家にあった古いタンス類を粗大ごみに出した…ら、目が猛烈にかゆくなり(号泣)

先日、こんな記事を書きました。

【日常】入院中のおじいちゃんの留守中に、衣類や部屋の整理とかを…。(2018/09/24)

で、この中で書いた、50年以上使っていた古いタンスを今日、市の粗大ごみとして持っていってもらいました。そこらへんの話などを…。

スポンサーリンク

おじいちゃんがリハビリ専門病院に「転院」しました。

先月、真夜中に玄関で転倒して腰椎の圧迫骨折で緊急搬送され、そのまま隣町の総合病院に入院していたおじいちゃん、まあ厳密に言えば妻の父なんですが…が、今週の月曜日にリハビリ専門の病院に転院しました。

各部屋には花の別名が飾られてました。

で、ここで最大3ヶ月、杖でもついて歩けるようになったりすればもうちょっと短期間で退院できるのですが、当面はリハビリテーションルームでの色々なリハビリや、食事指導なども行われるそうです。とはいえ、おじいちゃんはここには数年前に軽い脳梗塞でリハビリ目的で入院してまして、この時は2ヶ月の予定が3週間で退院できた回復っぷりを見せてたので(汗)。まあどうにか…と。

今のところは、ベッドから車椅子への移動はできるんですが、歩くことができないので、やはり少しでも歩けるようになることが目標となります。

※ちなみに食事は「デイルーム」という食堂兼面会部屋みたいな別の広い部屋で他の入院患者さんと共に食べるんですが、数年前の時は正月をまたいでたので、おじいちゃんたちで皆で箱根駅伝中継を夢中で見てました(笑)

その不在の間にある程度の「断捨離」を…。

で、妻と話し合ったのが、今後「介護」をする上で、もしかしたら家の中も車椅子が必要になるかもしれないし、もうちょっとスペースを広げたい。となれば、多少は家具や衣類を処分しないと…という結論が出まして、

先々週ぐらいに手を付けたのが、亡くなったおばあちゃんのタンス類の古着やタンスそのものを断捨離しよう、ということになりました。妻がタンスの中身であるおばあちゃんの古着類などを全部出したり、自分の高校時代の制服類とかも処分することにしたそうです。

で、こちらの衣類は先週の水曜日に、

こんな形でゴミの日に出しまして(先週の水曜日が、古着の回収日だったんですね。うちの地元は一戸建てのゴミ類は各世帯の家の前に出すことになってます)、「もし量が多すぎて持っていけませんとか叱られたらどうしよう」とか話してたぐらいの量だったんですが、無事に回収してくれてました(苦笑)。

そして今度はこのタンス類なんですが、こちらはまず市役所に回収日の予約の電話を入れまして、

こういう「廃棄物処理券」というシールを購入します(これは市役所や地元のコンビニ、ドラッグストアーなどで売ってます)。

※こちらは数年前に同じように粗大ごみを出した時に買った「廃棄物処理券」です。

このタンスは「13」と書かれたシールが貼られました。つまりは回収代は1300円、と。

更に衣装ケースはそれぞれ「2」、つまりは200円ということでした。これが2つありました。

勿論、このままでは重すぎて外には出せないので…。

そして回収日当日の朝8時半までに家に前に出すことになるんですが、このタンス類、高さが180センチもあり、ほぼ私の身長と同じ高さなんですが、縁側から外に出すにしては重いのと、たまたまというかこのタンス、最上部の棚が外せるようになってたので、

こんな感じで引き出しを全部外して、最上部の棚も外してみることににしました。

中段にあたる観音開きの中の棚もこんな感じに(もともとここには着物類が主に入ってたそうです)。

で、まずは衣装ケースや、外した部分を先に外に出してから、最後にタンスの本体を玄関前に出しました。

そして引き出しや外した棚などを元に戻して、回収を待つことに…。

そしてその後が「目がかゆくて」大変で…。

結局、以前タンス類を出したときもそうだったんですが、市役所から言われたのは「8時半までに出しておいてください。その日のうちに回収します」とのことだったんですが、我が家は回収する時間が総じて早いようで、9時前にはトラックで業者さんがやってきて、あっさりと回収していってしまいました。

ただ、私自身はどうも縁側から外にタンス類を出した際に、ホコリでアレルギー発作にやられてしまったもんで、

右目が尋常無くかゆい(泣)

という副作用(?)が。もともと私、アトピー性皮膚炎だの気管支炎だの結膜炎だの…といろいろとアレルギー持ちなんですが、ホコリとかダニとかにはめっぽう弱く、近年改善されたのは、抗アレルギー剤の服用と同時に「野菜を喰らうようになった」のと「畳ではなくフローリングで寝るようになった」かららしいんですが、50年モノのホコリはなかなか手強く、「うーんかゆい」と、目薬はさすわ、アイボンクールはやるわ、息子の子供用の目の回りを塗れる皮膚炎のクリームを塗るわでどうにか対応してました。

最後は「眠くなるから夜にしか飲めない」抗アレルギー剤を服用して事なきを得たんですけども…いやあ、、こういうのをやる時はマスクと、専用のゴーグルみたいなのは必要だわ…としみじみ痛感した次第でした。

で、ここの空いたスペースには、これまでは押入れのケースの中に入っていたおじいちゃんの着替え類…などを入れる西友などで売っている四段ぐらいの衣装ケースを置いて、もし寝たきりとか車椅子などの介護になってもいいように対応する事になりそうです。

妻とは5年前におじいちゃんとおばあちゃん(=妻の両親)が立て続けに要介護度認定がされて介護の対象になった頃から和室の断捨離は必要だよね、とは話してたのですがこれでどうにか7割方ぐらいは到達したような気がします。あとは自分らの不必要なモノの整理もしないといけないんですけどね…まあいずれにしても疲れました(苦笑)。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ