「Go Toキャンペーン」。やるなとは言わんがやり方等はもう少し考えろ。

Go Toキャンペーン 専門家の意見踏まえ実施の在り方検討 首相(NHKニュース)

どうも国民的な反発(?)を受けて、延期だがエリア限定だか知らんが「見直し」もするそーですが…しかし安倍内閣、超長期路線で安倍総理一強の割には、二階幹事長だか周りのブレーンがあまりにもアレすぎて(失笑)

今月22日から実施する予定の消費喚起策「Go Toキャンペーン」について、安倍総理大臣は、新型コロナウイルスの感染状況を高い緊張感を持って注視しているとしたうえで、専門家の意見も踏まえて、実施の在り方を検討する考えを示しました。

政府は、消費喚起策「Go Toキャンペーン」の今月22日からの実施を予定していますが、野党側や一部の自治体からは、中止や延期を求める意見が出ているほか、与党内からも感染拡大を懸念する声があがっています。

キャンペーンについて安倍総理大臣は、16日午前、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、「赤羽国土交通大臣から説明しているとおりだが、現在の感染状況を高い緊張感を持って注視している。本日、政府の分科会を開催して、専門家の意見を聴いてみたい」と述べ、専門家の意見も踏まえて、実施の在り方を検討する考えを示しました。

赤羽国土交通相「安全で安心な観光体現を」

観光の需要を喚起しようと今月22日から実施する予定の「Go Toトラベル」について、赤羽国土交通大臣は、福岡県内の豪雨の被害状況を視察したあと久留米市内で記者団の取材に応じ、「東京で感染者の数が増えており、国民の安全と安心が大前提だが、ウィズコロナにおける安全で安心な観光というものを体現するために行う事業でもある」と述べました。

そのうえで、赤羽大臣は「きょう政府の分科会もあり、政府・与党の中でも検討が進められると承知している。どのような形で執行するか最終的には決まっていないのであすの記者会見で説明したい」と述べ、専門家の意見などを踏まえ、キャンペーンをどのように実施していくのか、17日、説明する考えを示しました。

菅官房長官「観光業は厳しい状況と認識」

菅官房長官は、午前の記者会見で「赤羽国土交通大臣から、対象となる宿泊施設で検温を実施するなどの感染防止策をしっかり講じる旨の説明があり、これに沿って、観光庁で各業界とチェック体制などの詳細を検討しているところだ」と述べました。

そのうえで「政府の分科会でも議論されると承知している。各地の感染状況を注視しつつ、感染症の専門家の意見もうかがいながら、適切に対応していきたい」と述べました。

そして、各地の観光関連産業の状況について「たとえば、インバウンドはほぼゼロで、国内の観光業は大変厳しい状況にあると認識している。『Go Toキャンペーン』によって、観光や飲食の支援を行うことで、社会経済を回復させ、各地域が厳しい状況から脱却できればいいと考えている」と述べました。

自民 岸田政調会長「国民の理解 得られる対応を」

自民党の岸田政務調査会長は派閥の会合で「今の状況を見るかぎり、何らかの条件や柔軟な対応を合わせて考えなければ、国民の理解や安心にはつながらないのではないか。キャンペーンは、経済対策と感染症対策を両立させるウィズコロナの取り組みの試金石になる。政府には、しっかりと国民の理解を得られる対応を求めていきたい」と述べました。

記事の全文が意外に長い(この後は石破元幹事長だの立憲民主党の枝野氏などのコメントが続くんスけど)んでここらへんでご勘弁していただきますが…まあ”推して知るべし”ぐらいの事しか言ってないんで割愛しますわ(苦笑)。

スポンサーリンク

超長期政権の割にはブレーンがアホぞろいとしか思えん…。

Go Toトラベル「東京発着旅行は対象外」政府分科会に提案へ(NHKニュース)

速報の黒枠が出てまして、こういう事になりそうです。

赤羽国土交通大臣は、消費喚起策の「GoToキャンペーン」のうち、今月22日から始める予定の「GoToトラベル」について首都圏や関西などで感染者数が再び増加傾向にあることから全国一斉に実施するのではなく東京を発着する旅行は対象外にする案を政府の分科会に提案することを明らかにしました。

それにしてもわからんのは、森友問題や加計学園問題、更に河井元法務大臣夫婦の公選法違反、更にアベノマスクから特別定額給付金までの流れ…などなども含めて、「そんなん言ったもんやったもん勝ちでいいのか?もうちょっと党内調整や勉強会など経て大事な物事って決めないもんなのか?」って非常に強く思うんすけどね。前者は「そんなんやって大丈夫なのか」と、後者は「そんなんで国民が納得すると思ってるのか?」という意味でも。要は「やる中身」と、その中身がいかにグッドアイデアでも「そのタイミング」次第でありがたい施策ですらゴミ政策にもなってしまうというわけなんですね。野球で言えばどんなに豪快なスイングをし、練習では150メートル超の飛距離を誇る名スラッガーだって、タイミングを合わせれずにボールに当たらなければただの「三振王」と野次られるのがオチのような(苦笑)。

で、ここらへんの毎度のパターンとしては、安倍総理もそうなんですが、菅官房長官あたりが記者会見でゴリ押しすればするほど、「ははーん、これは後から修正・撤回されるパターンですな」というダチョウ倶楽部の「押すなよ、絶対に押すなよ」的な前フリにしか見えない点とかも(爆)。

そりゃ例の悪名高き(?)二階幹事長とか、周りの首相補佐官あたりはそれぞれの自分自身や周りの子分たち、そして支持者などに「俺らはしっかり仕事してますよ」と、それが本当に通るか通らんかはわからんけどもそこらへの利益団体や利益を受ける人達へのアピールとして政策案を出したりするのがある意味で「大事なお仕事のひとつ(というかこの為に存在しているという言い方をしても過言ではないです)」なのは「むしろ当然」なんですが、本来はこんなもん、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式で、そこを出入りの各省庁の官僚やその他ベテランの国会議員、大臣クラスの連中が「ちょっと待て。それは無理筋だろ」と反対ないしチェックを入れて、もし法案が通るんだったら「それなりの中身、そしてタイミングで」更に拵えてから国会の各委員会にはかって成立を目指して…になるハズで、そこに総理だってしっかりと目を通さなきゃならんのに、どうも安倍総理は(言葉は悪いんですが)盲判、具体的には「あんた、書類を一切見てないで部下に任せっきりにしてるだろ?」という仕事ぶりにしか見えないんスよねえ。

例えば加計学園問題とかで「首相案件」とよく名前が出てましたけど、今から思えば「あれ、本当に総理が自らゴリ押ししてどーしても通したい案件だったんだろうか」って疑問に思うようにもなりまして。まあ森友学園問題なんかは総理のアッパラパーな奥様も絡んじゃってえらい事になってましたが、あれも実は「総理自身は正直どーでもよく、周りがいろいろなメリットがあるからけしかけて強引に「総理の名のもとに」ゴリ押ししようとした」のがこのていたらくだったんじゃ?とね。勿論、だからといって「総理は悪くない、むしろ被害者」だなんて言うつもりは全く無く、そこに「そのまま可決するといいねー、援護射撃ぐらいはするよ?」という意思は確実にあったでしょう。

ゆえに「お前よー、もうちょっとましなお友達いないの?大臣連中や首相補佐官でロクなヤツいないじゃん」ってその人徳のなさというか、周りに恵まれてないのは明らかに本人のせいなんでしょうけどね。こんだけ毎度毎度、総選挙では300議席以上ゲットして、ゆえに「衆議院議員」だけでも300人以上はいるハズなのに(苦笑)。

でも安倍政権、まだまだ安泰なんでしょう?自民党内も後継者になりそうなタマはいねえみたいだし、野党は野党でアホ揃いで安倍ちゃんに対抗できるようなヤツはいないみたいだし。本当に困ったもんだな。

↑森友学園の理事長夫妻あたりは毎夜、これに五寸釘でも打ってそうな(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ