【千葉ロッテ】クビの清田の代わりに、マーティン様が背番号1をつけちゃえ。

【ロッテ】清田育宏を契約解除 2度の不倫報道に球団ルール違反も発覚「球団の社会的価値下げる行為」(スポーツ報知)

思えば昨日は「試合中に」発表があったぐらいだから…ロッテ球団の怒りもわかろーというもので。

ロッテは23日、清田育宏外野手(35)との契約解除を発表した。無期限謹慎処分の解除直後に球団ルールに反した行動を取っていたことなどが判明し、球団は「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為」として、これ以上清田との契約を維持できないと判断。千葉市内で本人に解除の旨を通達した。

 清田は昨年9月末の遠征先(札幌)で、禁止されていた部外者との会食を球団に報告せず虚偽の説明をした上に不倫を週刊誌に報じられ、今年1月15日付で無期限謹慎処分を下されていた。反省の態度を考慮し、今月1日に処分を解除。12日のイースタン・DeNA戦(ロッテ浦和)に「5番・DH」で実戦復帰したが、復帰当日から女性と複数回会っていたことなどを21日に再び週刊誌で報じられた。

 球団はこの日までに、自宅待機となっていた清田と数度の事実確認を行った結果、不要不急の外出、家族との外食も禁止という球団ルールに反していたことが判明。「皆さんの期待を裏切る行為、球団の社会的価値も下げる行為である」と処分を下した。

 清田は昨季取得した海外FA権を行使せず、昨年末に2年総額1億2000万円でサインしていた。シーズン中の契約解除だが、球団は「契約の内容は本人と結んでいるものなので詳細は答えられない」と話すにとどめ「再びこのような事態を招いてしまったことを非常に重く受け止め、改めて球団ルールの周知徹底を行うと共に選手教育に尽力してまいります」とコメント。今後はコンプライアンス研修などを徹底していく。

 井口監督はこの日の試合後「僕からコメントすることは何もない。球団からのコメントそのままだと思いますね」と厳しい口調で答えた。

ここまで何度かうちのブログにも書いてますが「主因」は度重なる不倫行為…では決して無く、去年秋の新型コロナ禍の虚偽報告およびチーム内に準クラスター状態を招くきっかけのひとつになった事、だと思うんですけどね。

つまりは「直接的にチームに迷惑をかけた(しかも選手の大量離脱で昨年10月はマジでやばい状況でしたし)」という点を、プロ10年超の35歳にもなるベテラン選手が自覚しないでお前どーすんだ?という意味での「無期限謹慎処分」であり、プロ野球選手会から事実上の圧力(?)を受けて、渋々謹慎処分解除…をしたその直後にまたフライデーされるようなことをやらかしてたと。そりゃダメだろ、って感じでしょう。

ま、もしかしたら客寄せパンダ的に独立リーグあたりから声がかかるかもしれないんで、あの強心臓、チャンスの強いとこを見せつけられるように新天地で頑張れ、としか言いようがない。むろん「拾ってくれれば御の字」ではあるんだけどね。

【記者の目】清田契約解除 ロッテが不憫…35歳の大人に「ルール守りましょう」と教えないといけないのか(スポニチ)

「機関紙」たるスポニチさんはもっと辛辣な記事を。

【記者の目】球団の発表文書には「改めて球団ルールの周知徹底を行うとともに、選手教育に尽力してまいります」と記されていた。

 清田は東洋大を経て日本を代表する大企業・NTT東日本に勤めた経験もある。そんな35歳の大人に「ルールを守りましょうね」「うそはいけませんよ」と教えないといけないのか。情けなく、球団が不憫(ふびん)にさえ感じる。

 今年初めの謹慎中、清田は、長期化するコロナ禍で負担を抱える人々への支援を目的とする基金に寄付を行った。1日の謹慎処分解除の際に、球団がわざわざ発表。復帰への親心だった。ただ、結果的にその対応が「甘かった」と言われても仕方がない。

 清田は1月の問題発覚時も、謹慎解除になった今月1日も、そして今回もメディアの前に立つことはなかった。次の道がどうあれ、事の重大さも実感せず、終わってしまうのではないだろうか。

 球団は昨オフ、清田と2年契約を結んだ。この日、球団は契約について「本人と結んでいる内容なので、詳細は答えられない」とした。35歳は自ら後始末することなく、ロッテを去った。

数週間後ぐらい先に、YouTubeの誰かのチャンネルに登場してヘラヘラ顔で「弁解」したり、舌の根が乾かぬうちにてめえでYouTubeチャンネルを立ち上げそうな予感もする。

ま、個人的には仕事でも、趣味のクイズサークルでも「お前の頭のネジはどこに飛んでった?よくそれでご無事に生きてこれたもんだな?」とツッコミを禁じえないような「ルールを守りましょうね」「うそはいけませんよ」と教えないといけないといけないような30代40代の奴らを見てきてるんで、特にプロ野球選手みたいにともすれば小学校の頃から野球一筋の野球バカだとそういう輩も結構いるんだろうね。全てとは言わんけど。

スポンサーリンク

マーティン様、いっそのこと、背番号1を引き継ぎませんか?(泣)

パの“二冠”ロッテ・マーティンに解説陣も畏敬の念?!「ベース上で勝負できない」(ベースボールキング)

とりあえずマーティン様、もしよかったら厄払いぢゃないですけどこの次の背番号1、引き継いでくれませんか?(ノД`)シクシク

◆ 14本塁打&35打点でリーグトップに

 ロッテのレオネス・マーティン選手が23日、本拠地で行われた楽天戦でZOZOマリンの屋根を直撃する超特大の本塁打を放つなど、2安打3打点の活躍を披露。トップを快走している本塁打ランキングに加え、打点ランキングでもトップに浮上した。

 試合には5-6と僅差で敗れたものの、1点差で迎えた3回の第2打席、二死二塁から楽天先発・早川が投じた低めのスライダーにうまくバットを合わせてライト前に運び、同点適時打をマーク。

 さらに圧巻だったのが7回の第4打席、チームが3点差に迫って、なおも二死一塁から早川がインサイドに投じたボールを強振。これが特大の2ランとなり、1点差にまで迫った。

 23日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した笘篠賢治さんは、マーティンについて「ストライクのベース上でなかなか勝負できない。いかに際どいところのボール球を振らせるかという勝負じゃないと。怖い2番バッター」と評し、「この打ち方は3割以上打てるバッター、守備もいい、肩もいい、いい選手ですよ」とベタ褒め。

 また、同日の放送でMCを務めた岩本勉さんが「悪球でもバットに乗せてヒットゾーンに飛ばせる。甘い球だとどこまでも飛ばす」と語れば、電話解説で出演した真中満さんも「最終回に1点差で回ってくると怖い。一発で同点だから。最終回の松井の四球もうなずける」と続け、9回一死走者なしから四球を与えた楽天の松井裕樹の投球を引き合いに出し、その存在感の大きさを強調した。

 好調ロッテ打線を支える恐怖の2番バッターが、セントラル・リーグの投手相手にどのような打撃を見せるのか、25日から始まる交流戦でも、その活躍から目が離せそうにない。

昨日は奇しくも「清田、契約解除」のニュースが流れた前後に、

あわや場外の凄まじい大ホームランを打ってくれてました。これで1点差まで追い上げての惜敗だったんですが、まあマーティン様の一発を見れたんで昨日は大満足ですね、ええ(笑)。

で、もし来年も千葉ロッテでプレーしてくれるんだったら…清田の背番号1を引き継いで大活躍して「いやー、背番号1といえばマーティン様だなあ」という八面六臂の大活躍をしてくれませんかね?あ、ベテラン鳥谷選手でももちろんいいんですが、記憶の片隅にすら残らないような大活躍をしてくれれば本当にうれしいっす(感涙)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ