「アイス喰われてキレて生徒フルボッコ」の柔道部顧問、懲戒免職および全柔連除名処分に。

アイス立腹で暴行の中学指導者、全柔連が除名処分「命を脅かしかねない」(デイリー)

少し前に差し入れされてアイスクリームをこっそり食べちゃった柔道部員を「謝っても許さん」とフルボッコにして逮捕されたという中学教諭がいましたが…、

「アイスを喰われたから生徒を暴行しますた」←実に大人気無い柔道部顧問だ(失笑)

2020年10月13日

アイス喰われてキレて生徒フルボッコの柔道部顧問。過去3回の処分あり、と(呆)

2020年10月13日

あー、全柔連からも除名処分…つまりは「永久追放」ってやつですか。(失笑)

全日本柔道連盟(全柔連)は21日、今年9月に兵庫県宝塚市の中学校で顧問を務めていた柔道部員の男子2人に柔道技をかけて背骨を折るなどの重軽傷を負わせて傷害罪で起訴された男性指導者に対し、同日付で除名処分とすることを理事会で決定した。懲戒処分の中で最も重く、事実上の永久追放となる。指導と称してのものだったが、全柔連は指導上での暴力を禁じており、「これらの行為は命を脅かすものとなりかねない」と悪質性を指摘した。

 この指導者は9月25日、校内の冷凍庫で保管していたアイスを部員の生徒2人が無断で食べたとして立腹。他の柔道部員の目前で柔道の投げ技や寝技を連発して負傷させた。生徒の1人は絞め技で失神した後も平手打ちで無理やりに起こされ技をかけられ続けたといい、胸椎骨折で全治3カ月の重傷。もう1人は首を打撲する軽傷を負った。

 この指導者は傷害罪で起訴されており、兵庫県教育委員会は懲戒免職処分としている。指導者として会員登録していた全柔連としても、当事者へのヒアリング調査を独自で行った上で、除名処分を科すことになった。全柔連の除名処分は、今年2月にわいせつ行為で処分された男性指導者2人に続いてのもので計5人目。

そして全柔連の処分に「先立って」、職場先の教職も懲戒免職処分に…と。

まあ過去に、

「処分は3回で訓告が2回、懲戒が1回。全て2013年、前任地の宝塚市立宝塚中学校での事案。部員の暴言に対し、ビンタをした▽生徒指導上、生徒の胸ぐらをつかんで押した-の2件が訓告。生徒指導中に従わなかったため、顔に頭突きをして生徒の鼻の骨を折った件が減給10分の1(3カ月)の懲戒処分」

…とまあ、数回も似たような暴力事件を起こして処分もされてるし、それでも「懲りずに」こんな事になっちゃったってのは、たぶん懲りない性格なんでしょうね。キレたら何をするかわからんという性格を矯正・コントロールできねえ奴に教壇になんか立ってもらいたくもねえ、という話もあるけども。

スポンサーリンク

で、「教え子からの減刑嘆願書」とかも出るのかな?

しかし今回はある意味で不幸中の幸いだったのは、大怪我を負わされた生徒2人も命までは奪われなかったのと、さっさと警察沙汰にしたもんだから学校および教委の中で「なあなあにされて」、教師も何もお咎めなし…とかにならんかった事ですかね。たぶん教委の体質的にはどこの組織も似たようなもので、正直警察沙汰にされて頭を抱えてるってとこなんでしょうし。

ところでこの柔道部顧問が「指導」した歴代の赴任校の柔道部がどんぐらい強かったのかはさだかではないですが、なまじっか強豪で県大会・全国大会の常連クラスまでになってたら、たぶんOB連中からの「減刑嘆願書」とかも出るかもしれないですね。で、よせばいいのに被害者側の生徒たちに「お前らが勝手にアイスを食べたのが悪いんだろうが」と圧力をかけたり…とかね。ここらへんは何度か転勤で人脈も分断されてる可能性が高いんで一致団結してこの先生を救おうみたいなことにはならないとは思いますが。

しかしこの教師、神戸教育界にさしたる大物のコネもなく、あっさりとクビになって50歳にもなってここで路頭に迷うのか。景気も良くないのに大変だな…完全に自業自得とは言え。これでゆっくりと自宅でアイスクリームでも喰いながら生活の心配でもしてなさいよ、と。誰も差し入れてくれることはないだろうけど(皮肉)。


↑「クビになりそう」というかすでに(以下略)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ