あのゴルゴ13が、連載52年目で「初めての休載」との事で…(汗)

「ゴルゴ13」、連載52年で初の休載へ 新型コロナ影響(産経新聞)

いやーこれにはちょっと驚いた。あの「ゴルゴ13」の執筆陣をしても…と。

青年漫画誌「ビッグコミック」(小学館)で連載中の長寿劇画「ゴルゴ13」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、25日発売号から当面休載することが8日、関係者への取材でわかった。同作が休載するのは昭和43年の連載開始以降、52年の歴史で初めて。9日発売の同誌に経緯などが掲載される。

 「ゴルゴ13」は作者のさいとう・たかをさん(83)と、10人超のスタッフによる分業体制で制作。作画スタッフが原稿用紙に直接執筆するスタイルを取っている。だが、長時間にわたり密集する環境であることなどから、通常通り続けることは困難と判断。スタッフの健康を守るため、新作の掲載見合わせを決めた。旧作の掲載を検討している。

 同作は国籍不明のA級スナイパー・デューク東郷が主人公の劇画。商業誌の連載作品としては最長で、単行本などの総発行部数は2億部を突破している。

もうすぐリイドコミックの単行本が200巻に到達して、あの「こち亀」に追いついてたぶん追い抜くと思うぐらいの長期連載で、初めての休載ってのはある意味で衝撃的ですな…。

スポンサーリンク

休載明けにはぜひとも「あいつ」を狙撃してもらいたいと(謎)

そういえばさいとう・たかを先生のプロダクション(「さいとう・プロダクション」)も、あの「こち亀」の秋本治先生のプロダクション(「アトリエびーだま」という有限会社)も、先生ご本人とアシスタント・スタッフさんで徹底した分業制で描かれていて、特にさいとうプロに関しては漫画の脚本も分業されていてスタッフさんの生活も守っている、という側面もあるそうですね。なので「ゴルゴ13」に関してはビックコミック誌に連載される時は最後のページにスタッフ一覧の名前がクレジットされるのが特徴ではあるんですけども…。

さすがにさいとう先生もご高齢で、スタジオのスタッフさんも少しずつ高齢化しつつ、更に長年、日々忙しい仕事をこなしてるがゆえに「ちょっとここで休もう。いや、旧作の掲載分のストックはたっぷりあるから(確かもうすぐ、月2回発売のビックコミックの掲載作品が52年ちょっとで600作(※)に達してたような記憶があるんすけど…)」と、ここまで連載を続けてきて「それを決断」できるさいとう先生や、それをOKする小学館やビックコミックのただただ編集部は凄いなーと。その一言に尽きますね。

※…基本的に「ゴルゴ13」はビックコミック誌に1回あたり36ページほど掲載されてまして、短いと1号こっきりor前編・後編の2号分で終わる事もありますが、大概は前編・中編・後編と3号分、本当に長いと4号ぐらいにまたがって「連載」されるのを「1作」とすることが多いです。

ま、それはともかく、ぜひともそのお休み明けの新作の一発目では、

「中国のイヌ」ことWHOのテドロス事務局長

…モデルにした(←いやあくまでも「本人ではない」というのがポイントですなw)要人をデューク東郷の手で射(以下略)

↑この2作品だけで実質400巻近くあるのか…(^_^;)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。