【千葉ロッテ】逆転負けは残念…だが「残念な」守備をしてちゃ王者・ソフバンには勝てん。

ソフトバンク、4年連続日本Sへ王手! 甲斐の決勝打でロッテに逆転勝ち

というわけで3勝勝ち抜けのCSが始まりました。しかしまー「あの」千賀投手から数少ないチャンスで3点を取ったにも関わらず、同点を招いた「残念な」守備が実に悔やまれる(苦笑)

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

 ソフトバンクが4年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。14日に本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦。序盤にビハインドを背負う展開となったが、同点に追いつくと、8回に甲斐の適時内野安打で決勝点を奪った。ホークスは昨年からポストシーズン11連勝となった。

 先制したのはロッテだった。2回2死から中村奨が中前安打で出塁すると、安田が右翼ホームランテラス席に飛び込む2ラン。2位からの下克上を狙うロッテが欲しかった先制点を掴んだ。

 ソフトバンクは4回、主砲の柳田がバックスクリーン左まで運ぶソロ本塁打を放ち1点差に。先発の千賀が5回に荻野に適時打を浴びて再び2点差とされたが、6回にデスパイネの適時内野安打で1点差とし、相手一塁手・井上のタイムリーエラーで同点に追いついた。

 決勝点は8回に生まれた。ソフトバンクは先頭のグラシアルが澤村から四球を選び出塁。2死となってから牧原が四球、松田宣が左前安打で繋ぎ満塁とすると、甲斐が遊撃への適時内野安打。魂のヘッドスライディングで飛び込み、ついにリードを奪った。このリードを守護神の森が守り抜いて大事な第1戦をモノにした。

 リーグ優勝ですでに1勝のアドバンテージを持っているソフトバンクはこれで2勝0敗に。15日の第2戦で勝つか、引き分けでも4年連続の日本シリーズ進出が決まる。

 ロッテは痛恨の逆転負け。安田の2ラン、荻野の適時打でリードを奪ったが、6回の継投が裏目に。東條がデスパイネに適時打を浴びると、牧原の二ゴロで一塁の井上が送球を落球。これで同点に追いつかれると、8回に澤村が決勝点を奪われた。ロッテは0勝2敗となり、崖っぷちに追い込まれた。

安田尚憲と荻野貴司が実にいい仕事をしてくれて幸先の良い先制点で援護された先発の美馬も粘りに粘ってくれてたんですけどね。失点も柳田の一発の1点だけだっただけに。それだけに守備の乱れが失点に繋がった…というのは残念すぎる。まあ「これぞ野球、ベースボールだ。ミスした方が負ける」とも言えなくはない試合でもあるんですけどね。

スポンサーリンク

やはりミスしてちゃ王者・ソフバンには通用しないんだろうね。

ソフトバンク逆転で日本S王手 甲斐執念ヘッスラで決勝内野安打 15日第2戦に勝つか引き分けで進出(スポニチ)

で、逆に6回裏の攻撃でバントミスでしくじった甲斐捕手が次の打席でヘッドスライディングで決勝打としてナイス挽回…と。ここらへんの差も出ちゃった試合でもありました。

◇パCS第1戦 ソフトバンク4ー3ロッテ(2020年11月14日 ペイペイD)

 ソフトバンクが劣勢を跳ね返して逆転勝ち。アドバンテージに1勝を含めて、通算2勝0敗とし、15日の第2戦に勝つか引き分けで、日本シリーズ進出が決まる。

 試合は中盤まで劣勢を強いられたが、2点を追う6回1死二、三塁でデスパイネが遊撃内野安打。さらに、1死一、三塁から牧原の打球は二塁ゴロとなったが、併殺を狙ったロッテに守備の乱れが出て、三塁走者のグラシアルが生還して同点に追いついた。

 さらに8回。2死満塁から甲斐が遊撃へのボテボテの当たりで一塁へ、ヘッドスライディングで内野安打をもぎとり、勝ち越した。

 コロナ禍で開幕が遅れた影響でセ・リーグは開催を断念。パは例年の上位3チームによる2ステージ制から、上位2チームの対戦による4試合制に縮小した。引き分けを除いた勝利数が同じ場合、上位球団を勝者とするという規定となっている。

 15日の第2戦は、勝てば3勝0敗となり文句なし。仮に引き分けでも2勝1分けとなり、2勝2敗1分け以上の状況となるため、レギュラーシーズン上位のソフトバンクの進出が決まる。

とりあえず安田尚憲と荻野貴司には「ロッテ打線を牽引して、いっそひっかき回しちゃってくれ」と。がけっぷちで開き直れるのも才能のうちのひとつでしょう。

しかしソフバン、やっぱ強い。隙がないしソツもない。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ