Google AdSenseから「この記事はアダルトコンテンツだ」とご指摘を(汗)

つい数日前、Google AdSenseさんから「あんたのブログのこの記事、アダルトコンテンツっぽいから広告差し止めるわ」というご通達メッセージが届きまして、で、その該当記事を見て「は?(;゚Д゚)」と首を傾げるような出来事がありました。

スポンサーリンク

うーん、まさか漫画の「ワンピース」って名前が女性の服だから…か?

うちのブログはたまーに「これは際どいかな?」という下ネタ的な記事を書くこともありますが、それはそれですぐ消せるように一応、準備と覚悟(?)を持って書いといて、お叱りを受けたらすぐ消す(その該当箇所ということもあれば、記事まるごとということもあります)ようにしてた…のですが、

数日前にこんなメールが届きまして、何を違反したんだろうと、見てみたら、

「アダルトコンテンツ」だ、と。

でもその当該記事を見て「え、これのどこが?」とツッコミを禁じ得なかったですね。

それが↓こちらなんですが。

ワンピースの作者が横井庄一氏を揶揄ってたが…その似顔絵、小野田寛郎氏だぞ?(2018/06/13付)

昨年の6月に書いた「ワンピースの作者氏が横井庄一氏を揶揄るも、その似顔絵は明らかに小野田寛郎氏だろう?」というツッコミ記事でした。

これに関しては「いやー、これのどこにアダルトコンテンツ的要素が?」とびっくり。

私個人の勝手な解釈としては、強いて言えば「(1)トップのアイキャッチャー」の、

↑このFlickerさんから借りてきたレゴブロック(っぽいやつの)の薄着のおねいちゃんか?と(苦笑)。もしくは「(2)漫画のタイトルの「ワンピース」自体が、女性服でアダルトコンテンツに(以下略)」と

で、この記事、昨年から意外にアクセス数も多かった(たびたびサイドバーの注目記事(つまりは読まれてるアクセス数上位10記事)に入っている安定してた記事でもありました)ので、「ちょっとすぐに消すにはあまりにももったいない。どこがアダルトコンテンツなのかもわかんないから、改めて再審査のリクエストをしてみよう」ということになりました。

つまりは、

↑この「審査中」とはそういう意味だったんですね、はい。

その結果、翌々日にはあっさりと。そしてまた…。

すると、翌々日にはメールが届きまして、

という、「リクエストの結果、再審査したところ、お咎め無し」という結論が届きました。「あー、それはそれは」と思ったのと同時に、「もっと際どいことを書いてる記事があるのに、なぜこの記事がひっかかったんだろう」と首をかしげる始末でした。

そしたら、このメールと同時にやってきたのが「こっちアダルトコンテンツにひっかかってますよ」というお知らせも。

で、その記事とは、

中央線特急の「あずさ」「かいじ」が全席指定席になってしまうのか…(;゚Д゚)(2018/10/30付)

↑この記事でした。

…いやー、「ワンピース」よりも更にアダルトコンテンツの入る余地がまったく「無い」んですけど(;゚Д゚)

どうもGoogleさんもAIとかを使って自動的に巡回して、何らかのキーワード等でひっかかったのを注意喚起してるそうで、前者の「ワンピース」はともかく(名前の響き的には(←をい))、後者の記事は…まさか「あずさ」「かいじ」という名前が女性の名前に見えてしまったのだろうか(大汗)。

一応、こちらも昨年10月以来、サイドバーの注目記事にちょいちょい入っていて、安定したアクセス数があるので、一応、再審査のリクエストをやってみました。さて、どういう結論が待ってるんだか。そして他の記事のご指摘されて「いたちごっこ」になりそうな予感もしてならんのですけど(^_^;)

にしても、他のGoogle AdSenseさんの広告を貼っているブログさんとこもこういう注意喚起(というか警告というか)はしょっちゅう来るもんなんだろうか。うーん、謎だ。

 

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]
のんくら(早川 修) a-ki 石田 健介 染谷 昌利
日本実業出版社
売り上げランキング: 890

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ