日ハム・宮西投手を困惑させたのは例のイッツゴーンヌ氏「ではない」のか(苦笑)

日本ハム宮西も困惑 札幌ドームに響いた実況者の声(朝日新聞)

漫画でスポーツ実況のフキダシが始まったのは寺田ヒロオ先生の「スポーツマン金太郎」だったらしい…という話はどこかで聞いたことがあるんですが、あくまでも中継なんかは「主食」ではなく「添え物」なんだし…。

(日本ハム6―2オリックス)

 29日、札幌ドームであったオリックス戦で、日本ハムの中継ぎエース宮西尚生が、バックネット裏席の上段から響くアナウンサーの声が気になり、何度もプレートを外す場面があった。

 この日は、プロ17人目となる通算700試合目の節目の登板。それ以上に2点をリードした八回1死二塁と緊迫した場面だった。宮西によれば、「700試合目の」、「1球目、2球目」など、ほとんどの声が聞こえたという。宮西から状況を聞いた球審が一度、バックネット裏を通じ、日本ハムの球団関係者に伝える場面もあった。

 宮西は試合後、「クレームではないですけど、投球動作に入ったときにね。(声を)小さくしてくれたらなあと。臨場感をリスナーに伝えないといけないのは、僕もパーソナリティーをしたことがあるので分かる。でも、大事な場面だったので」と、申し訳なさそうに言った。数万人が入ったときの球場のざわめきとは違うとも言った。

 実況を巡っては、捕手の構えた位置が筒抜けになっているとして、話題になった。今回ももちろん、実況者にプレーを妨げる意図はない。ただ、あるアナウンサーは「わざと小声で実況することは無理です。また屋外球場よりドームの方が反響する。札幌ドームは中継部屋がないので選手に聞こえやすいかもしれません」と話す。観客が入るようになったとはいえ、声援を送れない静かな球場はこれまで経験したことがなく、選手も慣れていない。コロナ禍の新たな観戦スタイルのなか、実況に気を使う場面が増えている。

いやいや、頭ごなしに「無理」じゃなくて「プレーの邪魔すんな」って事だろうよ<あるアナウンサー。別にお前の怒鳴り声がなくてもラジオ中継は成立するだろ?と。例えばNHK-BSの大リーグ中継なんか映像見ながら喋ってんだから、取材をし終えた後に札幌市街地のラジオ局のスタジオでCSの中継見ながら喋ってればいいんじゃね?別にリポーターを差配してれば、お前が現場にいる必要もねえだろうよ…と極論も書いてみたり(失笑)

スポンサーリンク

ごめん、イッツゴーンヌ氏。あんただと思ってたら違ってたわw

で、てっきり実況と聞いたんで、

日ハム戦中継の「イッツゴーンヌ」でおなじみの(?)実況アナ氏も大変だな…。(2020/04/05付)

「あ、例のイッツゴーンヌの人か?あれもうるせーからなあ。岩本勉とのコンビなんかもう「うるさい」って意味では最悪だろ?」と思ったんですが、

通算700試合登板達成の日本ハム・宮西がラジオ実況と格闘(サンスポ)

ごめーん、イッツゴーンヌ氏。1500%あんただと思ってたわ(爆)。地元の北海道のラジオ局の実況でしたか…。

日本ハム・宮西尚生投手(35)が29日、プロ野球17人目の通算700試合登板を達成し、チームの連勝に貢献した。4-2の八回に登板。1回を1安打無失点でリードを守り「1人ランナーを出して抑えるというのも自分らしい。ほっとした」と喜んだ。

 もっとも、登板途中で球審に異例のリクエスト。「足上げたタイミングで、ラジオの実況の声が耳に入るぐらいデカかったので、さすがに集中力が切れちゃう。実況の人も興奮していたのでしょうが、(気持ち的に)立て直す意味でもお願いしました」と振り返った。このため、数分間、試合は中断した。

 2008年のプロ入りから12年連続で50試合登板を果たし、昨季は2年連続3度目の最優秀中継ぎ投手に輝いた。今季も16試合で8ホールドとタフネスぶりは健在だ。

「ラジオの実況の声が耳に入るぐらいデカかった」ってことでHBCかSTVかNHKか…は知りませんが、そこの実況アナという事に。まあよくよく考えてみれば、東京の文化放送の「ライオンズナイター」だって往年の戸谷真人アナなんかは「なんか大ホームランでも打ったかのような内野フライ」とか珍しくなかったですしねえ。もっとも通常だったらラジオ局のブースなんか防音になってて現場に聞こえることは滅多に無いんだろうしな…。

あ、だからといってCSのイッツゴーンヌ氏はともかく、解説の岩本勉氏はあまりにうるさすぎる。あれはついでに反省しろ(苦笑)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ