将棋の藤井聡太三冠、竜王位も奪取して最年少四冠に。いやー本当にすごいわ(^_^;)

藤井聡太三冠、竜王奪取で最年少四冠達成!豊島将之竜王に4勝0敗のストレート 序列トップで全棋士の頂点に/将棋・竜王戦七番勝負(Abema Times)

この若さでどこまで強くなっちゃうんだろう。あの世で大山名人や升田名人、米長名人あたりがびっくりしてそうだ(苦笑)

将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が11月12、13日に行われた竜王戦七番勝負第4局で、豊島将之竜王(31)を122手で下し、同シリーズの成績を4勝0敗のストレートで竜王奪取に成功した。この結果、羽生善治九段(51)が保持していた最年少四冠記録22歳9カ月を大幅に更新する19歳3カ月で最年少四冠を達成。史上初の「10代四冠」になるとともに、竜王を含めた四冠を保持したことで、序列トップとなり全棋士の頂点に立った。

 プロデビューから5年余り。令和の天才棋士が、ついに棋士No.1の座についた。今年度、棋聖、王位と防衛し、叡王を奪取して迎えた将棋界最高峰タイトル、竜王戦の七番勝負。豊島竜王と、今年度3つ目のタイトル戦も好勝負必至と見られていたが、終わってみれば圧巻の4連勝という突き抜けた結果が残った。

 今年度15局目となった藤井三冠と豊島竜王の対戦は、豊島竜王の先手番から角換わりでスタート。お互い、深く研究を進めている戦型とあってか、1日目の午前中は非常に指し手のペースが早く、昼食休憩まで64手目まで進行し、早くも中盤に入った。午後に入ると、激しい局面に両者ともに長考合戦。封じ手までに9手分しか進まずに74手目を藤井三冠が封じて、形勢互角で1日目を終了した。

 明けて2日目、じりじりとペースを掴み始めたのは藤井三冠。自玉の頭で起きた戦いにうまく対応すると攻めの手番が回ってきたところで豊島陣を強襲。分厚い攻めで徐々にリードを拡大したが、最終盤では一時逆転され熱戦に。それでも持ち時間が残り10分を切った中でも、厳しい攻めを止めなかったことで再逆転。息詰まる勝負に決着をつけた。シリーズを通しては、研究家として知られる豊島竜王に対して、以前は課題に挙げていた序盤でも対等に渡り合い、研究や前例を離れた力勝負に入った中盤で少しずつ引き離し、勝ちが見えた終盤で確実に勝つ。19歳にして全く隙のない強さが、このシリーズ4連勝でも光り続けた。

 対局後、藤井三冠は「中盤ずっと難しいと思って指していました。最後、3四桂と打って迫れる形になったかなと思いました」と振り返ると、竜王奪取には「まだ実感はありませんが、最高峰タイトルなので光栄に思いますし、それに見合う実力をつけていければと思います」とコメント。また棋士の序列1位になったことには「今期はここまで結果は出せていますけど、内容的には課題が多いので、そのあたりを改善したいです」と述べた。

 最年少四冠の偉業は、本格的な「藤井時代」の到来を告げた。竜王を含めた四冠を保持したことで、渡辺明名人(棋王、王将、37)を上回り、ついに棋士の序列でトップに。8つあるタイトルのうち半数を占め、トップ棋士ばかりと対戦が続いた今年度も、勝率は8割を余裕を持って超えている。対局の内容自体は激戦もあるが、出てきた数字だけを見れば豊島竜王と戦った3つのタイトル戦、通称「十九番勝負」も王位戦(4勝1敗)、叡王戦(3勝2敗)、竜王戦(4勝0敗)と、11勝3敗と大きく勝ち越した。タイトル戦出場6回で、全て獲得に成功。この後に続くALSOK杯王将戦での挑戦者決定リーグで挑戦権を獲得できれば、五冠の期待も大きく膨らんでいく。

 2016年10月、14歳2カ月に四段昇段、プロデビューを果たし話題になってから約5年。小さなスランプこそあったが、周囲から大きな壁にぶつかると言われてきたものを、ことごとく突き破り、そして頂点へと駆け上がった。羽生九段が七冠独占をした1996年から25年。その時にも似た天才棋士による一時代を築き始めた藤井“新竜王”がこの先、ファンに見せ続ける世界は、果たしてどんなものか。

かつて、将棋棋士でありエッセイストでもあった河口俊彦氏が「中学生でプロになれれば、確実に名人・竜王は取れる」とよく書いてたのを思い出しますね。そんな河口先生が指してたのは、今の渡辺明名人が中学生の時点で四段になった頃で風貌が若い頃の大山康晴永世名人によく似ていて「辛い」将棋も指してたので「渡辺くんはきっと羽生名人を倒す日が来るぞ」なんて将棋エッセイに書いてたのも…なんか懐かしいですね。

とにかく渡辺名人がプロになった頃は、羽生名人、森内名人などの昭和40年代半ば生まれの「羽生世代」の面々がめっぽう強くて、渡辺名人も比較的若く竜王位を獲得し、そこから9連覇ぐらいして永世名人も取れたんですが名人位はなかなか手が届かずに(というか順位戦もなかなか苦戦してA級に上がれなかった時期もありましたし)先年、やっとこ名人になれたというわけですが、そしたら更に若い藤井聡太「四段」が加藤一二三名人の記録をやぶる史上最年少記録でプロになって、あれよあれよという間にここまで来ちゃったってのがやっぱり凄いなあと思いますです。

しかもついこないだまで豊島竜王には通算戦績でも「ほとんど勝てない」ぐらい苦手にしてたのに、一気に成長して勝てるようになってしまったしで。

スポンサーリンク

これで加藤一二三先生は、ますますお元気になると思いますね(笑)

ひふみん、藤井四冠誕生を祝福「デビュー戦の相手を務めたものとしてひときわ感慨深い」/将棋(サンスポ)

いやー加藤先生、本当に嬉しそうで何よりですわ(感涙)

将棋の藤井聡太三冠=王位・叡王・棋聖=(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦七番勝負第4局の2日目が13日、山口県宇部市で指され、藤井三冠が122手で豊島竜王に勝利し、最年少の19歳3カ月で四冠になった。「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋界のレジェンド、加藤一二三・九段(80)はツイッターで「10代にして達成されました史上最年少四冠の類稀なる藤井聡太さんの偉業に際し心より御慶びを申し上げます」と祝福した。

ひふみんは「藤井聡太新四冠が棋士としての産声をあげられたのは数ある棋戦の中で竜王戦でした」と自身が対局相手を務めたプロデビュー戦(2016年12月24日、竜王戦6組)に触れ「そのデビュー戦の相手を務めたものとして本日の史上初となります快挙はひときわ感慨深いものがあります」と藤井新竜王の快挙を喜んだ。

かつて、戦前の関西将棋界で大活躍した坂田三吉(贈)名人・王将が、大阪で修行しプロになったばかりの若き頃の升田幸三氏を大いに励まし、その升田幸三名人が中学生で最年少記録を作ってプロデビューして快進撃を始めていた頃の若き頃の加藤一二三氏を(直接な師弟関係はなかったんですが)大いにかわいがって実質的な後継者と名指ししていたエピソードがあるんですが、その「系譜」を思うに、お弟子さんのいない加藤一二三九段の(直接的な師弟関係はやはりないのですが)「実質的な後継者」たる藤井聡太四冠と、

加藤一二三九段と藤井聡太四段の対局が実現しました。

2016年12月25日

加藤先生の引退が一年でも早く、更に藤井四冠の最年少記録が達成できなければこのデビュー戦の対局は不可能だっただけに、この時は「いやー、将棋の神様ってやっぱいるんだなあ。粋だなあ。」と、しみじみ思ったもんでしたね。

ゆえに、藤井「竜王」「四冠」がますます大活躍をし、いろんなタイトルを総取りして、更に先人の様々な記録を打ち破るような快進撃を続ければ続けるほど、加藤先生も「ようし、何年でも長生きして藤井君の活躍を見届けるぞ」と生きがいにも張り合いにも、そして将棋界の語り部としてますますお元気になっていくんでしょうね。そしてその藤井竜王を倒さんとばかりに様々なライバルもどんどん台頭していくことでしょうから、そういう意味では将棋界、ひいては日本全体のムードも少しずつ盛り上がって良い雰囲気になっていければいいな、と思いますです。加藤先生、いつまでもお体に気をつけてお元気でいてくださいね(感涙)。

※ちなみにそんな藤井四冠でも加藤先生の持つ「最年少A級順位戦への昇進記録」は更新できなかったそうです。やっぱし加藤先生、すごいや(^_^;)

↑いやー谷川先生。まさに「天才が天才を語る」って感じですな…。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ