【千葉ロッテ】昨日プロ初登板で2回を好投していた小沼投手が「特例2022」で登録抹消とは…。

【ロッテ】コロナ陽性2選手、濃厚接触疑い2選手を発表。山口航輝ら3選手が特例で抹消(スポーツ報知)

今年はキャンプ直前に平沢大河が、キャンプ中に荻野貴司の両選手がコロナに感染して発熱したりして療養で出遅れた…ってことがありましたが、

【千葉ロッテ】なんと、石垣島に先乗り自主トレ中の平沢大河も新型コロナ陽性判明と(大汗)

2022年1月27日

【千葉ロッテ】をを、俺達の荻野貴司もコロナ陽性判定および発熱を…マジでお大事に(泣)

2022年2月8日

うーん、ほんとに一筋縄じゃいかないんだな。いやはやお大事に。

ロッテは31日、八木彬投手、小川龍成内野手が30日にPCR検査を受け、陽性判定を受けたと発表した。2人とも症状はなく、現在、隔離療養を行っている。また小沼健太投手、山口航輝外野手は濃厚接触の疑いがあるとして現在、隔離中。

 小沼、小川、山口は特例2022の対象選手として抹消され、佐藤奨真投手、池田来翔内野手、菅野剛士外野手がその代替指名選手として昇格した。

うーん、こればかりは特効薬がまだまだ市販化されてない状況では致し方なしか。

スポンサーリンク

昨日、プロ初登板で好投してた小沼投手にとってはなんとも…。

22日に支配下登録のロッテ・小沼 2回無失点の上々プロ初登板「強気の投球」できた(デイリー)

そして昨日、育成契約→支配下登録されて1軍デビューを果たした小沼投手、喜びもひとしおの翌日にまさかの…という事に。

「ロッテ3-4ソフトバンク」(30日、ZOZOマリンスタジアム)

 今月22日に支配下登録を結んだロッテの小沼健太投手が、プロ初登板を果たし、2回を1安打無失点デビューを飾った。

 新背番号50のユニホームで1点ビハインドの八回から登板。この回を無失点に抑え、九回も逃げずに中軸に真っ向勝負を挑んだ。1死から柳田を149キロの直球で一ゴロ。グラシアルは決め球のフォークで空振り三振に抑え込んだ。

 最速150キロの直球にフォークを織り交ぜ上々の内容。「緊張もありましたが、オープン戦でも失点をしていたので、開き直って一度しかないプロ初登板を楽しもうと思って投げました。その中でいい結果につながってくれたと思います」と喜んだ。

 本拠地で公式戦初登板での無失点にマリーンズファンから拍手をを受け、マウンドを降りた。「公式戦だから頑張ろうとか、特別力が入ってしまったという感じもなく、自分らしい強気の投球ができたかなと思います。やっとプロ野球選手としてスタートが切れたと思うので、ここからしっかり1軍の戦力として腕を振っていきたいです」。今後は勝ちパターンにつなぐリリーフとして力になる決意をにじませた。

結果的には左腕の鈴木投手が押し出し四球で逆転されたあとの「敗戦処理」的な役割での1軍デビューでしたが、これがなかなかいいピッチングで。とにかく去年の中継ぎ陣の、唐川と佐々木千隼の両投手の調子がまだまだ上がらずに1軍にはおらず、去年は絶不調だった東條投手が今年は「あ、復活したかな?」といういい感じなだけに、新しい顔ぶれ、戻ってきた顔ぶれでうまくやりくりして行ければいいな…と考えております。

で、その翌日に濃厚接触者として特例2022で抹消とのことですか(大汗)。そこはもう「隔離中」の自分の寮の部屋にスコアラーさんや分析担当さんからたっぷパ・リーグ他球団のDVDデータとか貰って予習復習とかを。あくまでも現時点では「濃厚接触者」でもしかしたら今後「感染および発熱」等もあるかもしれないけど、今できることを後悔なくやってみて、その上で「休むことも仕事だよ」と(笑)。

ついでに書くと代わりに1軍に昇格する選手の中に佐藤奨真投手がいるんですが、こちらの選手は小沼投手と同期でやはり育成から支配下登録を勝ち取った選手でもあります。思えば大先輩の(そして今年怪我から復帰してきた)西野勇士投手も育成から支配下登録してきた経緯もありますのでこういう「這い上がってきた」選手にとっては逆にチャンスと思ってその機会を勝ち取れるように頑張って欲しいですね。

そして重ね重ね、感染してしまった選手スタッフ関係者の皆さん、隔離中の皆さんもどうぞお大事に。

先発の小島投手はもうじゅうぶんな投げっぷりでした。

【ロッテ】小島和哉6回2失点も白星お預け「楽しみでした」憧れソフトバンク和田毅と投げ合い(日刊スポーツ)

で、昨日の先発は小島投手。申し分ないピッチングでした。

<ロッテ3-4ソフトバンク>◇30日◇ZOZOマリン

ロッテ小島和哉投手が憧れのソフトバンク和田毅と投げ合った。同じ左腕の早大の先輩を、入団時から尊敬する投手に挙げてきた。6回2失点(自責1)で勝利投手の権利を持って降板したが、白星はお預けとなった。

当初は開幕2戦目の楽天戦に先発予定が、雨天中止で巡ってきた縁。「和田さんと投げ合えることが楽しみでしたし、球数が少し多くなりましたが粘れたと思います」。打球を左腕付近に受けるアクシデントもあったが105球を投げきった。

まあ惜しむらくはこないだの佐々木朗希、そしてロメロの両投手もそうでしたが「好投してもなかなか打線の援護がないor後の投手が痛打されて勝ち星がつかない」って点ですね。2017-18年ぐらいのわくわくさんとか二木とか種市の各投手の時がまさにそうでしたし。となるとできるだけ投球数を増やさずに完投・完封を目指していかないと厳しいって現状がねえ。早いとこロッテ打線のケチャップの蓋もあかないかしら(ノД`)シクシク

で、今日もデーゲームでソフバン戦です。美馬投手に早いとこ打線の援護を。以上です。

↑月一回、血液検査等で行っている近所の内科の病院のトイレにこれありますなー。いつも尿検査の終わった後にお世話になってます(^_^;)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ