J1の広島対名古屋戦中止の理由が「新型コロナ」だったとは(;゚Д゚)

広島-名古屋戦は中止 名古屋渡辺ら3人の陽性確認(日刊スポーツ)

Twitterでサンフレッチェ広島の公式アカウントで「中止のお知らせ」を見かけた時には「ああ、あちらも大雨でもひどくなったのかな」と思ったんですが。

まさか名古屋側に新型コロナ禍が、とは(大汗)。

Jリーグは26日、同日開催予定だった2020明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島-名古屋グランパス(18時、エディオンスタジアム広島)が中止になると発表した。

名古屋のチーム内にて、新型コロナウイルス感染症の検査で3人が陽性であることが確認された影響という。代替日については決定次第発表する。

Jリーグはこの件で名古屋とこの後、共同会見を開く。

名古屋も26日、前日25日に約60人のPCR検査を実施した結果、MF渡辺柊斗(23)とトップチームスタッフに新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。

25日にはDF宮原和也(24)が今月のJリーグ再開後、選手では初めてとなる陽性反応が出ており、この数日間で3人の感染者が出たことになる。名古屋では6月に、FW金崎夢生とオーストラリア人のGKミッチェル・ランゲラック(ともに31)も感染し、既に完治している。

渡辺は21日以降、体温は36度台だったが、今回の検査で陽性が判明。練習はリハビリのため全て別メニューだった。トップチームスタッフは、宮原も参加した22日大分トリニータ戦の遠征に同行していたが、渡辺とスタッフの2人は、宮原との濃厚接触者には該当しておらず、直近2週間の行動履歴を確認したが、練習参加以外は基本的に渡辺はクラブの選手寮、トップチームスタッフは自宅で生活していたという。

現状2人とも体調に異常はないが、渡辺は選手寮内で隔離、トップチームスタッフは自宅でそれぞれ静養している。2人の濃厚接触者については現在、保健所とともに特定を進めているという。

理論的(?)には、いつもトレーニングや公式戦で帯同している限りに置いては感染リスクは否定できないんでしょうし、現時点では「たまたま」名古屋の選手や関係者が罹患してるだけだと思うんですけども…おそらくJリーグの全チーム、更にプロ野球や大相撲(実際に亡くなった力士もいましたし)などなど、公式戦をやるのは仕方ないけども更に気をつけろよと言うことなんでしょうね。

宮原陽性の名古屋、陰性確定の選手第1陣が広島入り(日刊スポーツ)

で、当然のことながら「遠征」しに来ている名古屋の選手・関係者の皆さんは広島に前泊してた、と。

名古屋グランパスは25日、DF宮原和也(24)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、急きょ選手ら約60人がPCR検査を受けた。

26日にはアウェー、サンフレッチェ広島戦(Eスタ)を控えており、クラブによると最初に陰性が確定した選手ら複数が第1陣として、この日夜に遠征先の広島に到着した。時間が間に合わなかった残りの選手らは、試合当日に広島入りする予定だ。

今季のJリーグ試合開催人数は、新型コロナ感染者が出た場合を想定し、特例でGK1人を含む14人がベンチ入りできれば試合開催可能になる。Jリーグのベンチ入りは18人まで。

試合2日前の正午時点で14人未満の場合は、村井チェアマンが開催可否を判断する。ベンチ入りはPCR検査で陰性と判定されることも条件になっている。

ま、個人的には「よくぞ決断したね」と思いますけどね。無理に強行してもこれはさすがにリスクが高すぎる。

スポンサーリンク

そう考えると阿炎の行為は本当にアホだったとしか。

阿炎が休場 また無自覚行動…外食自粛破り会食 錣山親方謝罪 検査実施へ(スポニチ)

で、こちらは昨日の記事の話の続きになります。感染したわけではない(検査待ちなんでしょうが)んですが、まあ怒られるわな。

幕内の阿炎が会食で休場となった。師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)は、阿炎が数人の客と会食していたことが判明したため、新型コロナウイルス感染の可能性を考慮して休場させたとテレビ中継中に明かした。

 阿炎は26日以降に抗原検査やPCR検査を受ける予定で、結果が判明するまで休場となる。複数の関係者によると部屋の違う休場中の幕下以下の力士も会食に同席しており、協会が事情を聴いている。

 幕内土俵入りに阿炎の姿がなかった。インターネット上では「何が起きたのか」とざわつき始めた。するとNHKのテレビ解説だった錣山親方が放送の中で口を開いた。「数人のお客さまと会食に出たため、大事を取って本日より休場させます」と説明した上で「こういう時期に軽はずみな行動をしてしまった。申し訳ありません」と謝罪した。

 日本相撲協会は7月場所を開催するにあたり32ページに及ぶ「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を制定。13日に発表した。その中に「不要不急の外出を自粛する」と明記されている。錣山親方が阿炎の会食の事実を知ったのはこの日の午後2時ごろ。ガイドラインに反する行為を取った弟子に対し、自らの判断で即座に休場させることを決めた。阿炎は13年夏場所の初土俵から初めての休場となった。

 発熱などの症状はないというが、26日以降に抗原検査やPCR検査を受けるという。結果が判明するまでは休場で、稽古も禁止。自宅隔離の形となる。

 休場に伴い、審判部は取組を編成し直す「割り返し」を実施。朝乃山は8日目に阿炎との対戦が組まれていたが、相手は碧山に変更となった。八角理事長(元横綱・北勝海)は「残念ですよ。協会員一丸となってやっているところで」と嘆いた。一方で芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「さんざん何回もやらかして、世の中がどんな状況か考えてほしい。子供じゃないんだから分かるだろう。みんな我慢しているのに」と怒り心頭だった。

 阿炎は昨年11月の九州場所の前に不適切な動画をSNSに投稿し、厳重注意を受けた。今年2月のSNSに関する研修会では「寝ていたから聞いていない」との発言が問題視され、2度目の厳重注意となった。またしても起きてしまった自覚に欠ける行動は、休場で済むほど軽くはない。

《阿炎の問題行動》
 ▽不適切動画 昨年九州場所の前に、十両・若元春の手足や口などをガムテープで縛った動画を投稿。悪ふざけのつもりだったが、インターネット上で問題視するコメントが広がった。これを機に力士、親方の個人的なSNSが禁止となった。

 ▽不適切発言 今年2月のSNSに関する研修会終了後、感想を求められると「寝ていたから何も聞いていない」などと発言。実際にはちゃんと聞いていたが、報道陣をはぐらかすための言葉が問題になった。

Jリーグやプロ野球も当然リスクは高いんでしょうが、特に大相撲は「基本的には同じ相撲部屋で共同生活」「土俵ひとつしかない稽古場で皆で稽古」「しかも稽古・対戦で必ずぶつかり合う競技」、更に「巨体を活かしてナンボのスポーツなんで生活習慣病持ちの力士が多い」というそもそもの環境が環境なんでリスクは更に極めて高いんでしょうね。勿論かつての舞の海、安馬→日馬富士、最近での炎鵬のような小柄な力士もいなくはないんですけども。

ちなみに個人的には、さすがに外出時はマスクをほぼ着用して、出先で消毒液があれば率先して手につけてますし、帰宅時には手洗い・うがいなどを更に徹底することになりましたね。8月には所属しているクイズサークルの例会が2月末に開催して以来ほぼ半年ぶりに「再開」することになるんですけども、果たしてそん時はどーなってることやら。この4連休は雨模様ってのもあってほとんどお出かけしてない(食料品の買い物程度でしょうかね)んですが。

以上です。