【千葉ロッテ】まさか最後はパルプンテ級のエラーでサヨナラ負けとは(;゚Д゚)

【ロッテ】お粗末ポロリでサヨナラ負け 井口監督「これも成長の過程の一つ」(スポーツ報知)

昨日はクイズサークルのブログ記事を書きながらパ・リーグTVの中継音声を流しっぱなしで「聴いてた」んですが…まさかのパルプンテ級のエラーが9回2死から出るとは(爆)

◆パ・リーグ 西武2―1ロッテ(20日・メットライフドーム)

 思わぬ形での敗戦にぼう然とするしかなかった。同点で迎えた9回2死二塁。山野辺の飛球を追った、二塁手・西巻と右翼手・マーティンが交錯。マーティンが一度グラブにおさめたボールを落とし、その間にランナーが生還。痛恨のサヨナラ負けとなった。

 「こういうのは連係。あれをしっかりやっていかないと」と井口監督。先発の石川が7回1失点と粘るも、打線はわずか4安打。新型コロナウイルスに感染していた荻野と藤岡が16日ぶりにスタメン復帰したが打線は9回2死一、二塁から田村の適時打で同点とするのが精いっぱいだった。9回1死二塁の場面で10月の打率が2割に届いていない中村奨、井上に続けて代打を出した指揮官は「彼らにはもっと感じてもらわないといけない。優勝争いしているときにもっともっと熱くなってほしいという思いを込めてなんですけど。どう感じてくれているかですね」と奮起を促した。

 首位・ソフトバンクとのゲーム差は6・5に広がり、21日にも自力Vが消滅。井口監督は「これも成長の過程の一つだと思う。いい糧にしてまた明日からやっていきたい」と次戦へ向け気持ちを切り替えた。

ま、あのエラーの前に打線が然るべき援護を先発の五右衛門にしてやれって感じで。田村の同点打はGJ!!ではありましたけども。

スポンサーリンク

奇しくもこんなクイズ問題の記事を書いてる時でした(ノД`)シクシク

で、昨日はいつも所属・参加しているクイズサークル「岩Q槻」のブログ記事を書いてました。サークル的には10/4の次が11/1に定例会があるんですが、ここに来て8月と9月の定例会報告の記事を企画したメンバーから頂いたりして、(次回の定例会までに溜めたくないので)連日1-2記事ずつ書いている「集中連載」的な様相を呈している今日この頃だったりするもので…。

↑こんな記事を。アイキャッチャーはクイズ問題にも出した将棋の藤井聡太二冠です。

で、9回裏の時に書いてた時のクイズ問題は奇しくも(?)この問題でした。

「プロ野球などで相手チームの信じられないポカミスで追加点が入ることを揶揄されてこう呼ぶこともある、スクウェア・エニックスの/コンピュータRPG、「ドラゴンクエストシリーズ」で、「ルーラ」と同様に失われた古代呪文の一つという位置付けで、戦闘中に使えるものの、正直言ってかけてみないと何が起きるかわからないという困った呪文は何でしょう?→パルプンテ

で、↓これ、ですわ(4分37秒のあたりからです)。

そして↑まさにこの問題の解説どおりでした(号泣)

とりあえず反省もいいが、打つ方もしっかりしろ。異常…もとい以上です(大汗)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ