【千葉ロッテ】昨日怪我した田村捕手は「左太もも裏肉離れ」と発表されました。

【ロッテ】田村龍弘が左太もも裏肉離れで登録抹消(スポーツ報知)

昨日の西武戦で本塁進入時に怪我をして交代した田村捕手の話の続きになります。

千葉ロッテの田村捕手の怪我がかなり心配ですな…。それと巨人のテームズ選手も。

2021年4月27日

いやーやはり「左太もも裏肉離れ」で、ハムストリングスを痛めてましたか。これは癖になると本当に大事になりますのでじっくりと治してほしいものですね。

↑ロッテ球団から公式発表がありました。

ロッテの田村龍弘捕手(26)が28日、出場選手登録を抹消された。立川市内の病院で検査を受け「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された。

 27日の西武戦(メットライフ)の3回1死二塁、荻野の左前安打で二塁から激走し、ホームへ生還したが左太もも裏付近を負傷。チームメートと球団スタッフに抱えられながらベンチへ戻ったが、その後交代した。代わりに江村直也捕手(28)が昇格した。

確かに肉離れでは、なかなか歩いてベンチに戻るのも辛いでしょうよ…。

あと昨日の記事でちょいと書いた話で恐縮ですが、数年前に介護離職する直前に仕事中にふくらはぎの肉離れをやったことがあるんですが、怪我の瞬間、何か硬球の野球ボールでも当たったんか?というぐらいのビシッという衝撃が走ってましたからね。仕事で腰のベルトに業務用端末をつけてやってるので最初はその端末がベルトから落ちてふくらはぎに当たったのか?と思ったぐらいでしたが、その時は雨の中の仕事で、雨合羽のズボンの中に端末も入ってたので「あ、違うわ、これ、もしかしたら肉離れって奴か??」と気づいたわけでしたし。

結局、私の場合は3週間ほど歩けなかったですねえ、松葉杖なしでは。で、動かないと動かないで、ずーっと終日、家のパソコンチェアに座っていろいろとやってると膝の筋肉が固まりかけてこれもまた難儀しましたし。田村捕手の場合は入院するのか、それとも自宅療養(で病院に通院してリハビリとか)になるのかはさだかではないですが、去年、荻野貴司が太ももを痛めて離脱した際には丸2ヶ月かかってますし、そこは無理せず焦らず、じっくり治して欲しいと願う次第です。と同時に田村捕手とレギュラー争い、ないし1-2軍間のベンチ争いをしている他の捕手陣は言葉は悪いけど与えられた数多くはないチャンスのひとつだと思って死ぬ気で頑張ってください。

スポンサーリンク

若手の谷川捕手は椎間板ヘルニアか…。あれもきついんだわ(←経験談(泣))

ロッテ、田村は左太もも裏肉離れと診断…走塁時に負傷 谷川は椎間板ヘルニア手術(Full-Count)

と思ったら、ロッテの若手捕手である谷川捕手は椎間板ヘルニアですか…それも結構大事ですな。

 ロッテは28日、東京・立川市内の病院を受診した田村龍弘捕手が左大腿二頭筋肉離れと診断されたと発表した。27日の西武戦で、走塁時に痛みを訴えて途中交代していた。

 また、谷川唯人捕手がこの日、都内の病院で鏡視下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を受けたことも発表。谷川は2月の春季キャンプで痛みを訴え、別メニュー調整で様子を見ていた。

で、私、その介護離職する前に長らくやっていた前職の仕事で、椎間板ヘルニアもやったことがありまして(苦笑←といっても中長期間の休職療養するような怪我をしたのは、確かこの2回だけです)。私の場合は重いものを持った際にぎっくり腰みたいな感じになって、腰椎ヘルニアになっちゃった…という次第でした。ただし私の場合は手術はせずに、休職状態になって家で療養と整形外科で牽引等のリハビリをやってましたね。とにかく最初はよくわかんない症状なんですが、後から腰が痛くなったり、歩けなくなったり歩きづらくなったりで、肉離れとは痛みの種類がぜんぜん違うんですがこれまた難儀した記憶がものすごく強いです。

何しろフツーに歩けば、自宅から徒歩5-6分先の整形外科まで、腰をかがめてヒィヒィいいながら、時には脂汗をかきつつ歩いて20-30分ぐらいかかったもんで、リハビリルームで牽引と同時に電気マッサージもやるんですが、治ってくると少しずつ腰の患部の神経に効いてきて、「あ、治りつけてんだな」と気づく…みたいな治療の段階は今でもよく覚えてます。それと同時にその椎間板ヘルニアの影響で未だに腰は悪いですし、坐骨神経痛が悪化することもたびたびで、今でも別の整骨院に隔週ペースで通っている次第です。

田村捕手もそうですが、谷川捕手も手術したとはいえ、その後が肝心なんで焦らずじっくり治してほしいものです。本当にお大事に。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ