【プロ野球】それにしても巨人の高橋由伸監督があまりに気の毒過ぎる…。

By: machu.

【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明(スポーツ報知)

こういう「安直な」選択をするんだったら、この時点で2000本安打に100本を切ってた高橋由伸氏と井端弘和氏にあと2年ぐらい現役をやらせてやれよ…って感じ。

巨人の高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することが3日、明らかになった。東京・大手町の球団事務所で山口寿一オーナー(61)が取材に応じ、辞意の申し出を了承したことを明かした。チームはクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残すが、高橋監督は3年契約最終年の今季、優勝争いに絡めなかった責任を痛感。自ら身を引く意思を固めた。後任には原辰徳氏(60)を候補として一本化している模様。4年ぶりに指揮を執ることが有力となった。

 由伸監督が大きな決断を下した。球団事務所で報道陣に囲まれた山口オーナーの口から、衝撃的な言葉が発せられた。「高橋監督から責任を取って辞めたいと話がありました。(指揮した)3年間、優勝から遠ざかっている責任を取りたいという話です」。今季限りで、指揮官がユニホームを脱ぐことを明かした。

 山口オーナーによると、先週、同監督から電話があり、会談を持った席で辞意を伝えられた。チームは3位でのCS進出の可能性を残しており、日本一への道は閉ざされていないが「本人としてはCSに出られるとか、順位が何位になるかではなく、3年間優勝争いに加われなかったことを非常に重く受け止めていた」という。球団側もいったん持ち帰って検討したが、了承するに至ったという。

 15年オフに現役を引退し、監督に就任。指揮官として2年続けて優勝を逃し、今季もゲレーロや野上ら補強組が不発に終わり、9月29日には12年ぶりのシーズン負け越しが決定。指揮官一人の責任とは捉えておらず、同オーナーは「戦力の補強をはじめ、監督に対して十分なバックアップができていなかった。私からは申し訳なく思っていると伝えました」と球団の責任をわびた。その上でフロント体制の見直しにも言及。「GMも含めて、それをどうしていくのかはこれから」と刷新を予告した。

 過渡期のチーム再建を託され、結果を求められつつ、信念を持って若手を積極的に起用。6月から4番に座り続ける岡本を筆頭に、吉川尚、重信らを育て上げた。その手腕を山口オーナーも高く評価。9月12日のオーナー会議後には「十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」と続投に前向きだった。本人の意思が固く、翻意はならなかったが「高橋由伸は、ジャイアンツの宝だと思っています。再びジャイアンツのユニホームを、監督として着てもらうということを願っています」と期待した。

 後任監督には、原氏で一本化していることが本紙の取材で分かった。通算12年で3度の日本一を含む7度リーグ制覇を成し遂げた名将が、高橋監督が芽吹かせたチームを継承する。山口オーナーは後任について「難しい状況で引き受けてもらうことになる。そうすると、やはり経験、実績といったことは必要」と話した理想像とも合致する。

 実現すれば3期目の政権となる。3度、監督に就任するケースは球界でも少ない。この日、都内で取材に応じた原氏は「現時点では何もお話しすることはありません。その言葉しかありません」と話すにとどめた。「新しい体制で今月下旬のドラフト会議には臨みたいと思っている」と同オーナー。早期決定を目指していく。

あの時、原監督が何で辞めたのかは知らんけどさ、原監督、およびナベツネの犬みたいなフロント連中ががあと2-3年ほど我慢してやってればこんなことにはな。

※ちなみに順位的には原監督が2015年に辞めた時は「リーグ3連覇の翌年、2位でクライマックスシリーズに敗退したから勇退した」とのことでした。なんだ今年よりも成績がいいじゃないか。

スポンサーリンク

よほど人材が枯渇してるのか…?

で、高橋由伸氏については、

巨人は新監督を高橋由伸選手に打診するそうで…。(2015/10/20付)

と、選手としての入団会見の異様さを思い出として書いた後に、こんなことも書いてたんですね、私。」

そいつにしても…ロッテで言えば、今年限りで伊東監督が退任して、いきなり福浦和也が「はい、来年からロッテの監督ねー」となるようなもんで。そう考えると「ええー?」「2000本まであと100本切ってるじゃん。現役続けさせてやってくれよー」ってやけにリアルな心配をしちゃいたくなるのがこれまた。

図らずとも、この数年後に、福浦和也ではなく(福浦御大の1学年上の)井口資仁が現役引退して「はい、来年からロッテの監督ねー」って本当にそうなるとはねえ。

しかし思うに、巨人って昔からエース投手もしくは4番打者経験者「しか」監督になれないという慣例があるらしいんですけども、長嶋サンはまだしも、原監督の頃あたりから「次、誰にやらせるつもりなんだろ」という将来の監督構想って話はそんなに考えないチームなんでしょうね。たぶんそれは、球団の上の連中がナベツネの犬のような読売から出向してきた奴らばかりで監督やそのチームの派閥次第では「優勝されちゃうと困る」みたいな輩もいるんでしょう。

それと、FA制度、海外移籍制度ができてから、例えば桑田真澄、松井秀喜、上原浩治、高橋尚成…などなどが移籍してしまったもんだから、監督候補がどんどん減っちゃって、だからこそ原辰徳の後に高橋由伸と、2世代ぐらい一気に監督が替わっちゃって(本当だったら元先発三本柱の斎藤雅樹コーチなんかを挟んでもいいだろうに)、むりやり現役引退させて、たかが3年ちょっと経験させただけで、また原監督に「回帰」させるんかいって感じですわ。そりゃ華があってマスコミ的には見栄えの良い人かもしれないけど…、入団時からいろいろとチーム事情に振り回されてきた高橋由伸氏があまりにも気の毒すぎて。

もし巨人の上の連中に人情ってものがあるんだったら、かつて長嶋茂雄氏が1回目の巨人の監督を解任された後、ロサンゼルス・ドジャースへコーチ研修に行ったように、巨人も提携しているMLBチームへのコーチ研修とか、外遊とか、そういう配慮も必要だと思うけどねえ…。将棋の駒じゃねえんだから。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ