市原中央高校の副校長殿、修学旅行の引率先で泥酔・女湯侵入・放尿…か(呆)

By: yoggy0

私立高の副校長、修学旅行で泥酔し女風呂へ 千葉(朝日新聞)

しかし職員同士の慰安旅行ならまだしも、よく修学旅行の引率という「業務」の最中に泥酔するまで飲めるよなー(失笑)

私立市原中央高校(千葉県市原市)の男性副校長(61)が、修学旅行の引率で訪れた京都市左京区の旅館で泥酔して女湯に侵入し、放尿していたことが30日、同校への取材で分かった。副校長は辞表を提出した。経営する学校法人は処分を検討している。

 同校の説明では、副校長は今月23日午後6時ごろ、旅館で同僚の教員ら約10人と食事中にビールで乾杯し、自ら注文したハーフボトルのワイン2本や日本酒の4合びん1本の大半を飲んだ。自室で仮眠後の午後9時45分ごろ、泥酔した状態で隣の女湯に侵入し、洗い場で放尿した。生徒の入浴時間は9時半に終わっていたが、脱衣所では部屋着姿の女子3人が片付けをしていたという。

 修学旅行には3泊4日の旅程で2年生約250人が参加し、副校長が引率の責任者だった。この日が最後の夜で、同僚の労をねぎらおうと、副校長が自ら酒を注文したという。副校長は学校の調査に「泥酔していたため記憶が全くなく、のぞくつもりは一切なかった」と話したという。

 真板竜太郎校長は「生徒が楽しみにしていた修学旅行でこのようなことになり申し訳ない。学校全体の問題としてとらえて、深く反省している。再発防止に向け、職員の意識を改善していきたい」とコメントした。

ま、例によって「泥酔しててその後のことを全く覚えてない」ってのが「供述」のようですが…いやあ「引率責任者が泥酔」でもその時点で辞表モノなのに、更に女湯に侵入して、おまけに放尿までして宿に迷惑かけてるし。掃除する宿もたまらんだろうな。

スポンサーリンク

生徒たちと同じ夕食の場で「飲酒」してたのかね?

たぶん生徒が250人もいる学校の人達が宿泊できるホテル・旅館ゆえに、「貸し切り」かもしくはそれに近い感じのその日の客割合だったんでしょうけど、おそらく生徒と同じ時間帯・同じ場所で夕食も食べたと思われるんで、「よくそんな場で”飲もう”って思うよなー」というツッコミを禁じ得ないなあ。それ以降の「生徒にとっての」自由時間ならばまだしも(ただし、こういう場では飲まないか、どうしても飲むとしても酔わない程度に節制するのが「仕事」ってもんでしょうけどね)。

たぶん私立高校、諭旨免職(クビだけど退職金は出す)ぐらいの情状酌量的な処分をするんだろうけど、懲戒免職になって退職金がパーになっても別に驚かんわ。ついでにこの副校長、つまりは上司を止められなかった他の教師にも処分が波及するかもしれないけどね。

ちなみに余談ですが、この高校、どんな学校なんだろうなと検索したらWikipediaの項目がありました。そん中にこういう記事がありました。

教育方針(生徒手帳より)
校訓「真心」を最高目標にして次の教育方針で前進する。

1.建設的実行力のある人間育成
常に清らかな夢をもち明朗で真理と正義を愛し、真の勇気を蔵し建設的実行力に富んだ、いわゆるやりぬく人間育成にある。
2.勤労精神を涵養し独立自尊の人間育成
「一日働かざれば一日食わず」の自己反省の立場より真理の探求にも身の修養にも常に真剣さを要求し、労して事の成る喜びを体得せしめ、独立自尊の人間育成にある。
3.報恩感謝の心を養う
すべてよって来る条理を考え折目、けじめのついた態度、行動を要求し、報恩感謝の心を養い進んで他を敬愛する人格創造を期す。

「一日働かざれば一日食わず」…か。そんな教育方針の学校の副校長が業務中(=修学旅行の引率中に晩飯時)に泥酔するまで飲んじゃダメだわ(^_^;)