【日常】ご近所の桜がきれいだなという話と、我が家も遺品整理で断捨離なうの話(苦笑)

日常話を少々。先日、やっとこ緊急事態宣言が解除されまして、ずーっと通学バスではなくうちの車で通っていた息子もようやく大好きなバスで通えるようになったのと、粗大ごみを出すんで市役所に廃棄物処理券のシールを買いに行った話などを…。

スポンサーリンク

桜が咲き始めた中、通学バスで通う息子の送り迎えを。

うちの息子は近所の市民会館のとこから通学バスに乗って隣町の特別支援学校に通っているのですが、いかんせんマスクをつけられないので(すぐに外しちゃうんですね。なので一緒に乗ってくる他の子たちに配慮して父親の私が断っておりました)、緊急事態宣言中はずーっと自家用車で私が送迎しておりました。とはいえ行きは週5、つまりは毎朝なんですが、帰りは放課後デイサービスがあったりして週3ぐらいと回数が若干違ってたんですけどね。

で、やっとこ都内も新型コロナの緊急事態宣言が解除されたので息子も終業式まであと5日…という短い期間ではありますが、大好きな通学バスで通えるようになりました。

こんな感じで家から徒歩7-8分(車椅子を押す場合。ひとりで歩く場合はもっと早いです)かけて、バス乗り場となっている市民会館の前まで歩いて行くのですが、途中に市営野球場の高台のとこを通る際に、

真っ白な富士山が見えたり、

満開にはあと一息って感じですが、桜が見事に咲き始めてまして「いやあ、いいねえ。」とひとりごちする次第でした。で、息子も不思議なもんで、通学バスが見えるまでは半分寝てる状態なんですがバスが見えた途端にしゃきっとしてきてバスに電動リフトに乗せにれて乗車する際にはノリノリで実に楽しそうでした…いやあわかりやすい(苦笑)。

で、今日は通っている学校の小学部と中学部(通学先は都立の小中高一貫の特別支援学校でもあります)の卒業式があったようで、在校生は一斉に午後2時に下校だったようで、バスの到着時刻よりも少し早い時間に行って乗り場で待っておりまして、無事に息子を引き取って先程の道を逆に歩いておりました。

そしたら毎朝、横の道路を通る市営野球場が誰も使っておらずにフツーに入れたのでちょいと寄り道をしてきまして、息子に「桜、きれいだねー」とか言いながら、何枚かスマホで写真を撮ってきました。

ここの野球場は夕方はどこかの中学・高校の野球部、もしくは地元のシニアリーグの練習が、夜は外野の人工芝を斜めに使って少年サッカーチームの練習が行われていて、ナイター練習の際は地元の人もスタンドまでは入れるようになってます。ですので、この時期は、

こんな感じでライトアップされた桜を見ることもできるのと、平日の夜だとほとんど人が居ないんで「いやー、コンビニでワンカップ大関でも買ってきて桜を愛でるようにしていっぱいやりたいわー」と思いつつも、家に変えると育児が待ってるんでいつも自重…みたいな感じになっております(苦笑)。

ま、実際は「満開まであと少し」ってとこなんで、ここ数日間は息子の送り迎えをしつつ、満開になる桜を楽しみにしたいと考えておりますです。

粗大ごみを出すために予約および廃棄物処理券を購入を。

それと、1月下旬に一緒に住んでた妻の父が亡くなった…という話は少し前の記事で書いたことがあったのですが、

本日、我が家の7年半にも及んだ「老人介護」が終わりました。

2021年1月25日

その義父が、正確には5年前に亡くなった義母も寝起きしていた一階の和室を妻子の寝室にすることになりまして、今、妻が物置などの残ったブツを整理して、「いる・いらない」の分別をやりつつ、大整理の為にいちいち物置から引っ張り出しては「え、こんなとこになんで昔のアルバムが?」みたいなそんな断捨離なのか宝探しなのかわかんないような作業を少しずつやっております(^_^;)

で、やっとこ義父の衣類の整理も終わったようで、断捨離としては一番最大かつ最重量と思われる、

こちらの洋服ダンスを処分することになりました。うちの地元は粗大ごみに関しては「車でごみセンターまで持参する」のと「粗大ごみを運んでもらう為の予約をした上で、市が発行する廃棄物予約券を購入して、それを貼って当日朝8時半までに家の前に出す(そして市役所が手配した業者さんがそれを取りに来る)」というやり方があります。で、さすがにこのタンスは自家用車では運べないので、一緒に古いこたつ一式と義父が使っていた古い自転車も粗大ゴミで出すべく、市役所に電話予約をしまして、

市役所でこういう「廃棄物処理券」を購入してきました。なお「13」というのは種類およびその金額でして、これが洋服ダンスに貼る1300円分のシールになります。確か自転車が500円、こたつ一式はテーブルが200円、下の脚などが200円という感じで4枚のシールをいただくことになりました。

で、問題は「180cm近い高さの洋服ダンスをどうやって外に出すか」…なんですが、洋服ダンスの隣が窓で縁側になっていて、そこからすぐ下におろせるようになってるのと、このタンス、実は上下でセパレートできるタイプだったんで…まあすでに中身は全部出し終えて、さほど重くはなくなってるんですけども…一応、妻ともども、腰を傷めないように気をつけたいと思います(ノД`)シクシク

それと同時に義父の寝室にあった仏壇を、

リビングに移しました。すぐ隣にはまだ断捨離の末に処分するブツが置かれていてなんか申し訳ないなーって感じではあるんですが(苦笑)。生前は義父がここに椅子を置いて座ってずーっと外を眺めていた場所でもあるんで、ここの場所が最適なんだろうなとも思った次第です。ここだと寝る時間以外は妻か息子のどちらかがずーっといますし、寂しい思いをしなくて済むでしょうしね。

で、妻には申し訳ないなーと思うのは、私はそもそも物の価値がわからんので少しでもいらないなと思ったら「思い出なんか、記憶の中にあればじゅうぶんでしょう?」とバッサバッサと切り捨てちゃうタイプで、家族、特に実の両親の遺品に関してのいる・いらないのジャッジメント(?)は当然、妻に委ねざるを得ないので…断捨離に関しては全く手伝えないのですね。

なので最終的には「断捨離」されてごみの収集日とかになった際のそれを運ぶ役とか、粗大ごみを処分する際に車を出したり、処理券を買いに行く…とかの力仕事・肉体労働(?)の方しかお手伝いできないので、ほぼ妻任せになってるのがいやーすまんなーと思いつつ、ほとんど何も手を出さずに今に至るという始末だったりします。

そんな感じで年度が終わり、そしてまた新しい年度が始まっていくんでしょうね。ここ20年弱ですが、なんとなく脳内で森山直太朗の「さくら」がリピートされて大音量で流れてくるそんな時期でもある今日この頃です。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ