っかし巨人、同姓同名の「坂本勇人」選手を育成6位で指名するとは…(^_^;)

巨人育成6位で坂本勇人を指名 本家と同姓同名(日刊スポーツ)

Twitterでドラフト指名状況を時折チェックしながら野暮用をこなしていたら…、

「ん、巨人、坂本勇人を指名??ちょっと何言ってるのかわかんないとサンドウィッチマン富澤氏のようなツッコミを禁じ得ず(爆)

<プロ野球ドラフト会議>◇26日

唐津商(佐賀)坂本勇人捕手は巨人が育成6位指名し交渉権を確定した。

甲子園出場なし。独自大会で本塁打を放つなど通算本塁打は練習試合を含めて16発。9月26日にプロ志望届を提出し、巨人でプレーする坂本勇人内野手と同姓同名で話題を集めていた。

中継では、阿部2軍監督や二岡3軍監督が指名の前後に笑顔を見せる場面も。今後、登録名などが注目されそうだ。

巨人は他にも、育成1位で岡本大翔内野手(米子東高)、育成8位で阿部剣友投手(札幌大谷高)を指名。大物たちと同じ名字や名前のルーキーは、「本家」を超える存在となるか。

◆同姓同名選手 巨人が育成ドラフト6位で唐津商・坂本勇人捕手を指名。坂本勇人内野手と同姓同名選手になる。過去には71、72年西鉄の高橋明(投手と外野手)、82年阪神の佐藤文男(ともに投手)、86~89年日本ハムの田中幸雄(投手と内野手)の例があり、田中は190センチの投手が「オオユキ」、184センチの内野手は「コユキ」の愛称で呼ばれていた。

っかし、同じ野球界に同姓同名がいたんだな…。

スポンサーリンク

ポジションが違うだけに両者揃い踏みもあるかもしれない(笑)

昔だと、記事にも書いてあるように日ハムに「田中幸雄」選手がふたりいた時代はよく覚えてますね。しかしその前にもいたんだな、おい(苦笑)。それにしても読み方が同じとかではなく、漢字表記まで同じとは。

ただ、巨人も最近は3軍を置いてしっかりと自前で鍛え上げるようになったんでもしかしたらポジションもかぶってないし、本人の頑張り次第では捕手と遊撃手の「坂本勇人」選手が揃い踏みする日が来るかもしれないですね。願わくば育成デビューだし、背番号も「106」とか「206」みたいな6にちなんだ数字にして、支配下登録されたら先輩の坂本選手の「6」にちなんで「66」とかにしたら話題にもなるし本人も励みになるんじゃないのかなあ、と。

で、ドラフトに指名された本人に聞いてみたいですね、「巨人が指名してくると思ってましたか?」と。先輩同様、猛練習で鍛え上げられて「坂本勇人」と聞いて先輩だけでなく本人の顔も巨人ファンがすぐに脳裏に浮かべてくれるようなすごい選手になるようにお祈り申し上げますです。しかし巨人軍、なんかいいなあ(笑)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ