聖火見物5万人。まさに「火を見るよりも明らか」とはこの事かと(意味不明)

仙台で聖火見物5万人 感染リスクの数時間行列 組織委、再び密集なら中止検討(毎日新聞)

すげえなあ、(火や炎を崇拝してる)ゾロアスター教かよ、とツッコミを禁じえない5万人の大観衆が(をい)。いやーここから新型コロナウイルスの感染者がでない事をマジで祈る。皆様、帰った後は手洗い・うがいを。

東京オリンピックの聖火を東日本大震災の被災3県で巡回展示する催し「復興の火」は21日、仙台市で行われ、約5時間半で約5万2000人が観覧した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、主催する宮城県は混雑緩和に努めたが、想定(1万人)の5倍以上の人出に500メートルを超える長蛇の列ができた。感染リスクが高まる密集の中、数時間待つ状態が続いた。

 共催する東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日以降、列の間隔を前後1メートル以上空けることを徹底し、過度な密集状態が発生した場合は中断や中止も検討することを明らかにした。

 会場となったのはJR仙台駅東口自由通路の屋外デッキ。特設ステージに設置された聖火皿にオレンジ色の炎がともされた。観覧は午後1時半ごろから始まり、当初は15人ほどずつ間近まで案内され、制限1分間でカメラやスマートフォンで記念撮影し楽しんだ。約2時間半待ったという仙台市のパート従業員、戸田静枝さん(67)は「これだけ並んだから、ゆっくり見たかったけれど、仕方ないですね」と漏らした。

 それでもマスク姿で順番を待つ列は伸びて駅反対側の西口に及び、デッキが行列であふれた。通行人の妨げになったこともあり、県は観覧終了3時間前の午後4時時点で列を打ち切り、聖火皿周囲の柵の外側を通り過ぎる形で観覧してもらう方式に切り替えた。

 県はボランティアら誘導員約90人態勢で速やかな移動を呼び掛けたが、担当者は「見込みが甘かった。土曜で好天にも恵まれ、ここまでの人が押し寄せるとは想定していなかった」と話した。

 「復興の火」は22、23日に岩手県、24、25日に福島県で展示され、26日に同県から聖火リレーが始まる。

ま、単純に考えれば(?)毎年恒例の「箱根駅伝」だって毎年数十万人の人たちが沿道応援してるわけですしね。

そういえば今年は箱根駅伝の沿道に湘南サポとフリーザ様って現れたのかなー、と思ってたら(汗)

2016年1月3日

箱根駅伝・7区二宮の「フリーザ様御一行」とか、嫁さん宛にさだまさしのファンクラブの会報が来てたとか。

2017年1月3日

今年も箱根駅伝7区・二宮定点の「フリーザ様」が映ってた(笑)

2018年1月3日

箱根駅伝(復路)…と、7区・二宮定点のフリーザ様御一行を(笑)

2020年1月3日

↑毎年恒例の7区・二宮定点付近のフリーザ様でおなじみの(苦笑)

私自身、あくまでも短絡的な「自粛厨」ではないんでまあそこは自己責任の範囲内だと思ってるんですが、これで一極集中的に発病者が大乱発したら、まさに他のイベントにも波及しまくるんでやはり各人の予防対策だけはしっかりよろしくです。

スポンサーリンク

で、東京五輪は実際どーなるんだか。

東京オリンピック“サッカーのように延期できない”IOC会長(NHKニュース)

と、IOCの会長はこうも言ってるんですけども…。

東京オリンピックの延期を求める声が相次いでいることについて、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は、「土曜日のサッカーの試合のように延期することはできない」と述べ、延期を決断する難しさを指摘したうえで、引き続き開催に向けて努力を続ける姿勢を強調しました。

これはIOCのバッハ会長がドイツのラジオ局のインタビューに答えたものです。
この中でバッハ会長は、東京オリンピックの延期を求める声が相次いでいることについて「オリンピックは土曜日のサッカーの試合のように延期することはできない。手続きが非常に複雑で、確かな根拠があってこそ責任を持って決断できる」と述べ、延期を決断する難しさを指摘しました。

そのうえで新型コロナウイルスの感染が拡大していることについて「異常事態で、理想的な解決策はない。オリンピックが取りやめになることは1万1000人の選手たちの夢を壊すことになる」と述べ、引き続き開催に向けて努力を続ける姿勢を強調しました。

てな事言って、通常開催(2020年夏)も無理、中止も無理…だったら、半年か1年or2年延期するしかないんでしょうな。最終的には「ボク、こんなに頑張ったんですが、どーしても無理でした。なので我慢してください」って東京五輪の組織委、特に言えば森喜朗とか小池都知事あたりに「泣きを入れる」ぐらいしかないんじゃねえの?って気が。

むしろそういう「頑張ったけど無理でした」的なシナリオで進んでる方が、誰も責任取らないで済むし、強いて言えば大病患って寿命が尽きかけてる森喜朗氏あたりが「今まで頑張ってきたのに、肝心の俺の寿命が間に合わないじゃん」と、ひとりでイヤイヤしてるぐらいで済むんじゃねえの?としか…ああ、人柱ですな、これ(←こらっw)

あとこれは本当に「しみじみと」思うのは…、

↑「東京オリンピック・国民の力で成功させよう」「中止だ中止!」…のこれを30数年前の1980年代に描いて「予言」していた「AKIRA」の大友克洋先生はまさに「天才」だな、と(^_^;)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ