甲府の道渕選手は不起訴処分になったか…。

By: Rama V

暴行容疑で逮捕のJ1甲府の選手を不起訴 東京地検 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

先日こんな記事を書きました。この記事の中でも取り上げました、 「サッカーのヴァンフォーレ甲府では今年の夏に恋人に暴行を働いて逮捕・勾留された新人選手」の一件の続きになります。

この先日の記事の中では、

あくまでも個人的な意見を言わせてもらえば、「そういう自己管理も含めてプロってもんなんじゃないの?」って思うわけです。

去年、私が贔屓にしている千葉ロッテマリーンズではナバーロという助っ人外国人選手が春季キャンプの真っ最中に空港で鞄の中から実弾が見つかって1ヶ月出場停止を喰らいましたし、同じく贔屓にしているサッカーのヴァンフォーレ甲府では今年の夏に恋人に暴行を働いて逮捕・勾留された新人選手というのもおりました。

この選手の処分はまだ発表されておりませんが、おそらく被害者との示談が成立し、起訴されるか否かによって、契約解除や練習生からやり直しなどのペナルティは与えられるのでしょう。実際、この選手に面会しにいった甲府の佐久間GMに対し、事の重大性で後悔して泣きじゃくり全く会話にならぬほど憔悴しきっていた…という話もあったそうです(現在は釈放されて謹慎していると思われます)。

…と書きましたが、今日の報道では以下のような事になったそうです。

東京地検は31日、知人女性を殴るなどしたとして暴行容疑で逮捕されたサッカーJ1・ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)所属のMF、道渕諒平選手(23)を不起訴処分とした。

 道渕選手は7月23日午後5時ごろ、東京・お台場の商業施設で、一緒に訪れた知人の20代女性と口論となり、女性の頭や足を殴ったり蹴ったりしたとして警視庁に逮捕され、今月3日に処分保留で釈放されていた。

ひとまず不起訴処分となったようですね。おそらく知人の女性(恋人だったそうですが)との示談も成立し、本人に反省が見られる点や、何より初犯だったことが考慮されたのでしょう。

スポンサーリンク

とりあえずここからがスタートだよ、と。

今後、ヴァンフォーレ甲府のチームが彼をどう処分するかはなんとも言えないのですが、契約解除にはせずに、今季いっぱいの謹慎処分または練習生への降格という「罪一等は免じる」ということになるんでしょうね。勿論、この逮捕されて釈放されてから半月以上が経過してるわけですがその間の本人の言動なども考慮されるのはいうまでもないです。

ちなみに「罪一等は免じる」は、江戸時代でいえば「重罪だが、死罪だけは勘弁してやる。刑罰としては死罪よりも一段階軽い、遠島にしてやる」という話です。少なくてもノーペナルティという話では当然ありませんので念のため。

ま、道淵選手はまだ大卒1年目のルーキー。「これから」の選手ですし、これを機に死に物狂いでトレーニングに励んでほしいと思いますね。

公式戦に出れば心無い野次を飛ばされることもあるとは思いますが、そこはぐっとこらえて集中力を高めて雑音も封じるぐらいに必死に頑張って欲しいと思います。

競技は違いますが、かつて若貴兄弟で一世を風靡した大相撲の「お兄ちゃん」の方の元横綱・3代目若乃花関は、当時は今よりも芸能マスコミの取材攻勢が激しかった頃で、あることないこと新聞や雑誌、テレビなどで流れることが多かったそうですが、むしろ若乃花は「騒がれれば騒がれるほど、集中力を高めて全てシャットアウトして相撲に集中できたんで、むしろ本場所の成績は平時よりも良かったんだそうです。

なかなか難しいかもしれませんが、入団当時の目標の、さらにその上の高みまで上り詰められるように、日々、精進してほしいと思います。あ、それでも怪我には気をつけてね。

↑この本、Kindleで買って最近よくiPadで読んでますが結構面白かったです。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ