【千葉ロッテ】井口監督いわく「来季は白紙から競争させる」←たぶんやらねえな(泣)

井口監督、来季は白紙からの競争「1回ゼロにして」(日刊スポーツ)

日本シリーズたけなわの今日この頃、千葉ロッテの1軍の選手たちはZOZOマリンなどで秋季練習中だそーですが…いや井口監督、そのセリフ、既に何度目かだけど、たぶんどーせやらないんだろうな(苦笑)

ロッテ井口資仁監督が来季のチーム構想について「基本的には1回ゼロにして考える」と白紙からの競争を描いた。

各自が担当コーチから伝えられた課題をクリアすべく秋季練習に臨んでいる。「ここから外国人の補強もあったりすると思うので、ポジションの兼ね合いも変わってくる。終盤に安田や藤原がいい働きをしてくれたんで、選択肢が増えた」と幅広くベストオーダーを探る。

いやー、投手陣はともかく、野手陣の若手で今年やっとこ1軍でそこそこパフォーマンスを見せてたのは、安田尚憲と藤原恭大、そして和田康士朗の3人ぐらいなもんで、右肘を怪我して2軍でも絶不調→最終的に手術に踏み切った平沢大河は仕方ないとしても、その大河とたぶん競わせる予定だった福田光輝とか、昨年はそこそこ田村とポジション争いをしていた柿沼友哉にしろ、同じ捕手で代打での登場が多かった佐藤都志也とか、もうちょっと使い方と見せ方と鍛え方があったんじゃねえの?って感じなんすけどねえ。

できればもうちょっと「固定メンバー」の観念を外してくれ…とは言わないまでも(たぶん井口監督はそれはできないでしょうし、できてればとっくにやってるでしょう。もう監督も3年目で鳥越コーチ以下のコーチ陣の進言もあるでしょうから)、せめて好調・不調を見極めて、ベスト…とまではこれまた言わないまでも、ベターチョイスぐらいの様々なパターンの選手起用ができないと、やはり「育成から支配下登録されてバンバン1軍で大活躍している」選手が少なくないソフバンさんはもとより他のパ・リーグのチームに比して、どーしても選手層の薄さが致命傷になりそうで(ノД`)シクシク

スポンサーリンク

吉井投手コーチ級の「信頼できる」打撃コーチがほしいねえ…。

ロッテ・井口監督、沢村メジャー挑戦「まだ何も聞いていない」(スポニチ)

まだFAの申請期間が始まってないから何も動いてないし、まあ井口監督も内々でいろいろと聞いてはいるだろうけど、ここでは話すことはないんでしょう、たぶん。

海外FA権を行使して、メジャー挑戦の可能性が注目されているロッテ・沢村の去就について、井口監督は「(本人から)何も聞いてないし、球団からもまだ何も聞いていない」と説明した。

 24日、秋季練習が行われているZOZOマリンで取材対応。前日に練習メンバーから外れている沢村が球場を訪問した際に「おっ、走りに来たのか!」と声を掛けたことも明かし、現時点で球団と剛腕セットアッパーの交渉で具体的な結論には達していないもようだ。

 その上で、メジャーでプレーした経験を持つ井口監督は「いいチョイスをすればいい。残って欲しいという思いは強いが、球団とよく話し合って検討してほしい」と沢村自身の意向を尊重する方針だ。

個人的には、投手陣のやりくりは基本的には吉井投手コーチに「おまかせ」(←あくまでも「丸投げ」ではありません(苦笑))してたように、特に打撃コーチを、もうちょっと井口監督を支える「軍師」タイプの人を呼ぶか増やすか配置転換するか…をした方がいいと思う。

特にこの澤村投手もさんざんここ数年は巨人で苦しんでいたのを、ロッテで(そのチームの雰囲気やシチュエーションも相まって)「復活」させることができただけに。なんかいい人材いないかねえ、2軍のコーチでもロッテOBでもパ・リーグでも。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ