阪神・マルテ、1試合4失策…って。ん?「敗退行為」してんの?(皮肉)

阪神・マルテまたエラー プロ野球初の1試合4失策、二回にはリーグワースト1回3失策(スポニチ)

たまたま巨人ファンの妻と一緒に晩飯食べながらG+の巨人対阪神戦を見てましたが…「ん、お前わざとやってん?もしかしたら敗退行為?」というぐらいあれはひどかった。

「巨人-阪神」(23日、東京ドーム)

 阪神のジェフリー・マルテ内野手が五回、松原の打球を弾き、この日4つ目の失策。一塁手の1試合4失策はプロ野球史上初。二回には1イニング3失策を犯し、こちらもセ・リーグ一塁野手では史上初。ダブルで不名誉な記録の樹立となった。

 阪神は二回、巨人に3点を先制された。同一野手が1イニングに3失策を犯す珍事。連敗なら優勝が完全に消滅するカード。今季、何度も泣かされている守備のミスから、巨人にリードを許す展開となった。

 この回、1死から先発の西勇が丸に、バックスクリーンに先制アーチを運ばれた。続く若林には左翼線を襲う二塁打。さらに田中俊との対戦だった。一塁前に強い打球が飛んだ。体で止めにいったマルテだが、バウンドが合わず大きくはじいた。捕球後、一塁カバーに入った西勇に背面トスを試みたが、これが大きくそれて若林のホーム生還を許した。

 これでチーム失策は両リーグワーストの77。首位巨人は35で、倍以上の開きが成績にもつながっている。

 その後、西勇は大城にも右前打を浴び、1死一、三塁のピンチ。ここで投手今村が一塁にセーフティスクイズを試みた。焦ったマルテが捕球ミスし、犠打失策で3点目を失った。

 さらに五回、先頭の吉川尚に中前打を浴びると、すかさず二盗を決められる。捕手・梅野の送球が悪送球となって、この試合チームとして今季最多を更新する4つ目の失策。さらに続く松原の打球をマルテが弾き、5つ目の失策を記録した。

いくら西投手がプライベートの方でアレな事をしちゃったからって…。しかしそうでもなきゃフツー、2連続エラーしたとこで阪神の首脳陣は手を打とうとするだろうに。これが巨人だったら原監督が確実に懲罰交代で下手すりゃそのまま荷物片付けて2軍行きを命じてもおかしくないだろうな…と思うほど、西投手に同情を禁じ得ない始末でした。

にしても今年の阪神、あまりにもエラーが多すぎると思ったら両リーグワーストでしたか。もしかしたら某ロッテみたいに阪神も「監督のお気に入りの選手しか使ってない」みたいなぬるま湯体質なチームなのかもしれないな(皮肉)

スポンサーリンク

その後にエラーしてんだから、ちっとも「汚名返上」になってねえ。

阪神マルテ汚名返上弾、セ一塁手初1イニング3失策(日刊スポーツ)

それは「汚名返上」とは言わない。そもそも何点失ってんのよ。

<巨人-阪神>◇23日◇東京ドーム

マルテが4回1死走者なしから、直球を捉えて左翼席へ今季4号ソロを放った。

相手先発今村から、この日チーム初ヒットで初得点。2回にはセ・リーグ初となる1イニング3失策を犯し、守備で足を引っ張る形となったが、汚名返上の1発となった。マルテは「守備で迷惑をかけてしまったから何とかしたいという気持ちで打ったよ。まだまだ自分のミスを取り返せていないからしっかり取り返せるように頑張るよ」と取り返しを宣言。

マルテは7月4日の広島戦(マツダスタジアム)以降、左ふくらはぎの張りで約3カ月1軍を離脱していたが、21日の広島戦(マツダスタジアム)で1軍に復帰。21日が、今季甲子園初打席となったが、先制2ランを放った。

いやいや、汚名返上っていうんだったら取られた点数の倍は打ち返してナンボでしょう。むしろこんなんで在阪マスコミとか阪神ファンが狂喜してたら逆にナメられるよ?てか、ベンチ裏で西投手にぶん殴られててもおかしくないぐらいのていたらくだしな。で、実際は1イニング3エラー→「(マスコミいわく)汚名返上のソロアーチ」→またエラー…って流れですしね。この選手を一塁で起用したのは誰だろう、監督の矢野なんだろうかそれともいつものダメフロントの命令なんだろうか。で、フロントからしても「下手にいい成績だと総年俸でカネがかかりすぎるから、いいとこで負けろ」と、あー、これぞ「敗退行為」か(失笑)

ま、ここから全打席ホームラン打って、それで阪神が大逆転勝ちしたらそう呼んでやれよって言いたいですな。こんな出会い頭の一発ごときで守備のポカミスが帳消しになるんだったら阪神というチームがアホ、ということでしょうな。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ