィラキシーショック持ちで、摂取を希望してない会長」がわざわざ集団接種会場まで移動する必要があるんだろうなあ(失笑)。

結局、これで株価を更に大きく下げたりしたら果たしてどういう形で責任を取るんだろうか。たぶんこの女性秘書の「勇み足」に全責任を押し付けて、会長夫妻はのうのうと「被害者ヅラ」していくんだろうけどね。てか、このいかにも慌てて作ったプレスリリース、もうちょっと世間への影響力その他を考えて作ったらどうなんだか。そしてこのプレスリリースの責任を取って、広報担当の社員あたりがまたウソつき会長の為に詰腹を切らされることになるんだろうか。

てか、スギ薬局の会長、蜜蜂小屋の中に全裸のままぶちこんでどんぐらい長生きするか見せてみろ、としか言いようがないわ。そりゃ多額の物心両面の支援をしている(と思われる)西尾市および議会は「白い物を黒」と強弁してそれを黙らせることはできるかもしれないけど、あんたら、西尾市だけでビジネスしてるわけじゃないんでしょう?(皮肉)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ