甲府→仙台に移籍した道渕諒平が、また恋人相手にDVをやらかすとは…(;゚Д゚)

仙台MF道渕諒平が契約解除…週刊誌でクラブが認知していない事実や秩序・風紀を著しく乱す内容が掲載(ゲキサカ)

以前、明治大から甲府でプロデビューしてまもなくの頃に恋人相手にDVやって逮捕され、しばし謹慎生活を送ってた選手だったんですが…懲りてなかったのか。

 ベガルタ仙台は20日、MF道渕諒平(26)を10月20日付けで契約解除することを発表した。同日発売の週刊誌で道渕の女性トラブルに関する記事が掲載され、クラブが認知していなかった事実などクラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認し、処分を決定したという。

 公式サイトでは経緯に関して「記事に記載されております女性とのトラブルを8月14日に認識し、同選手の事情聴取を行い、顧問弁護士に相談して対応を進めてまいりました。その際に当人同士で解決することが望ましいと助言を受けております。同選手からは、本人の代理人となる弁護士を通じて女性と話し合い、最終的に双方合意の上で解決したとの報告が9月5日にありました。同選手から二度と同様の行為をしないとの誓約書を取り、重い処分を科した上で活動を継続させておりました」と説明。「本件は、両名のプライバシーに関わり、また双方の要望があるなかで、公表を控えてまいりました」としている。

 道渕は甲府時代の2017年にも女性への暴行容疑で逮捕・勾留された。当時は処分保留のまま釈放され、不起訴処分に。クラブから同シーズンの公式戦出場停止や減俸などの処分を受けていた。

 仙台は「当クラブといたしましては、本件について大いに反省し、取り組みが不十分であったことを厳粛に受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、一丸となってコンプライアンスの徹底に全力で取り組んでまいります」と表明。「ベガルタ仙台のファン、サポーターの皆様、株主、スポンサーの皆様、Jリーグや各クラブの関係者の皆様に、ご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

で、私自身は今朝方、契約解除の報の前に、いつも楽しく拝見してます「ドメサカ」さんで、

この記事を見つけて、「仙台、DV…?もしかして道渕、またやらかしたんか?」と(言い方はよろしくないのですがあえてこういう表現を使わせてもらうと)ピーンとくるものがありまして、そしたら、

やはり道渕、お前だったのか…と、正直このままふて寝したくなる気持ちになりましたわ。

スポンサーリンク

「甲府時代の逮捕」はZOZOマリンのロッテ戦観戦中に知り…。

女性暴行容疑不起訴処分の甲府MF道渕のクラブ処分が決定…事件後初コメント「深く反省」(ゲキサカ)

で、これが甲府時代にやらかした暴行容疑の記事です。

 ヴァンフォーレ甲府は1日、知人女性への暴行容疑で逮捕されたMF道渕諒平(23)への処分を発表した。

 道渕は7月23日夕方に都内でトラブルになった知人女性に対し、殴るなどの暴力を振るったとして、逮捕された。8月3日に処分保留のまま釈放され、8月31日不起訴処分となっていた。

 クラブはこの日、道渕の17シーズンの公式戦出場停止と、活動停止3か月。3か月の減俸20%と12月までの社会貢献活動の実施を言い渡した。解雇処分は免れた模様。

 また管理監督者に対しては、輿水順雄代表取締役社長、佐久間悟取締役副社長兼GM、今泉松栄取締役総務・経理本部長兼強化部長の3名に1か月の減俸5%処分を科した。

 道渕はクラブを通じ、以下のようなコメントを発表している。

「この度は私の全くもって許し難い行為によって、ヴァンフォーレ甲府に関わる全ての方々だけでなく、サッカー界全体に対しても、多大なご迷惑をお掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

 そして何よりも相手の方に対し、自分の行為により、大きなショックを与えてしまったことを本当に申し訳なく思っております。

 また、応援して下さっている皆様、今までの人生の中で関わり、支えて下さった皆様、全ての方々への申し訳ない思いで一杯です。

 この度のことは、社会人としてあるまじき行為であり、弁明の余地はなく、深く反省するばかりです。

 今後は全てのご批判を真摯に受け止め、二度と同様の過ちを犯さないことをお誓い致します。

 自分自身取るべき責任、行動を果たしたのち、ヴァンフォーレ甲府の一員としてサッカー選手を続けていくことができるチャンスを頂いたクラブ、スポンサー、そしてサポーターの皆様に対し、感謝の気持ちが伝わるよう、謙虚にサッカーに取り組みたいと思います。

 改めまして、この度はご迷惑、ご心配をお掛けしまして、大変申し訳ございませんでした」

で、私はこの道渕選手が逮捕された…というニュースが流れてたその日その瞬間ってのが実は、

ちょうどロッテ対西武戦を見にZOZOマリンまで見に行ってたときで、奇しくも現在は楽天でプレーしている浅村大先生に先制弾を浴びて、ちょうどエビスビールのおねいさんが通りかかってビールを飲む直前にスマホで「甲府・道淵選手逮捕」の報を知ったという始末でした。

この年はぶっちぎりの最下位でして、この試合もそうでしたが先発のわくわくさんもピリッとしなかったなあ…。

で、なんか知らんがいくら呑んでも全く酔えず、後でトイレで滝のような小便だけが出たのを覚えてますです(^_^;)。

そして試合も先制されて逆転に成功したのにポカミス(ランナー1-2塁でバントをされて投手が三塁に投げたら、三塁守ってた中村奨吾がフォースアウトなとこでベース踏みそこねてセーフになり、それが失点に繋がった記憶が)で逆転負け…というなんとも残念続きな日だったを覚えてますです。で、この仙台での逮捕劇および契約解除の報を聞いた今日は…というと、

↑今回は「敵地」とは言え、また西武戦の日に(;゚Д゚)

まあそれはともかく…その後、道淵選手は甲府ではまだルーキーだし、将来もあるし…で決してクビにはせずに謹慎させてしっかりと贖罪の日々を贈ることになったんですけどね。そしてその翌年、なかなかいい活躍をしてそして仙台に移籍していったんですけども。うーん、2度目はダメだわ。そして仙台のチーム側の対応とかもアレではあるけどもさすがにもう言い訳の余地はないだろうな。

つーか、甲府時代に「やらかした」時にあれで徹底的に懲りなきゃダメな案件で、もしギャンブル依存症や薬物依存症のような類のものだとしたら、然るべき医療機関などを受診して「そうならないように」プロのアスリートとして自己管理すべき話だったのにねえ。あまりにも残念すぎる。こういうと叱られるかもしれないけども、今は正直「今は甲府に在籍してなくてよかった」と思う気持ちすら湧き上がるぐらいで。

これはもう駄目かもしれないね、かなりの高確率で。…だめだこりゃ。