そりゃ学生寮の中で火遊び・ボヤを起こせば退学処分にもなるわな…。

少年を退学処分、友人と火遊びで床焦がし 少年が学園を提訴 さいたま地裁、学園に賠償命令 学園は控訴(埼玉新聞)

さいたま地裁川越支部、めちゃくちゃ甘いわー、例えるならばサッカリンぐらいクソ甘すぎる判決だわ(意味不明)

埼玉県川越市の学校法人秀明学園が運営する秀明中学校に在籍していた少年(16)が寮で火遊びをして退学処分になったのは違法として、少年が学園に約277万円の損害賠償を求めた訴訟で、さいたま地裁川越支部(斎藤憲次裁判長)は「退学処分は裁量権を逸脱し違法」として、学園に約194万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決は13日。学園は控訴している。

 判決文によると、少年は2017年11月、拾ったライターを寮に持ち込み、数人と火遊びし、床を焦がすなどした。学園側は「学校の秩序を乱し、生徒の本分に反した」として同月、少年と友人を退学処分にしていた。

 少年側は「判決では少年の成長ややり直しについて、学校全体の利害を超えて判断していただいた」と話した。学園側は「訴訟については、全て代理人に任せている」としている。

ここで人権屋弁護士大活躍だわ。おそらく「そういうクソ甘い下級審のトンデモ判決をよく出す裁判長」に巡り合わせる為にいろいろと工夫をこらしたんだろうな、裁判官の交代請求とかで…その「時間」が約2年半だったのかな?(失笑)

スポンサーリンク

ま、第2ラウンド(東京高裁)で頑張れ(爆)

個人的には「地方裁判所の裁判官は個性的な奴らが少なくなくて、トンデモ判決を出すやつもこれまた少なくない」って思ってまして、それを思うに「いやー、日本は三審制で良かったな。東京高裁と最高裁で頑張れ」と(^_^;)。

しかしこの論理で行くと、学校は放火されて寮どころか校舎も丸焼けでもしないと生徒を退学にできねえ、って話にもなりかねないな。いや、仮に焦土にされても「それは学校の防火設備に問題があるんでしょう?」「近所の廃校になった小学校の建物でも使えばいいじゃない」とか言ってきそうだし。

そういう意味では裁判所も「退学は無効=復学させろ」ではなく、金銭でカタをつけさせる事にしたのは、「まるっきりクソガキの味方になってるわけ」ではなく、裁量権云々でお茶を濁したのかもしれませんけど…うん、学校側はただちに東京高裁に判断を仰ぐべきでしょうな。どうせこんな頭の悪いクソガキ、何一つ反省してねえし、この親だって「わーい、194万円ももらえるのか。ちょっといい車を買えるわ」ぐらいのレベルだと(以下略)

 

裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)
長嶺 超輝
幻冬舎
売り上げランキング: 277

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ