「ゲームは1日1時間、休日は90分までだよ」と、香川県議会が条例案を(爆)

県条例素案にゲーム利用時間制限(NHKニュース)

これを昭和末期に、ファミコンの高橋名人が言うのはまだしも(当時はかなりの影響力がある人だったし、それなりに一応の説得力はあるから)、イチ地方自治体たる「香川県」が言い始めたのが何とも滑稽というかなんつーか。もっと緊急性のあるまともな仕事に優先順位つけてやれよとしか(失笑)

↑あー、カパル氏、あんた埼玉県在住で助かったな(苦笑)

香川県議会が、全国に先駆けて検討しているゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の素案に、高校生以下の子どもを対象にゲームなどを利用する時間を1日あたり平日は60分、休日は90分に制限するなど、具体的な制限が盛り込まれることがわかりました。

県議会は、ゲームやネットの依存症対策を盛り込んだ条例の制定を目指していて、10日、委員会を開いて素案を示します。

関係者によりますと、素案にはゲームの利用などについて、高校生以下の子どもを対象に1日あたり平日は60分、休日は90分に制限するとともに、夜間の利用は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、制限することが盛り込まれるということです。

こうした制限には、いずれも罰則規定はありませんが、子どもたちに守らせることを保護者や学校の「責務」として明記するということです。

県議会は、10日開く委員会で素案を協議したあと、県民からパブリックコメントを募ったうえで、来月開く定例の本会議に条例案を提出する方針です。

県によりますと、成立すれば都道府県の条例としては、全国で初めてのゲーム依存症に特化した条例になるということで、ゲームの利用時間を条例で制限することの是非や実効性が問われることになりそうです。

ま、あくまでも「条例“案”を出すネタがあるんすけどのレベルなんですけどね。

スポンサーリンク

で、香川県議やお役人たちはどんだけ「今のゲーム」をご存知で?

しかしこれ。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式の条例案のひとつ…に過ぎないんだけど、なんつーか「本気でそれ、考えてやってんの?」ぐらいの眉唾的な感じにしか思えないのがねえ。

さすがに条例ごときで警察とか町内会(戦前期でいえば隣組とかか)が、わざわざパトロールして家庭に介入して…みたいな「くだらない」事はないとは思う(=警察もそこまでヒマではないから。町内会は知らないけど)とはいえ、

もっと大事な決めることはいっぱいあんだろ?

とは強くツッコミを禁じえないなあ。誤解を恐れずに言えば「子供を舐めんな。そこらへんのダメな大人の方をなんとかしろ」とね。

でもこういう条例案が出る「空気・素地」としては、たぶん香川県議とかお役人の連中はほぼ確実に「今、どういうゲーム(それはテレビゲーム、パソコンゲームを問わないです)が流行っていて、実際に対象となる世代の子たちはどういうゲームをどのような時間を使ってやってるのか」…は絶対に知らないと思うんですよね。もっと言えば「ゲームなんかロクなもんじゃないです。とりあえずやっつけ仕事でやっちまえ」と。…まあお前ら県議やお役人になった連中が子供・学生の頃に大ヒットした(おおよそ昭和50年代の中・後期の)ゲームセンターや喫茶店でのインベーダーゲームとかファミコン(しかもシンプルな「マリオブラザーズ」ぐらいの)程度の認識でやってるとそのギャップに後で苦しむことになるぞ?とも書いておこうかな。

しかし昭和30年代に手塚治虫先生の作品をして「悪書」とか言って焚書にした教育人や文化人がいたそうですが、人間は世代的にしか生きられないというか。

個人的には往々にして「最近・今時の若いものは」「若者の××離れ」とか言い始めたらもう人間オシマイだと思ってますので、他の46都道府県はこんな「安直な」楽なお仕事に追随しないことを心から祈ってますわ。だったらパチンコとか公営ギャンブル、更にIRなどのカジノ施設設置案とかに対しての「大人向けの」ギャンブル依存症対策もしっかりしろや。ダメな大人が多いからこそ、子供に影響するっていうシンプルな話に目を背けるなや。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ