元ロッテ→日ハム→巨人の藤岡貴裕投手が引退して巨人の球団職員になるそうで…。

【巨人】藤岡貴裕、現役引退…今後は球団職員で新たな一歩 11年ロッテドラ1(スポーツ報知)

元は千葉ロッテの背番号18のサウスポー。東洋大の同期の鈴木大地と共にロッテに入ってきたんですがなかなか活躍はできず…と。でも第二の人生でうまく花を咲かせてほしいねえ…。

巨人・藤岡貴裕投手(31)が現役引退することが4日、分かった。昨年11月に戦力外通告を受け、現役続行を希望して同年12月の12球団合同トライアウトを受けていたが、ユニホームを脱ぐ決断を下した。左腕は「今までお世話になった球団の皆さまや、応援していただいたファンの方には感謝の思いしかありません」と胸の内を明かした。

 藤岡は東洋大時代に同学年の東海大・菅野(現巨人)、明大・野村(現広島)と並んで「大学BIG3」と称され、2011年ドラフト1位で3球団競合の末にロッテに入団。大型左腕として1年目から先発ローテーションの一角を託され、3年連続で6勝をマークした。15年以降は主に中継ぎに転向し、18年7月に日本ハムへ移籍。19年6月には巨人にトレード移籍し、昨季は12試合で防御率3・12だった。

 今後は球団職員としてチームに残り、新たな一歩を踏み出す。「違う形で球団に貢献していきたいと思います」と前を向いた。

 ◆藤岡 貴裕(ふじおか・たかひろ)1989年7月17日、群馬・渋川市生まれ。31歳。桐生第一高から東洋大を経て、2011年ドラフト1位でロッテ入団。18年7月から日本ハム、19年6月から巨人でプレーした。通算178試合、21勝32敗16ホールド、防御率4・14。182センチ、93キロ。左投左打。

思えばこの年は千葉ロッテはドラフト会議で4人しか指名しなかった年でもありまして、その4人とは1位→藤岡貴裕/2位→中後悠平/3位→鈴木大地/4位→益田直也の面々。そして今やロッテに在籍してるのは益田直也ただひとり。わずか9年でひとりしかいなくなってしまったというのも益田選手会長としては寂しい話ではありますね…まあ鈴木大地の場合はFA移籍したんですけども。

それと同時に非常によく覚えてるのが、藤岡貴裕や鈴木大地が東洋大の卒業式に出席してた時に一緒に卒業してたのが箱根駅伝で「山の神」と言われていた柏原竜二選手。藤岡貴裕が一緒に取材を受けていて、柏原選手がちょうど練習拠点が千葉マリンにほど近い富士通に入社するってんで、藤岡選手に「活躍したらメシ、おごってください」なんて言ってたのがなんとも懐かしいですね(笑)。

で、その柏原選手も実業団では怪我が多くなかなか活躍できずに早い時期に引退し、富士通のアメフトチームのマネージャーやったり、今は広報部担当勤務を勤めながらもいろいろな駅伝番組にゲストで出たり。さらには大晦日にお子様が生まれて元日には富士通がニューイヤー駅伝で優勝して更に箱根駅伝では母校・東洋大が久々の快進撃で3位に入ったり…と実におめでた続きな年末年始に。まあいろんな意味で「9年後」にこうなるとは誰も予想してなかっただけに人生いろいろってやつなんでしょうね。

そして次の進路は巨人の球団職員に…と。もしかしたらスカウトや編成部門とかに進んだり、更にいろいろご縁があってまたスタッフとしてロッテに戻ってくるってこともあるかもしれませんし。更に9年たったらスカウト部とか編成部のえらい人になってたりしてな…ロッテの(苦笑)。いずれにしても現役生活、お疲れさまでした。

スポンサーリンク

余談:箱根駅伝翌日に優勝チームへの「慣習」。あれは要らないね。

まさかの寝坊!駒大・大八木弘明監督の激レアえびす顔デーを担当記者が見た(スポーツ報知)

個人的に思うのは、箱根駅伝の翌日に優勝チームの監督とメンバーを早朝から日テレの生番組にひっぱり出して振り返る…みたいなあの慣習、正直「罰ゲーム」だなあと思うんだけどね。

箱根駅伝(2、3日)で13年ぶり7度目の優勝を果たした駒大が4日、新主将に2区7位のエース田沢廉(2年)が就いたと発表した。大八木弘明監督(62)が王者のさらなる強化を目的に指名した。V戦士たちはこの日、テレビ出演を終えた後、連覇に向けて午後6時から練習を開始した。

 13年ぶりの優勝から一夜明け、テレビ出演を控える大八木監督の朝は、主務のモーニングコールから始まった。重圧から解放され眠りが深かったのか、まさかの寝坊。大慌てで収録場所(非公表)へ向かった。

 朝4時ごろから午後5時近くまでは、日テレ系「スッキリ」など5番組にリモート出演。1年間の苦楽を「子供たち」と振り返った。表情は和らぎ、昼休みには「これでメシでも食ってこい」とVメンバーに昼食代を渡した。

 だが、そんな日は1年でそう多くはない。「そんなんじゃ、戦えないよ!」。練習や試合では顔は険しく、厳しいゲキが飛ぶ。レースでは運営管理車から「男だろ!」とカツを入れる。選手がパワーををもらえるのは、圧を持った言葉を日常から受け取っているからだ。この日、箱根出場外メンバーは寮に残り、朝6時から始動した。チーム内競争はもう始まっている。

 V戦士は出演の合間に、収録場所から外の景色を望めるエレベーターに全員で乗り込み、楽しんだ。山を攻めた5区4位の鈴木芽吹(1年)と6区区間賞の花崎悠紀(3年)が高所恐怖症であることが発覚すると、指揮官は「それじゃ、モテないぞ!」と笑い飛ばした。

 全ての出演番組の収録を終えた午後6時、都内の寮に戻って再始動。厳しい表情と目つきのV戦士10人と神戸駿介元主将(4年)、そして大八木監督らスタッフ陣。「お願いします!」。練習開始を告げる田沢新主将の“初仕事”の声が、鋭く響き渡った。

朝4時ごろから午後5時近くまで…って(大汗)。さすがに駒沢の選手寮(二子玉川界隈にあるそうですが)からはバスかハイヤーでも仕立てて、汐留の日テレまで送迎してくれるんでしょうけども、どーせ似たようなVTR見せられて、似たような質問しかされないんでしょうし、そこはうまく事前収録とか、一発録りでそれを各番組で使い回すとかの配慮をしてやればいいのにね。

むしろそこらへんに関しては、かの「24時間テレビ」のマラソン企画の方がまだスムーズで、確か24時間テレビが終わった後の「行列ができる」云々の番組に出演してランナーへのプレゼントをした後は、翌日夜9時から「舞台裏」を紹介するドキュメント番組を放送してまして…ま、私は24時間テレビは1分も見ずにむしろそっちの方を毎年のように楽しみに見てるんですけども(苦笑)。なんか日テレの「タレントは使い捨て」的なアレが極端すぎてねえ…。いやタレントじゃねえんだぞ、彼らは(^_^;)

それと似たような意味では年末のテレ朝の「M-1グランプリ」の優勝者が決まった途端に、取材や出演オファーが「殺到」して優勝者が3日3晩ぐらいマジで一睡もできねえってアレと同じような「…もっとやり方があるだろうが」的なものを感じでやまないんですけどね。どーせ箱根駅伝(そしてM-1)の本放送よりも全然視聴率は取れないくせに(失笑)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ