【千葉ロッテ】美馬投手を援護できなかったのが悔やまれる。あとラグビーの話も。

【西武】投打がかみ合い5試合ぶり白星 16日先発の“令和の怪物”に辻監督「好球必打でいかないと打てない」(スポーツ報知)

今日はネット中継でロッテ対西武戦、テレビではラグビーの三洋電機対トヨタ自動車戦を見てました。いやーロッテは美馬投手を見殺しにしちゃったな…。

◆ロッテ0―3西武(15日・ZOZO)

 投打がかみ合い、西武が5試合ぶりの白星をマークした。

 先発・松本航投手が自己最長となる8回無失点の好投で今季3勝目。この日最速の150キロ直球を中心に果敢に攻めたが、2ストライクと追い込んでから決めきれず、2回までに41球と球数がかさんだ。それでも中盤からはスライダーなど変化球を有効に使い、打たせて取る投球でロッテ打線を2安打に抑え、得点を許さなかった。自己最多の132球を投げ抜き「完投したかったけれど、納得のいくピッチングができたと思います。次回はそこ(完投、完封)を目標にしていければ」と早くも次のマウンドを見据えた。

 その粘投に打撃陣が応えた。0―0の8回、先頭の金子が中堅手の頭上を越える二塁打で出塁すると、若林が犠打で送って1死三塁。チャンスで源田がこの日3安打目となる中前の先制打で試合の均衡をやぶった。チームトップの44安打をマークする主将は「最近、得点圏で打ててなかったので、結果が出てほっとした」と胸をなで下ろした。

 これでチームは8日のソフトバンク戦(ペイペイD)以来の勝利を飾った。辻監督は「(松本の好投に)3回くらいまでフラフラしてたけど、中盤から後半にかけてはすばらしかった。組み立てがよくなって、いいピッチングだったと思います」と満足げ。16日の相手先発はプロ初登板初先発の佐々木朗希だ。「ファームの試合を見ても四球が少ない。球が速いなら、好球必打でいかないと、なかなか打てない。対戦して、その中で選手たちが工夫してくれたら」とナインの健闘を祈った。

で、ロッテ打線は西武の先発・松本投手を全く攻略できず、一方でロッテ先発の美馬投手も8回までどーにか粘ってたんですが西武打線に捕まり遂に失点を喰らってそのまま敗戦…という次第でした。無論、松本投手のピッチングが実に素晴らしかったのは言うまでもない話なんですけども…いやー、早い段階で援護してあげたかったな、ロッテ打線(苦笑)。

そして明日は佐々木朗希が予告先発か…。良くも悪くも偉い豪速球を繰り広げることになるんだろうかね。柿沼か佐藤(都)か江村かキャッチャーが誰がスタメンになるのかは知らんけども、ちゃんと捕ってやれ(^_^;)

スポンサーリンク

パナソニック対トヨタ自動車戦が実に「おもしろい」試合でした。

パナソニックが決勝進出、引退表明の福岡堅樹が3トライ「もう1度優勝を」(日刊スポーツ)

で、こちらはロッテ戦と同時に自室のテレビ(NHK総合で中継してました)で見てた、ラグビー日本選手権準決勝の試合でした。これほど試合序盤・中盤・終盤がガラリと変わる試合も珍しい…。

<ラグビー・トップリーグプレーオフトーナメント兼日本選手権:パナソニック48-21トヨタ自動車>◇準決勝◇15日◇大阪・花園ラグビー場◇無観客開催

パナソニック(ホワイトカンファレンス1位)がトヨタ自動車(レッドカンファレンス2位)を振り切り、決勝(23日、東京・秩父宮ラグビー場)進出を決めた。

ゲーム主将のフランカー布巻峻介(28)は「最後は点差が開きましたが、前半は苦しい時間帯が続いた。後半勝負になると思っていた。後半しっかりギアを入れられた」と総括した。

まさに電光石火だった。前半キックオフはトヨタ自動車。そのボールを処理したパナソニックは、左へ大きく展開した。大外でボールを受けたのは、19年W杯日本代表で今季限りでの現役引退を表明しているWTB福岡堅樹(28)。1人振り切ると、1度は味方にボールをパスし、再び受けて左隅に飛び込んだ。開始わずか30秒程度、公式記録は前半1分の先制トライ。「相手をしっかり分析できていた。いい形のスタートになった。最初に流れを作る意味でも、トライは重要だと思う」。チームに流れを引き寄せた。

そこからは相手に3トライを許し、劣勢の展開。それでも19年W杯日本代表SO松田力也(27)が3PG、1DGを決めて、前半を17-18で折り返した。

1点を追う後半20分には途中出場のBK山沢拓也(26)が逆転のトライ。同29分、37分にはWTB福岡がトライを挙げて、勝負を決定づけた。福岡はこの日、3トライの大活躍だった。

準決勝は16日、花園でサントリー(レッドカンファレンス1位)-クボタ(同3位)が行われる。福岡は「とにかく悔いが残らないように全てを出し切って、パナソニックとして、もう1度優勝を経験できるように、全力を尽くしたい」と誓った。22年1月には新リーグ開幕を予定。パナソニックは「最後のトップリーグ王者」を目指して、決勝の舞台に立つ。

前半は、パナが試合開始直後にトライするも、トヨタ(ま、厳密にはトップリーグには「豊田自動織機シャトルズ」というチームもいるんで、「トヨタ」と略すのはあれなんですが…、ま、ここではめんどいんでこれで(汗))がそこから3連続トライを決めて5-15というパナ劣勢な状態になったんですが、日本代表でもあるフッカーの堀江選手を前半のうちに投入した途端にスクラムなどが極めて安定するようになり、むしろここからは両チームともどもトライが取れない状態に。

となると、お互いの反則で得たペナルティゴールを決めまくってお互いに3点ずつ入れるようになり(それとパナ側がドロップゴールも決めてましたな…トップリーグでは珍しい(苦笑))、

お互いにリードしてリードされて…のデットヒート的な試合に。後半開始直後のあたりは「パナ20-21トヨタ」って点差でした。

そしたら、後半に入ってからさすがにトヨタ側がパナ側のスクラムや攻撃に手を焼くようになってオフサイド、オーバー・ザ・トップ、ノックオン…などの反則を繰り返すようになって陣地を少しずつ取られるようになるとそこからパナのトライが連発し、

終わってみれば「パナ48-21トヨタ」というダブルスコア以上の差がついてました。ラグビー怖え(大汗)。

ちなみに決勝の相手は明日行われるもう一戦の準決勝、サントリーとクボタの試合の勝者だそうです。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ