【千葉ロッテ】井口監督・吉井コーチよ。もう試合の途中から正直、諦めてたろ?(呆)

ロッテ井口監督、終盤追い上げも敗戦「序盤で追い越さないと」(スポニチ)

というわけで今日はDeNA3連戦の2戦目でした。たぶん美馬投手が打ち込まれて4回に8失点目を喰らった段階で「あー、これはダメ。」と、井口監督・吉井コーチは諦めてたんだろうな。その後11失点の後に、ロッテ打線が9得点まで行ったとはいえ…。

◇交流戦 ロッテ9―11DeNA(2021年6月5日 横浜)

 2日連続となる乱打戦を落としたロッテ・井口監督は「追い込んでからの決め球が甘く入って打たれた。もっとボール球を振らせてもよかった」と、自己ワーストとなる11失点で5回KOとなった先発・美馬の投球を振り返った。

 また、打線は終盤の猛攻で9得点。最後は2点差まで迫ったが、指揮官は「序盤に追い越せなかった。2回も満塁で1点で止まった」と0―1の2回無死満塁で佐藤都の犠飛による同点止まりでは、苦しい展開になると指摘した。

しかし、いつものパターン、例えばもっと若手の本前とか、もしかしたら二木・岩下あたりでも、本来だったら4回に3連打浴びて、オースティンに2ラン打たれて8失点になったとこでもう交代してる場面だと思うんですけどね。

スポンサーリンク

はっきりいって無駄な5回裏の3失点だったね…。懲罰か何かは知らんが。

いや、下手すると3回に宮崎に勝ち越しタイムリーを打たれて、4回表の2アウトで投手(この場面では美馬)に打席が回ってきた時にさっさと交代してる場面でしょう。懲罰的なアレでなければわざわざその後の5回に大和にタイムリー、あげくに楠本に2ランホームランまで打たれるまで交代させないってのは全く意味がわかんない。そんだけリードされていれば、お試しで2軍から昇格させてきた若手とかに投げさせてチャンスを与えたりとかいくらでも「その試合の活用法」があるだろうに。

で、実際に今日は6回から中村(稔)、7回から成田翔、8回にフローレスに投げさせてましたし。フローレスなんかは昨日の9回に痛打されまくって結局、抑えの益田選手会長を引きずり出す羽目になりましたけど、今日はいいピッチングをしていて何よりでした。でも美馬を5回11失点まで「ダラダラともたせた」こと等々も結果論ではあるけども、9点も取れちゃったロッテ打線のチャンスを潰したのは、無駄に5回まで美馬を投げさせて更に3失点させた井口監督と吉井コーチの責任じゃないかな、とは思いますけどね。これを「ロッテ打線、明日に繋がりそうないい終盤の攻撃をしたね」「唐川・益田会長を休ませてよかったね」と思えればいいんだけど…さて、明日はどうなるんだか。

あ、それはそれとして最後の最後に追撃の2ランを打ってくれた加藤翔平をほめてやってくれ。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ