いやー、G.G.佐藤氏。清田・元選手にがっつり裏切られてますやん…(-_-;)

G.G.佐藤氏「別に、僕は清田に裏切られたなんて思ってないよ」 “お蔵入り”懸念された動画も配信(スポニチ)

昨日の話の続きになりますが…。

元・千葉ロッテ選手の清田育宏氏、「契約解除は不当」と球団を訴えるの巻。

2021年11月4日

まあそりゃ裁判起こした清田・元選手に、総ツッコミも批判も起きるわな┐(´д`)┌ヤレヤレ

2021年11月4日

どうもG.G.佐藤氏は清田・元選手が訴訟するという話はご存知だったそうですが、ただ清田氏は「NPBなどの野球界に現役復帰する」前提でG.G氏はトレーニングに付き添ってたのでは?と。

西武、ロッテなどでプレーした元プロ野球選手で、野球解説者のG.G.佐藤氏(43)が5日、自身のツイッターを更新。5月にロッテから契約解除され、「処分は違法で無効」として損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした清田育宏氏(35)への思いを明かした。

 佐藤氏は今年5月にロッテから契約解除された清田氏の練習を手伝うなど、NPB復帰に向け支援。その清田氏は「処分は違法で無効」として球団選手としての地位確認や損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こし、今月4日に第1回口頭弁論が行われた。これを受け、佐藤氏は4日に「ちょっと今から清田に会うわ」とツイッターに投稿し、清田氏と1時間ほど話した後で自身の公式YouTubeチャンネル「GG佐藤トラバースTV」を更新し「これでチャンスがなくなっちゃうのもかわいそうなんで…」などと話していた。

 その後もネットを中心に様々な声が上がったが、「これだけやっぱり言おう。別に、僕は清田に裏切られたなんて思ってないよ」と佐藤氏。さらに「かなり悩んだけど、楽しそうに野球の話をする清田を観てほしくて公開します」と“お蔵入り”を匂わせていた佐藤氏と清田氏によるクライマックスシリーズ展望動画もYouTubeで配信。ツイッターでは「反論したり釈明するよりも、清田が一生懸命野球をしている姿や、夢中で野球の話をする姿を観てもらう努力をし続けようと思いました。やっぱり、野球選手にはそれしかないんだよ」と続けた。

とのことです、はい。

スポンサーリンク

しかしこれは「裏切られた」と言っても過言ではないような…。

G・G・佐藤氏 元ロッテ・清田育宏氏の裁判は「知っていた」 2年契約の権利「戦いたい」には賛同(スポニチ)

で、こちらは「昨日の夜」時点の記事です。どうもG.G.氏は「裁判自体は知っていた」とのことで…。

元ロッテで野球評論家のG・G・佐藤氏(43)が4日、自身のユーチューブちゃんねる「GG佐藤トラバースTV」を更新。元ロッテの清田育宏氏(35)と会ったことを報告した。

 佐藤氏はこの日、今年5月にロッテから契約解除された清田育宏氏(35)が4日、「処分は違法で無効」として、球団選手としての地位確認や損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こし、この日が第1回口頭弁論だったことを受け「ちょっと今から清田に会うわ」とツイートしていた。

 「【裁判で大炎上】清田育宏に会いました。」という動画をアップ。「一緒に1時間ほど話をしていました」と報告した。佐藤氏は、「聞いたことがない部分もあったのでビックリしました」と清田氏を呼び出し、話を聞いたという。

 清田氏の裁判のことは「知っていました」と語ったが、きょうが第1回の口頭弁論だということは知らず、本人も忘れていたと語った。時期に関しては「9月の終わりに文書を提出していて、日程は清田側が決めた訳ではなく、裁判所から決められた」と語り「それは教えてほしかった」と語った。

 佐藤氏は、裁判については「本人は悪いと思っていますし、けれど2年契約に関してはもらうべき権利だから、そこは本人は戦いたいと言っている」とした。清田氏は20年オフに2年契約を結んだが、契約解除となったことで佐藤氏自身も「これからのプロ野球選手を守るためにも、前例を作るのはよくない」と語り「給料の未払い分の支払いを求めるだけの裁判をすればいい」と思っていたという。だが、支払いをしてもらうためには、まず契約解除をする裁判をしなくてはダメと弁護士側に説明されたという。佐藤氏は「1100万円分の慰謝料に関しては、個人的には必要なかったかな、と思いますね」と語った。

 佐藤氏はこれまで清田氏のNPBに向け支援。2日前にも動画を収録していたと言い「これでチャンスがなくなっちゃうのもかわいそうなんで…。今後どうしますかね?厳しくなったのかなあ…」と語っていた。

つーか、「第1回目の口頭弁論が今日だったことを本人も忘れていた」ってのがひどいな、おい。たぶん東京地裁には代理人の弁護士が出席して意見の述べて、必要であれば今後は本人も裁判所に…という流れにはなるんでしょうが、せめてこの流れだったら

いかにも物々しい裁判所からの呼出状

が清田氏の自宅(ないし連絡先)に届いているハズで、これが清田氏が被告人だとしたら郵便局の人がえらく物々しい「特別送達」が届くと思われるんですが、原告側はたしかどうだったか…(もともと特別送達ってのは「原告側から被告側に訴訟を起こしますよ」というその被告を特定するために訴えを提起する「訴状」の内容を送りつけるものだったと記憶してますが)。でも裁判所からは当然、本人宅ないし代理人の弁護士のとこに「いついつに第1回口頭弁論があります」という連絡は確実に来るハズで、それを「忘れていた」というのは「お前、やる気ねえだろ」としか(失笑)

と同時にこれははっきり言えるのはG.G.佐藤氏が清田氏に対してサポートしていたのは「引退後のセカンドキャリアの支援」ではなく「不完全燃焼で終わりかけたがゆえに、現役復帰のためのトレーニング」だったハズで、これが例えばトライアウトを受けるとかならばまだしも、次の戦場を「裁判所」にしてしまった時点で、そりゃNPBも独立リーグなども「こんなん相手にできねえよ」となるのは道理で。

で、これはG.G.氏がいくら現状、清田氏を良い方向に解釈して弁護としたとしても、客観的には「そりゃあんた、がっつり裏切られてますやん」としか言いようがなく、本当に他人事で申し訳ないんですが「G.G.さん、あなたの野球解説者としての仕事にも影響しかねないから、本業は別にしても野球界に携わる上での今後の身の振り方はしっかり考えたほうがいいですぞ」としか言いようがない次第ですね、はい。

いや、実は趣味系の元知り合いにも「こういう、自分の立場、そして一歩先の生き方がまったくわかってない」輩が何人もいまして、「まあラクな方ラクな方に行こうとするたびに、自分で自分の首を占締めてるよね。」という共通点があって結局、仲間や友人を失ったという奴がいましたね。たぶん清田氏も「わかってない」んでしょうね、究極的に。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ